人気ブログランキング |

水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:@water work( 109 )


2019年 08月 02日

渾身の一投を打ってます

日本列島ぜーんぶが猛暑
のよーで

本格的に暑くなる前に小笠原に行って暑さの免疫をつけて
いつもの夏よりかは暑さに強くなった

気でいたが、さすがにアチー

日中、アスファルトの上を歩いているのは自殺行為
と思います

そんな最中、毎朝6時、文字通り朝飯前に一仕事しております

投網を打ってます

ラジオ体操じゃないんですよw

4時に起床し、湯船につかって体をほぐしてから出動します

しかもいつもの魚類調査と違うのは失投が許されないのです

なので、一投げ一投げに物凄い緊張感

まるでPK戦のようです

神経をすり減らしております

ワタシ失敗しないので!

ってドクターXじゃねーんだから!


by mizkichi | 2019-08-02 13:36 | @water work
2019年 06月 19日

冷水魚の観察で癒される

e0098223_21094415.jpg
今週は潜水調査
癒されるわ~

梅雨の最中ですが何とか天気がもっているので助かります

でも水温は11度なので午前中で活動限界となりますw


by mizkichi | 2019-06-19 21:13 | @water work
2019年 01月 14日

2019年の初現場は北の湖

e0098223_22222304.jpg
昨年12月末に長期の出張最中
運動不足解消のために始めたジョギング

あろうことか二日目に膝をやってしまい
年末年始は歩くのが辛い日々となってしまいました

というわけで年明けもなんとなくテンションは上がらず
ただひたすら
何とか膝よ良くなってくれい!
と願いつつ
日々、出来るだけ安静にする毎日を過ごしていました

しかしその弊害として1か月で2キロも増量!

運動できない
さらに増量する
という新年早々悪循環にハマっている日々の中
なんとか歩くことは普通になってきた頃
今年初の現場に行ってまいりました

北の湖にて泥採集

船上作業でした

心配してた降雪や凍結はありませんでしたが
湖は白波立ちまくりで
一緒に乗船して手伝ってくれるはずの調査員は船酔い

結局、ワタクシ一人で重労働をこなす羽目になりました…


by mizkichi | 2019-01-14 22:34 | @water work
2018年 11月 28日

アユの産卵

e0098223_12085669.jpg
秋は魚類の産卵場調査をやることが多く
たいていはサケだったりイワナ、ヤマメなどの渓流魚だったりします

今期はイワナの産卵場調査をしましたが
久々、アユの産卵場調査もありました
文字通り、産卵場の調査なので
産卵してる場所の調査が主なわけでして
渓流魚の時もそうでしたが、産卵そのものに出くわすことはほぼありません

イワナなんかはペアリングしてる個体を1日中観察していれば
いずれ産卵シーンなんか見れるかもしれませんが
仕事ですので、そんな観察はしてられません
→自分としては仕事抜きでしたいところですが

アユの場合もしかり
特に産卵は夕方以降に行われるので
そんな時間は川の中も暗く、観察どころではありません

ところが今回は偶然にも観察することが出来ました
水が少し濁っていたのと天気が曇りだったため
少し水中が薄暗かったのが幸いしたのか?
日中にも関わらず、観察することが出来ました
凄かったです
潜ってる自分の膝のところでも産卵行動
自分の存在は彼らにとって脅威でもなんでもないんですね

小石なんかは水流でコロコロと転がってしまうような流れで
しかも浅場での観察なので
なかなか容易ではありませんでした

アユは年魚で寿命は1年です
釣り人に釣られず残った個体が産卵出来ます

なんだかこういうのを見てる時は
小さいことで泣き言や文句言ってる場合じゃないな
と思いますが
陸上へ上がると忘れてしまいます

困ったもんですwww



by mizkichi | 2018-11-28 12:06 | @water work
2018年 08月 28日

南京虫再び

e0098223_23083241.jpg
注)7月末に書いてたのですが、編集途中でした

先日、またしても南京虫ことトコジラミに刺されました
5月に刺されたというレポートを書きましたが
またしても、同じホテルで、です

5月は南京虫が出た和室から洋室へとコンバートしたことで
ことなきを得ましたが
今回は別の和室部屋で!

幸い、刺されてすぐ起きたのか
2ヵ所程痒い箇所があるだけで済みました

でも、最初はわからなかったですね
まさか、また、とは思いませんので

痒みで目が覚め、
ついでにトイレに行って戻ってきたら布団の上に1匹!
そして靴脱ぎ場に1匹!

もうダメですね、このホテルは

翌朝、虫サンプルと共にレセプションに訴えたのですが
どこか前回の時よりも対応が悪いです

なんか、ひょっとして俺が持ち込んでるとでも!?
思ってんじゃーないかい?

変更出来る空き部屋はなく
今夜も同じ部屋に寝なくてはならないということが確定し
かなり暗い気持ちになりましたが…

運がいいことにその後、天候悪化に伴い現場は一時撤収となり
ホテルもそのままチェックアウト
チェックアウト時はこちらが何も言わなければ謝罪も何もなかったですねぇ
良くないですよ、その態度は

女性で、しかもこの時期、足に複数刺されてたりしたら
足なんか出してらんないでしょ
顔なんかだったらどうすんすか?
跡が残る場合もある、らしいですよ

二度と泊まるか!
と思いましたが
刺されているのは仲間内で私だけ

宿は現場に近くて便利

となると、出直し調査でも再びここにお世話になる可能性が高いのか…

自分が宿を決めるのではないので
仕方なく泊まる場合はどうするか?

考えた結果!

そうだ!テント!
部屋にテント!
しかも俺はアライの
カヤライズ
を持っているではないか!(笑)

これで安心だ!
カヤライズは元々虫よけ仕様だしなwww
これ見よがしに部屋にテントをオッ立ててやるぜ!
と息巻いてましたが
再調査ではホテルは違うとこになりました

さて、問題のホテルはどこなんでしょうかね?

職員の大浴場での水質検査の際の行動も衛生的に問題アリ
→外履きの革靴のまま脱衣室に入り、足ふきマットを革靴のまま踏みつけ、浴室へ入り
再び同じ格好のまま出て行きました
2回見てるので、いつもそうなんだと思います
足ふきマット、不特定多数の人が使っているので自分は使いませんが、たぶんどんな人が見ても
おいおい!と思うことでしょう
と思っていたので
是非!暇なときに口コミを書きたいと思います

鹿島のどっかのホテルは要注意ですよ(笑)


by mizkichi | 2018-08-28 17:24 | @water work
2018年 08月 13日

お盆は出直し現場

先週は台風の接近で現場は途中撤収となり
その出直しが今日から
民族大移動が済んだ後なので
電車は超空いている
事務所からは高速移動なので
道路状況も見ていたが
そちらも移動済みのようで空いていた

今日の話とは関係ないけど
先週位からついにうちの周辺でも
クマゼミが鳴き始めた
しかも午後になっても元気一杯鳴いている
俺の実家の方では奴は午前中しか鳴かなかったが
ここではまだ個体数は少ないからなんだろーか?

先週前半は台風通過後は酷暑へ逆戻り
今週も熱中症注意だな


by mizkichi | 2018-08-13 07:08 | @water work
2018年 08月 06日

酷暑2018

e0098223_22511010.jpg
「酷い暑さ」と書いて「酷暑(こくしょ)」
まさに先週は酷い暑さだった

先週末は茨城で仕事だったが、日中の暑さはハンパなく
午前中の早い段階でなんだか具合が悪くなった

軽い眩暈というか、なんだか虚脱感
水分も十分取ってるのだが
体は熱いままで汗も出なくなってしまい
なんだかヤバいと感じたので
車内でクーラーをきかせて休ませてもらった

前日は早朝出発で寝不足気味だったので
早めに寝ようと思ったら
発注者から悪魔の誘いがあり
きっとそれも今日の体調悪化要因の一つだろう

これは軽い熱中症か?
仕事の方は今日で終了
だが、晩は後輩宅の飲み会に呼ばれていた
しかし、今の具合で行くのはかなりヤバい

体調優先で断るか、と思っていたが
そういえば現場機材にOS-1があるな、と思い出した

熱中症予防だかに効くという経口補水液
発売され始めた頃は発注者から毎日1本
現場中に飲むように
と配られ
クソ不味いと思いながら飲み続けたところ
冷やすとなんだかポカリよりも甘くなくていいかも
と思うようになっていった

しかし、最近は配られないなぁ
と思っていたら
それは具合が悪くなった時に飲むものであって
特にそうでなければ飲む必要はない
ということが理解され
常時配られることはなくなっていたのだ

それで存在をすっかり忘れていたが
早速飲んでみた

500㏄を飲み干し、風通しのいい場所で
しばらく休んでいたら
体調は回復してきたように感じたので
仕事終了後は予定通り後輩宅に遊びに行くことが出来ました

画像はその時見た終了寸前の花火
私の到着と同時にその日に開催されていた花火大会は終了でした


by mizkichi | 2018-08-06 23:13 | @water work
2018年 08月 01日

バイオハザード発生

本日は茨城へ日帰り現場

エアコンの効いた車内は外の暑さを忘れさせる

外へ出れば普通に灼熱地獄

作業開始から1時間で頭から水をかぶったような感じで汗まみれ
マジで死ぬかと思ったよ

昼飯で冷房の効いたお店に入ってすぐは何だか身体が
震えているような気がしていた
メールの返信も支離滅裂だ

午後も変わらず暑く、少しは乾いたTシャツもすぐさま汗まみれ

途中、なんだか臭気を放っているな
と自分でも感じ始めて嫌になる

帰宅後、車の冷房で作業着の汗は乾いていても
脱いで洗濯籠に入れるとそれはもう生物兵器である

パンツ一つとして空気中に置いておけない

すぐさまお湯を張った洗面器に漬け込み
臭気を抑え込むことで事なきを得た

明日は立川でお仕事

多分、今日より酷暑
ツライ…


by mizkichi | 2018-08-01 22:46 | @water work
2018年 06月 19日

水中撮影試し撮り

久々潜水観察の仕事が入った

記憶がある限りでは実に7年振りか?

ウェットスーツ、ドライスーツでの作業は毎年あったが
水中を覗く
というのは小型カメラで地上から水中を
というのはあったけど
潜ってジカに
というのはそういえばやってなかったなぁ

というわけで
久々でまごつくのもカッコ悪いので
現場前に先週シュミレーションしてきました

場所はどこでも良かったけど
とりあえず水が綺麗でイワナ、ヤマメがいるところ

都内の天気は思わしくないので
中央高速に乗って山梨、長野方面か?

目的地を決めないでエース君を西へ走らせた
山梨へ入ると天気は晴れてきた
このまま長野へ向かっても時間がなくなる
と判断して山梨でいっか

過去に行ったことある川でイワナ、ヤマメがいそうな川は…
と選んだのはフライを始めて間もない頃に行ったことがある川
確かイワナは1匹しか釣れなくて
果たして魚影はどうなのか?

川筋に到着し、まずは上流方向へ走らせた
時々、道路脇のスペースに県外ナンバーの車が停車していた

意外と釣り客いるんだなぁ、平日なのに

ま、魚はいそう
ということで適当に停めて準備して川へ降りていざ潜水

あれ?普通に魚影濃いんじゃね?

山梨は激戦区と聞いていたので
初期のころ以外は全然釣りに行ってませんでしたが
意外と水の中を見るといますねぇ
ということは単純に釣りにくいだけだとw
腕が無いだけだとww
下手くそなだけだとwww

ま、今回は潜水観察なので…

ここにはいるだろう
というところにはいますねぇ
型はあまり大きくないけど
イワナ、ヤマメが適当にいます

今回は4Kビデオで自分が見たままを撮影して
帰宅後、ビデオをクロップすることにしてみました

クロップ画像はこの通り
e0098223_09305743.jpg
実際に目で見るよりもちょっと画像は荒く感じますね
暗くなるとノイズも乗ってきますので
後から種を判別するのは確認種が限られる上流域ならともかく
中流域はなかなか厳しいものがありますね

自分の映像はすごく観ていて酔います(笑)
撮影後に種の確認、というより
画像として切り出したいものを確認する
というのみの用途としたいですね

実際、現場と同じように観察してみて
バッテリーの持ちはどれくらいなのか、とかもわかりました

2時間位遡行したらSDカードの録画残量はゼロになりました
しかもそのゼロ表示も赤で点滅してるんですが
マスク越しでは何なのかわからないという…
見えないんですよ、ロウガンで(苦笑)

バッテリーはまだ大丈夫ですが16Gでは足りないなと思いました
しかしワタクシのバッテリーはダメで
冷えが激しくてギブ

5㎜の古スーツ、いや古いけどフルスーツ、袖をぶった切ってシーガルにしたものに
サーフィン用の2㎜の上着を着てましたが
サーフィン用はジャストフィットじゃないのと2㎜でペラペラなので
ガバガバでしたね
背中から水が入って寒い寒い

あと10年は使う
と考えて去年、スーツは新調しようと思っていましたが
あともうちょっと体を引き締めてから
なんて思ってたけど全然引き締めてないので
もうつべこべ言わずに新調する気になりましたね
これからオンシーズンだけどw

実際、前もってやってみてあれもあったらいいなぁ的なものもわかり
非常に良かったです

先日新規導入した背負子もいい感じでした

それにしても
水中を腹ばいになって進む動作
思った以上に腕に力が入っていたのか
翌日は二の腕の裏筋が超筋肉痛でした


by mizkichi | 2018-06-19 09:31 | @water work
2018年 06月 16日

タゴガエルとコラボ

先月の話

宮城の山中へ魚類調査に行きました
ワタクシはタモアミ担当

スナヤツメがいそうな場所を
ガッサガッサしてた時のこと

ガサ入れしたサンプルをヤツメがいないか確認するのだが
その時、近所でカエルが鳴いてました

穴の中からくぐもって鳴いているようで
どうやらタゴガエルのようです

そんなタゴガエル
ワタクシはまだ成体を見たことがありません

鳴いてる穴付近までは行けるんですが

今回は魚類調査なので無理に探そうとはしませんが

とはいえあることに気が付きました

ガサ入れサンプルを確認している時にヤツは鳴く?

仮説を裏付けるために何度かやってみます

サンプル確認中ではないな!

ヤツはガサ入れ中のジャブジャブ音に反応している!
ということがわかりました

面白いですね

ガサ入れじゃなくても単に川の水をジャブジャブ洗うだけで

鳴き声をかぶせてきました

あんまり面白かったのでついつい魚類採集そっちのけで
何度もやってしまいました

あ、でも目的のスナヤツメは十分捕獲した後ですよ


by mizkichi | 2018-06-16 05:52 | @water work