人気ブログランキング |

水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ

2007年 01月 29日 ( 1 )


2007年 01月 29日

峩々温泉

e0098223_836378.jpg

高齢夫婦の場合、妻にとって夫の存在は負担になっているらしい。もちろん統計上での話しで、実生活で負担に思っている、というわけではない。あくまで統計上。夫に先立たれた妻は長生きする・・・。逆に夫は妻に先立たれてしまったりすると、急にぐんにゃりして、すぐ死んじゃうそうな。いずれの理由も男が家事だとか身の回りのことを出来ないのが原因らしい。自立しないとダメですねぇ。

さて、先日入った峩々温泉の報告を。場所はずーっと山形県蔵王町か思ってたら、微妙に宮城県川崎町である。自分は仙台の街中から車で行ったが、ちんたら走ってて2時間弱といったところか。なお、冬季(4月下旬くらいまで)は積雪のため蔵王エコーライン経由で行くことになる。ちなみに東京方面からだと最寄は白石蔵王ICとなり、そこから1時間程度で行けるだろう。

ローケーションは山の中の1件宿。周りには何もなく、とても静かな雰囲気だ。すぐ目の前を川が流れているが、上流域なので小滝が連続し、水の流れる音が耳に心地いい。

日帰り温泉は午前10時から午後2時までで、料金420円。冬季は内湯のみ営業。
内湯は10畳程度の広さの中に、ちょっと長めのセミダブルベッド程度の大きさの湯船がある。長座で座って大人5名程度が入れるほどだ。山手線のベンチシートだと思えば6人はいける。水深は結構深く、今時の若者だと長座じゃ口に湯が入ってしまうかもしれませんねぇ。湯温は源泉出口に59℃と表示があり、直接触ると手が痺れるほど熱く感じる。そんなわけで湯船の湯温も結構高く、5分も浸かっているとかなり体が温まった。ボクが入った時は平日ということもあり、誰も入って来なかったので、出ては入ってを1時間程繰り返した。飲泉も出来、胃腸にいいらしい。
露天風呂ももちろんあるが、冬季は閉鎖。露天風呂に入れる時期に是非宿泊してみたいと思わせる温泉宿だった。

by mizkichi | 2007-01-29 08:37 | @traveling | Trackback | Comments(0)