水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:道具 ( 36 ) タグの人気記事


2015年 05月 01日

ランクル70 電磁ハブロックは完全にオワッタ

ナナマルの電磁ハブの不具合
一番簡単なのはディーラーでパーツ取り寄せて交換して貰う
という方法なんですが、
片側5万で両方で10万、プラス工賃。

稼ぎの少ないオイラには結構痛い金額だ。

自分でなんとかならないか?
ということでネットで調べました

で、なんだか出来そうな気もしたが、シロートには肝心なとこがよくわからない
なので、不具合生じてからだいぶ引っ張ってしまいましたが、
いよいよヤバい感じになってきたので
シロート整備でどこまで出来るか
ということで以下に記録していきたいと思います。

最終的にはディーラーお任せになるかもしれませんが・・・(笑)。

・・・14万キロ位走った頃から懸案事項となっていた我がナナマル君の電磁ハブロック

不具合の要因は中に組み込まれている金属ブラシの摩耗
ということは予想されていた。

最近再販されたナナマルと後期型についているオートフリーハブというものは大丈夫そうだが
リーフサスのナナマルに付いていた電磁ハブはいずれ壊れることで有名だった。

新車で購入当時、マニュアルハブの選択肢もあったのだが(しかも安くなったのに)
まぁ、車外に出てやるのも面倒だよなぁ
で普通に電磁ハブを選んでしまったのがそもそもの失敗の始まりだな(笑)。

ハブロックのスイッチを押すと点灯ではなく点滅となり、
それはハブがロックされてない
という事を示していたのだが、少し車を前後させることで点滅は点灯に変わり、
ロックされるという
そんな状態であった。

4年位前の車検でハブを分解点検してもらった際
左に不具合が生じているが
右がロックされることで一応四駆にはなる
という話だったので、
まぁいいかとズルズルそのまま走らせ続けること2015年。

そして18万キロも超えた最近、
いよいよ通常の走行時でハブロックのインジケーターが点滅しっぱなしとなってきたので
右も具合が悪くなってきたんだろうなぁ
いよいよ何とかしないと

不具合が生じてから電磁ハブはネットで調べたところ自分で何とか修理出来そう
という気持ちにはなっていたが、
当時、金属ブラシとして代用する電工ブラシがどういうものかわからず
(最近、電気丸ノコを貰い、やっとどういうものかが判明(笑))
分解しちゃってやっぱ無理となった時はどーすんの?
ということもあって躊躇していた。

しかし、まぁ、とりあえず分解出来る道具は持ってるわけだし
ちょっと分解してみっか
と昨日分解してみました。

分解にはまずトルクスレンチというものがいります。
六角レンチに似てますが、その部分が六角ではなく星形なんですね。
以前、ハードディスクを分解するために購入したのか
ちょうど持っていたのはよかったです。

まず確実に不具合が生じている左側から。
一番前面にあるパーツを固定している6本のネジ(トルクスレンチを使用)を外し、こびりついてるガスケット
(水が入らないように金属パーツとの間に挟んである薄いシートです、用途としてはOリングみたいな)
が破れないよう、マイナスドライバーでソフトにこそぎながら外そうとしますが・・・
e0098223_10425234.jpg

あれ?なんかバネみたいのが?

ネットで見た分解パーツとなんか違います。

それにしても内部はサビサビであることが判明しただけでも驚愕の事実です。

不安になり、右側を分解してみることにします。
e0098223_10463853.jpg

右側は普通に外れ、外した状態もネットの記事で見たとおりです。
e0098223_10473562.jpg

今のこの状態はハブロックされていない状態みたいです。
こいつの真ん中にあるリングを手で回すとその下についているバネに押されて
こんな感じになり
e0098223_11224532.jpg

中のハブとかみ合うことでハブがロックされる
ということが理解出来ました。
e0098223_10495496.jpg

ネットで見た写真のとおりで、4本のナットを外し、ハブについているスナップリングを外せば
電磁ハブ本体が外れるような気がしました。

右側を見たことで左側が今どういう状態なのかが予想出来ました。

ハブロックされたままになっている・・・


ロックされたまま戻ってなかったということです。

おいおい、4年位前だけど、ディーラーで調べた時もそうだったんじゃねぇか?
だから左が動いてなくても右がロックされて四駆になると。
ということはずーっと左はロックされてたままっつーことは
デフも動いて?
なんか最近燃費悪いなぁと思ってたが、これか?

ディーラーの整備は当てにならないことが多いです。

ワイバーゴム交換しときました。
ん?サイズ違うやつじゃ?
あれ、これちゃんとしたサイズじゃなくてゴムを途中でぶった切ったやつじゃね?
おいおい、サイズがないならオートバックスでサイズが合うのを自分で購入しますがな!

フロントガラスのひびの修理
治りましたので取りに来て下さい!
はーい、っと、あれ?どこが治ったって?
てゆーか、前よりひびでかくなってるやん?
ガラスは全とっかえで。もちろん費用はディーラーで。

全てのディーラーがそうだとは思いませんがね。
多いのはフロントと整備との温度差。
フロントで色々質問しても全然答えられず、整備に聞いてきます。
だったら自分で聞くがな。
フロントさん、車好きで入社してるんだからもうちょっと車の勉強してよ。

で話は脱線しましたが、
右側は捻るとバネが伸び縮みしたので、
じゃあ左側も捻れば戻るのか?
で戻す方向に回したら・・・
e0098223_1124113.jpg

あれ?バネ切れちゃったよ!
e0098223_11242913.jpg

左側が正常な状態で右側が異常な状態です(笑)。
左側を見ると・・・
e0098223_119216.jpg

もう電工ブラシを加工して・・・
とかいう問題じゃなく、完全に左側の電磁ハブはオワッテいます。

なんだか歯のかぶせものを外したら中は虫歯が超進行
そんな感じに思えました。

ということでしばらく眺めたあと、再び蓋をすることにしました。

エンジン始動、ハブロックインジケーター点滅!
ハブロックスイッチオン!4WDスイッチオン!
やっぱり一応四駆にはなります。
明らかにハンドル重くなりますもん。
ジャッキアップしてスイッチオンオフで前輪はオンにすると空回りせず、
オフにすると空回りするので、この点からもハブロックのオンオフは効いている
と思います。

しかしなぁ、どうっすか。
電磁ハブは高ぇし、下回りをみると他も色々そろそろきそうな感じ・・・。
一番安く治すのはマニュアルハブにすることだと思うが
それには電磁ハブを留めているスタッドボルトを外さねばなりません。
でもこれってどうやって外すんですかね?
ネジって普通レンチだとかかます頭があるのですが
スタッドボルトにはそれがありませんよ・・・

ということでシロート整備は続く・・・

2017年1月1日追記
最近、この記事が読まれているようなので
やはり電磁ハブロックの不具合が気になる人多いんだろうか?
というわけで現在の状態を追記。

結局この状態のまま走行距離は194500kmを突破しました。
もうすぐ2回目のタイミングベルト交換時期が来ます・・・。

4WDシステムはとりあえず問題ないようで
昨年11月の関東大雪の際にも新雪の河川敷を問題なく走ってくれました。

スタッドボルトは更にナットを入れることでそれが下のナットのロックになるので
下側のボルトをレンチで回すことが出来るということで。
でもやってませんw

問題はグリスですね。
黄色いグリスは特殊なもので電気を通すことが出来るグリスのようです。
買うと高いんですよ、少しでいいし、これにしか使い道ないのに・・・。

というわけで現在、未だこのままです。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-01 11:27 | @gear
2014年 11月 26日

自分でやった方がいいよ、と言われた(笑)

お気に入りのkeenのワークシューズ
踵部分が破損してきてしまった。

ローカットタイプは2足目
先代もやはり踵部分が破損したので
問題点はわかっていたが…。

ミドルカットはローカットに移行する前に履いていたが、
脱ぎ履きがやっぱ面倒なんすよね。

で、欠点はわかっていたが再購入し
やはり同じ目に遭っている次第。

踵部分の破損は靴下を傷めるので
なんとかならないか?
と自分で下記のように修理してみたが
e0098223_23544560.jpg

履いてみたら、もうちょいな感じだった。

しゃーない、やっぱプロに頼むか
で、近所の靴の修理屋さんに靴を持ち込んだんだんだが…

え?これ自分でやったの?
よくやったねぇ~器用だね
選んだ素材もいいね。

いゃあ、そーっすか?
(おぉ、さすが俺)

ここまでやったならもうちょっと自分で頑張ってごらんよ
基本的な修理方法は同じだよ

え?そ、そーっすか?
そっかー、じゃあやってみますよ

で持ち帰るハメになってしまったよ(笑)。

[PR]

by mizkichi | 2014-11-26 09:00 | @gear
2014年 11月 24日

Nikon D750追記

実は本編記事は10月7日に書いたもので、
アップロードするのを忘れていました。

表題のカメラはその翌日に購入して使っておりますが、
購入前の感想も備忘録的にアップロードしておきます。

それにしても某購入店では既に私が購入した価格よりも15000円も値下がりしてます。
しかもカメラ本体と同時購入ならばお安くなるSDカードも価格コムの最低価格よりもお安いようです。

買ったものの商品は当然日を追うごとに値下げされていくので値段を見てはダメ!
ということで見ないようにしてますが、ご丁寧に通信カタログを送ってきてくれましたよ(笑)。

で、現在の販売価格を知ったわけなのですが、ちょっと値下がりスピード早くないすかね?(笑)

実際、今一番安いのは幾らなんだろう?と思って先ほど価格コムを見てみましたが・・・、
なんと!私が購入した全国にある某ショップ(新宿に本店があります)が最も安いことが判明。
208000円にポイント還元11パーセントで実質185120円!
現在の価格コムの最低価格よりも安く、19万切ってます!
会員様30台限定、だそうです→11月17日からなのでもうないかもですが
私の記事を読んだ方だけに耳よりなお値打ち情報提供です(笑)。

以下、10月7日の記事

本日、近所のコジマデンキでいじってきました。

最初は気が付かなかったのですが、
軍艦部の液晶画面、D610、810に比べると随分と小さくなっていました。

厚さが薄くなった分、小さくなったと思われますが、
その分、記載情報が減少したのは残念です。

自分はホワイトバランス、解像度、とかの情報はよく確認するので
これがないのはちょっと痛いですね。

とはいえ、フィルム時代のことを考えればなく普通なんだよなぁ。
ホワイトバランス、解像度は使用しているフィルムなわけだし
入れた時覚えておけよ、つー話なんだよな。
なのでそれらの情報確認はinfoというボタンで確認するようです。

そのためすぐアクセスしやすいように右親指に近い部分に移動させた
と自分は思うのですが、その代わりにマルチセレクターの位置を下げたことで
親指からのアクセスが遠くなり、ちょっと使いにくくなったように感じます。

マルチセレクターはファインダーをのぞきながら操作することが多いと思うので
これはD810とか610と同じ位置の方が良かったと思うのは俺だけかなぁ。

連写はほとんど使わないけど、D810、610と比べるとそれよりも速いのは体感出来ます。
連写性能と言えば、レンズがないから選択肢にはならないけど、キヤノン5Dマーク3はかなりいいです。
連写使いたくなりますね(笑)。
6Dはかなり軽い感じがしますね。
選択肢になかったからほとんど触ったことなかったけど、
6Dも5Dもマットな質感でなんだか高級感というか道具としての風格が感じられ、
そういう意味ではニコンはちょっとメッキ部分があったりとか、
ちょっとチャラい印象が自分にあるのは否めない。
ニコンは好きですが。

どうしようかなぁ。
[PR]

by mizkichi | 2014-11-24 09:00 | @gear
2014年 11月 23日

富士フィルム X-T1でマクロ撮影(非純正レンズ装着で)

カメラの話

断捨離で手放したニコンF3が忘れられなくて
なんとなくサイズ感やフォルムが似てるような気がした
昨年?一昨年か?
って位、存在を忘れてるが、オリンパスのOM-D E-M5を手に入れた。

しかし、購入して1年も経たずに
E-M5のここがこうだったらもっと良かったのにを具現化した
E-M1が発売され、マジかよ!と口があんぐりであった。

後継機というよりも値段からして全く別物
であったが、もしも同時に販売していたら
E-M1買ったじゃんか!
という位、進化していた。

買い替えちゃうか?
と悩むこと数カ月
そろそろ決断するかと思っていた頃
富士フィルムからX-T1という
これまたメカメカしいミラーレスが発売された。

カメラの軍艦部が昔っぽい!
昔はそれが当たり前だったが、今見ると凄い新鮮だ。
それにカクカクしすぎだろ
ってぐらい角が多い(笑)。

最近のカメラはどんどん丸くデブ化している。
CANONのEOS Kissシリーズなんかどんどん丸くなってるし。

E-M1乗り換えるか?
と迷っていたのに
よりF3っぽい
と思った俺の決断はいつになく早かった。

しかし、E-M1が発売されてからは予想した通りE-M5の下取り価格は下落し
X-T1を購入するためにはもう少し資金が欲しい・・・。
というわけで、
数年前に購入したニコンD300も合わせてE-M5を売っぱらい
X-T1に買い替え。

で、ここから本題だ。
元々、デジタル一眼を購入したのはマクロ撮影をするためであった。
マクロレンズはニコンの60mm、105mmを持っていたので
当然、デジタルになってもD200、D300と乗り換えて使ってきたのだが、
X-T1を買うためにE-M5と抱き合わせで先日売ってしまった。

となるとマクロはどうする?

ということで、マウントアダプターを介してニコンの60mmマクロをマニュアルで使用することにした。
ちょっとレンズが長す過ぎな感じはあるが、見た目はなかなかカッコいいな!
e0098223_928949.jpg

とはいえ実用性は・・・

前玉が重くて手持ちでマニュアルマクロはちょっと・・・
となった。

ミラーレスでのマニュアルピント合わせはいくらモニターが綺麗になったとはいえ
ピントの山がつかみにくい。
ピントを合わせた場所を拡大することが出来るが、
動き回る被写体
撮りたいのは魚なんだけど、
加えてこの重量バランス。

ISO感度を上げてシャッタースピードを稼ぐが・・・。

縦位置バッテリーグリップ購入か?
付けるとものすごくカッコいいし(笑)、より安定してカメラを持つことが出来る。
しかし2万超えの価格には躊躇する。

フジ純正のマクロレンズ購入か?

と、試しにお店で使ってみるが、AFでのピント合わせのスピードはお粗末だ。

それとミラーレスは意外とバッテリーのモチが悪いと感じる。
公式データでは350枚(というのも少ないが)
しかし、撮影した画像をいちいちモニターで確認するから
当然それよりも少ない枚数でバッテリー切れになる。

そうなってくるとバッテリーに不安が無かったD300の方が良かったんでは?

というかデジタル一眼再購入か?

う~む。
[PR]

by mizkichi | 2014-11-23 19:26 | @gear
2014年 09月 22日

Nikon D750

発売前にニコンショールームでいじってきた。
e0098223_1849751.jpg

デジタル一眼は主に生物(魚類)のマクロ撮影に使用している。
デジタル一眼はニコンD300を使用していたが今年売却し、
今は某社のミラーレスにマウントアダプターを介して
ニコンのマクロレンズを装着し、マニュアルでマクロ撮影をしている。

マニュアルでピントを合わすことに不満はないのだが
ちょこちょこ微妙に動く魚だと
手動でピントを合わすのは結構疲れるのですね。

あ~、やっぱAFでサクッと撮影してぇ、と(笑)。

EVFも幾ら綺麗で高精細になったとは、
ガラスプリズムを通してマニュアルでピントを合わすのに比べれば
なかなか骨が折れる。

とはいえ、D300でもマクロAF撮影は結構AFが前後に迷って結局マニュアルフォーカスが多かった
ような気がする。

でも新しいのならどうなんだ?

ということで、白羽の矢を当てたのはD7100。
そろそろ値段的にもフルサイズでもいいのでは、
とD610も考えたがなんだか食指が動かない。

で、D7100の評判を見てみようと検索でD7・・・と入力するとD750というのが出た。

お、なんだ?新型か?

で調べてみたら今月25日に発売されるフルサイズの新型機だ。
値段は・・・、D7100なら2台買えるな(笑)。
以前購入したD300とあまり変わらない値段だが、
今の財政では迂闊に手が出ない値段だな(笑)。

でD7100実機を見るべくカメラ屋へ。

やはり触ってみないとわからないな。
スペック的には全然問題ないが、グリップ部のゴムがなんだかべたつき
どうにも握っていて不快だ。
展示品で色んな人が触っているからだろうか?

D610はどうなんだ?
少しマシな感じかなぁ?
みんなそうなんか?

D810を握ってみる。
いやいや、全然違うは。

グリップのゴムをみると明らかに素材が違う。
こんな所で差を付けてどーすんの?
完全にD7100はアウトです。

う~ん、困ったなぁ。

店員さんが寄ってきたので近々発売されるD750について聞いてみる。

画像処理エンジンが新型(エクスピード3から4へ)なので、買うなら全然そっちがいいですよ、と。

とはいえ、実機を見てみないとなぁ。
と思うと連休中に実機デモを開催している場所が新宿にあるというので翌日行ってみることにした。
場所をみると新宿のニコンサービスセンターの近くだったので、
ついでに修理に出したいコンデジも持って行くことにした。

先に展示会場へ行こうと思ったが、行く途中にニコンSCがあるので、先にそちらへ行くことにしたら・・・

あったよD750のデモ機。
じゃあ、ここでいいな。
しかもそんなにいじりに来てる人はいなかったので
結構いじらせてもらった(笑)。

感想はなかなかいい、だ。
可動式液晶モニターというのは
ミラー有りデジタル一眼では初らしいが、
自分的には、まあ、そんなに嬉しい、というものではない。

でも他のニコン機に比べるとアイピースと液晶との段差が若干大きいので
ファインダーをのぞいた時、液晶に顔がつきにくい
というのは良かった。

それと、上位機種に採用されているグループエリアAF
これには期待できる。
魚に限らず、動物は眼にピンが合ってないと
どんなに構図が良くてもしまりのない写真になって
ボツ
とせざるをえなくなる。
動きの速いものでもとりあえず眼の辺りをグループエリアAFで追えば
ボツとなる写真撮影の確率は低くなるかもしれない。

肝心のマクロレンズを付けた時はどうなんだろうか?

現行発売中のマクロならその場で試すことは出来たがそれでは意味がないので
めんどくさいけど翌日、自分が使っている古いタイプの60mm、105mmマクロを持って
試し撮りをさせてもらうことにした。

AFは迷うことなくスパスパ合掌した。
e0098223_19365412.jpg


う~ん、なかなかいい。

とはいえ、惜しい、と思った点も。

・シンクロターミナルがない
軽量化のため、と言ってましたが、そんなに重くなるの?
D800より上位機種には付いてますが・・・。
実際、あまり使う人がいないから、なんでしょうね。
ストロボ使用の際にはシンクロコードを使う俺にはあって欲しかったなぁ。

・10ピンターイナルがない!
なんと、D300で使っていた電子レリーズ使えないの?あうあう
これも上位機種にはあります。
D700にはどちらもありました。

コマンドダイヤルなんかもD700はD800と同じで
D750はD610やD7100と同じタイプだ。

ということはD700→D800→D810と進化していったが、
D750はD700と800との間に入るものではなく、
D610の上位機種という位置づけのようだ。

でも画像処理エンジンなんかは完全に新型で
その他もろもろのことを加味しても
610との開きはかなりあるような気がする。
両方同時発売だったら皆さんどっちを選ぶんでしょうねぇ。

明日発売です。
[PR]

by mizkichi | 2014-09-22 19:37 | @gear
2014年 01月 09日

ついに買っちゃいましたよ!

じゃーん!
e0098223_2221172.jpg

ソファーです。

最初にメーカーの存在を知ったのは震災前位だったかなぁ?
そんで千葉のララポートにある店に製品が幾つかあるってわかって見に行ったね。

震災直後
羽村にあるショールームにも見に行って
いつか買いたいなぁと思っていた。

そのうち、近所にあるライフスタイルショップって言うのかな?
主にリビングに置くような家具や雑貨を扱ってる店にも置いてあることが判明し、
度々見に行っていた。

もう完全にショーウィンドーの中に飾られているトランペットを眺める黒人少年だった。

そして!

ついに意を決して昨年末の30日
購入を決断!

というわけで、本日朝、配送されました。

最高です。

まさにラップトップ(膝の上)で今、ブログを更新してます(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2014-01-09 22:36 | @life
2013年 11月 18日

冬季ベントスサーバネット調査での必需品?

e0098223_21274764.jpg

いいの見つけた!

冬季の低水温の中に手を突っ込む時
耐油の青いゴムの長手袋を使ってたが袖部分の生地が弱くすぐに裂け、
グローブ部分は大丈夫なのに使い物にならなくなるのがネックでした。

これは袖部分のゴム生地にも裏地があるので丈夫そうです。
今まで見たことなかったんですが、水産加工業が盛んな地域には普通に売ってるようです。

ワークマンで1080円でした。
[PR]

by mizkichi | 2013-11-18 21:27 | @gear
2013年 07月 10日

GoProはやはり近接撮影には不向きだな

今週は東北地方でのお仕事が入っていたのだが
客先都合で延期となった。

というわけで、営業用にちょっと水中ビデオ撮影に行ってきた。

撮影機材はちょうど1年くらい前に導入したGoProHERO2
その年の冬には大幅にバージョンアップされた3が発売され、少し悔しい気分にはなっている(笑)。

それにしてもこの手の小型ビデオカメラは去年位から様々なメーカーが発売を開始し
どれにしようか迷うところであったが、
共通点はどれも固定焦点で最低合焦距離が結構遠いという点(HERO2は60cm位?)
これだとせっかく魚の直近にカメラを近づけてもボケボケ。
e0098223_14574382.jpg

手前のシマヨシノボリはボケボケ。
しかもホワイトバランスがいじれない(ちょっと白けてますよねー)
これらは動画においても同様。

GoProは最新型となってもそうなんだろうか?

これだとちょっと小さい魚の撮影には使えないなー。
[PR]

by mizkichi | 2013-07-10 15:00 | @gear
2013年 05月 03日

電源の要らないエアーポンプ

5月というのにものすごく寒い。
寒気が来てるとのことで、札幌では今日、5月としては21年ぶりに降雪があったという。

そんな異例の寒さの中、久々の仕事で昨日、一昨日と東北に行ったが、
普通に残雪があり、時々雪もパラつく寒さであった。

さて、わたくしは先月までは専業主夫として家事及び片付けをしまくっていたわけだが、
1年以上は使ってなかった自作の「お魚運搬セット」、
(自作と言っても小型コマセバケツにエアーポンプ等を入れておいただけのものだが)
久々中身を確認しようと納戸から出してみたら中が黒カビだらけであった。

エアーポンプはAC電源使用のものと、電源不要のものと入れてあったのだが、
幸い電源不要のタイプは無事であった。
しかし、取説等は黒カビに犯されぐしゃぐしゃだったので、
メーカー名もわからないのでポンプの限界回数がわからない。

電源不要で中々便利なエアーポンプだったが・・・
e0098223_1215825.gif


とりあえず黒カビだらけになった一式は電源不要のポンプを残して全部廃棄。
見た目は大丈夫そうだが、少々使用に不安があるポンプを前にしばし考えたところ、
先日、近所のホームセンターで見つけたエアーポンプを思い出し、
それをベースに新たな「お魚運搬セット」を作成することにした。

これが電源不要のエアーポンプ、単体ではなく炭酸用のペットボトルを利用する
e0098223_12172873.gif

簡易移動を考えているので、家に転がってた2リットルの広口ポリビン利用して組んでみた。
e0098223_1219349.gif

空気の持続時間はペットボトルの大きさとエアーの流量によって変えられ、
とりあえず500mlのペットボトルでエアーの流量を最小に絞って時間を計測してみたら
1時間位は空気が出るようで、簡易的な移動だったら十分使用に耐えうるようである。
ちなみにペットボトルは炭酸用のもので1.5リットルまで使用出来るようだ。

そして、これは全てのパーツがポリビン内に入るのである!
e0098223_1223439.gif

うーん、素晴らしい!(笑)

後日談
エアレーションしてる状態で容器を密封すると膨張して危険ということがわかりました。
オープンエアな状態にしてないと急に容器が破裂する場合があるかもしれません。
[PR]

by mizkichi | 2013-05-03 12:38 | @gear
2013年 04月 29日

ドライヤーの中ってマジで汚れてるんすよ!

奥さん!

ドライヤーの調子が最近悪いなー、とか思ったりしません?

それはドライヤーの中に溜まった埃が原因かもしれません!


うちのドライヤー、購入してから15年位経ってますが、
最近、中のサーモスタットがしょっちゅう作動して、
勝手に温風が冷風になったり、
暗い所で使用するとバチっと青い閃光が光ったり、
危なっかしい感じがしてました。

その話をカミサンに言ってもあまり興味がない感じでしたが、
一昨日使った時にようやく私が言ってたことを理解したらしく、

「10年以上使ってるから買い替えかなぁー?」と。

ノンノン!

温風が出るノズル部分を見せ、
埃が溜まっていることを説明。

原因は埃かも。

分解清掃してみますから!

というわけで、本日、分解清掃してみました。

中を見ると・・・

Oops!
ものすごい埃です。
e0098223_19335218.gif

ドライヤーの要と言えるファンを駆動させるモーターには埃がこびりついています。
e0098223_19342013.gif

中の埃を掃除機で吸い取る位でいいかなぁ、
と思ってましたが、これでは無理。

というわけで、プラスチックの外装とモーター等を取り外し、
モーターとファンは歯ブラシ、綿棒を駆使して清掃。

そして清掃終了後はご覧の通り。
e0098223_19375100.gif

モーター周りも見違えるほど綺麗になりました。
e0098223_19374267.gif


外装を閉じてスイッチオン。
力強い熱風が出てきます。
青い閃光も出なくなりました。

これでもう買い替えなくていいですよ、奥さん!

実を言うと、最初に外装を閉じたてスイッチオンした時、
温風は出ずに本体があっチュー間に熱くなり、
煙が出てきました。
慌ててオフにし、再びスイッチを入れてみると、
内部のニクロム線が今まで見たことない程オレンジ色に輝き、
そして煙が!

やっちまったか?

何をどうやっちまったのか、原因を探るべく
もう1度スイッチオン。

壊れる可能性大だったので結構勇気がいる行動だったんですが、
幸いスグサマわかりました。

モーターのファンが回ってませんでした。

再び外装を開けて中を確認すると配線がファンに干渉してたので
回らないことがわかりました。

清掃前に撮影した画像が役に立ちました。

分解する前の配線の取り回し通りにして
再びスイッチを入れてみるとちゃんと動くようになりました。

元々、ブログにアップするつもりはなかったのですが、
分解前に写真撮影しておいて良かったです。

そんなわけで、我が家のドライヤーは清掃したことで復活。

洗濯槽に続き、分解清掃シリーズ?第二弾となりましたが(笑)、
分解清掃はあくまで自己責任でお願いしますね。
[PR]

by mizkichi | 2013-04-29 19:55 | @life