水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:道具 ( 36 ) タグの人気記事


2017年 09月 11日

ナナマルからハイエースへチェーンジ!

もう先々月になってしまいますが、19年間連れ添ったナナマルと涙のお別れをしたワタクシ
後継車は何にしたかというと…
e0098223_07223546.jpg
ハイエースです

条件としてはまず形がカクカクしていること
荷物が沢山積めること
そして車中泊しやすいこと

当初、プロボックスを候補に挙げてました
車中泊はし難いけど、形は好きでしたので
プロボにするならMTだなと思っていたのですが…
マイナーチェンジした現行型はATのみ
だったらわざわざプロボにする理由はありません

となると、もうハイエースしかないじゃん!
いやいや、その条件だったら日産のNV350もあるけども…

仕事でプロボックス、ハイエースに良く乗ってますが
NV350は数回程度
アラウンドビューモニターをはじめ、自動ブレーキ等の安全装備ハイエースよりも先進の技術投入がされ
色々魅力的な装備が付いてますが
(12月にマイナーチェンジで自動ブレーキ、車線はみだし検知機能、自動ハイビームとかの安全装備が追加されるようです)
運転のし易さ、助手席の居心地(って自分の車両ならほぼ運転席だけど)は断然ハイエースだと思います
両方乗った自分が思うので多分そうです(笑)

というわけで、ハイエースにしました
最初はちょーっと選択に抵抗感はありました
なんせ仕事でよく乗ってるから新鮮味がないんじゃーないか、とか
周りかららしくないとの声
→ナナマルに乗ってるのだから、次の車も個性的じゃないと!とお節介、無責任な声(笑)
とはいえ、お金出すのはワタクシなので
好きに決めさせもらいますけんね
でハイエースにしました

グレードはS-GL
仕事で使うだけだったらDXで十分ですが
仕事以外で使うことも多いわけですし
仕事ではDXばかりに乗ってるだけにDXはやめようと思ったわけでw
一番の違いは後部座席の造り
DXは商用車然とした後部座席で乗り心地については完全に無視されております
どうせ折りたたむでしょ的なw
ヘッドレストもありませんので、居眠りして頭が後ろへ倒れると首がえらいことになります
ワタクシ、何度か痛い目に遭いました
使い古された車両なんかだと、シートのヘタリが凄くて、ギャップの度にけつが痛いなんて目にも遭いました
しかしS-GLのシートは違います
ヘッドレストありますよw
→バックの時、見えずらいので後ろ乗車がいなければ右側は外してますがね
てか普通のワゴン車なら当たり前のシート、というだけなんですがね
ワタクシが座るという機会はほぼありませんが、やはり、同乗者への配慮、ですね(笑)

エアコンも後部座席には別途必須です
前席のみだと夏はあちいし、冬はさみいーしで
これもDXに乗ってるからこその経験からなわけですねw

リアサスの板バネもDXとは違うようです
やはり乗り心地を少しでも良くするようになっている、らしい

しかしベースをS-GLにすれば万事オッケーかというとそうではない
今時の車では標準というものがだいたいオプションというハイエース
DXよりもだいぶお値段がお高いS-GLだのに?
というわけで、オプション選びは慎重にしました

①カーナビ

ナシで
e0098223_07224499.jpg

ナシだと納車の際、ど真ん中にポッカリと空間が開いた光景が拝めます
蓋すらありません、内部むき出しです
蓋を付けたいなら金払え、でオプションとなりますw

トヨタ純正カーナビはお値段の割に機能や使い勝手がショボいので…

②LEDヘッドランプ
結構お高いお値段でしたが付けました
安全向上のためと近頃暗いとヤバイ感じがして

ナナマル君はハイワッテージのハロゲンに変えてましたが
HIDやLEDの明るさには全然劣っていました
高速道路で横並びになると、明らかに隣の車の方が明るいな、で

使ってみて相当明るいな、と感じます
照射パターンは明るい部分と暗い部分がぶった切られるように
くっきりしてますので、対向車には配慮された配光パターンのように感じられます

③スマートエントリー&エンジンスタート
これはデイーラーから勧められました
レンタカーで使っているDXに付いてるものはありません
普通のリモコンキーですが、それだけでも涙もんです
しかも集中ドアロック(笑)
ナナマル君には付いていませんでしたから

というわけで最初はこんなもんいらんですわ
というスタンスで話を聞き、装備に追加してなかったのですが…
そのすぐ後、現場でホンダフィットをレンタルした際
その車はスマートエントリー装備だったんですね
キーを持ってるだけで車から離れるだけでロックされるし
ドアノブに手を入れるだけでロック解除
ポケットからキーを出して
という動作は必要ありません
何か手に持ってる時なんかは超便利!
エンジンスタート時にキーを差し込んだりする動作もないし
キーに家の鍵とか色々付けてるとそれがカーブの度にジャラジャラ動く煩わしさも
ない!
というわけで2回目にディーラーに行った際にはオプション追加で

③寒冷地仕様&ヒーター付きミラー
東京に住んでいる限りはいらないし
積雪地に行く回数も大したことないので過剰装備か?
思うが
いやいや、これはお得なんですよ
寒冷地仕様なんてバッテリーが強力になってセルとかオルタネーターとかの容量がアップするだけだろ
なんて思ってましたが
のんのん

勿論バッテリー並列で2個になるので容量アップ
それに伴いセルやオルタネーターも強化されています
しかし、交換費用が2倍になるのも事実
ナナマル君は直列で2個付いてましたので
交換費用は結構痛い出費でありました
(19年で1回、最初についてたバッテリーはメンテナスで蒸留水追加で10年以上使えてました)

それを納得した上でここからですね
まずボディ塗装が強化されます(S-GLは元々DXよりも強化されてますが)
そして下回りに防錆処理が施される
え?普通はしてないの?
逆にそう思いましたがな
是非してもらいたい
ナナマル君は寒冷地仕様ではなかったため
シャーシ表面にうっすら錆が浮き出ていました
寒冷地仕様のナナマル君の下回りを見たときビックリしました
塗装が厚塗りされている…
そうなんだ…

それで3万弱はお値打ちだと思いました

寒冷地仕様にするとヒーター付きミラーも選べます
降雪時にミラーに付く雪はなかなかウザかったので
これは必須だと思いました

④バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー
後付けするナビのモニターにバックモニターを映すために付けました
バックカメラを後付けする時のパーツ、工賃を考えると十分お得だと思いました
自分でDIYするのも結構大変そうだし、綺麗に出来そうもないし

⑤リアLSD
4WDだしいるかなーと思ったが
高速での直進安定性が向上するとの声もあったので装備に追加
後付けするとすんごくお高いようですが
メーカーオプションなら3万ちょっとだし、で
e0098223_08471262.jpg
他にもACコンセント追加とかありますが主な追加オプションはこんなもんですね

ステアリングスイッチは迷いましたねぇ~
ま、なくてもいいかでナシ
今まで無かったし、あんまり便利にしちゃうと(笑)

↓DPFかな?これがないと都内は走れません
e0098223_07273554.jpg



[PR]

by mizkichi | 2017-09-11 09:00 | @gear
2017年 09月 07日

カウンターアソールト・ストロンガー

久しぶりに熊撃退スプレーの類を購入

10年以上前から北海道へ釣りに行くようになって
現地のアウトドアショップで類似品を購入したが
使用期限が過ぎてからは再購入をしていなかった

久々、北海道へ単独釣行行ってみるかなぁ~
と考えたら
やっぱ必須でしょ
と思い立って購入

今回は正規の(笑)熊撃退スプレー、カウンターアソールト
しかも通常よりも噴射距離、時間が強化された
ストロンガーをセレクト

まぁ、使うような事態にならないようにしたいけど
いざ、そういう場面になったらきっと焦って射程距離に到達する前に発射しちゃいそう…

だってそうでしょ!
日常生活でそんな目に遭う機会ないし
生きるか死ぬかのシチュエーション
冷静に対処出来るかどうか…
毎日が死ぬか生きるかの修羅場だらけのガンマンならいざ知らず…

だったらなるべく長距離に飛びそうなものを!
ということでノーマル製品よりも多少お高いですが
本製品を選びました

熊撃退スプレーは数々あり、カナダの森林レンジャーが採用しているものだとかもありましたが
ストロンガーが一番噴射距離が長いようです

業務委託先で貸し出されるノーマルのアソールトはよく手にしてたので
使い方はなんとなく知ってましたが
今回、購入と共にセットで付いてた取説書類を熟読してみました

やばいですねぇ…
本製品はなるべく縦置きにしておいた方がいいようです
保管時なんかは特に!

これは知らなかったなぁ

いざという時、不具合発生判明
なんてことは嫌ですね、その時はもう修羅場だし

取説を目にしたのは初めてだったので
読んでみて良かったですね
水にさらすのも良くなさそうですね
よく川の水に濡れてたけどw

使用前に少し発射しないとですね
少し勿体ない気はしますが
本番で出なかったらヤバいですしね

以前、購入した類似品は購入後、すぐに発射実験をしましたが
ちゃんと発射しました
しかし、消費期限が過ぎて全発射を試みた中のガスがほぼ無くて
赤い汁しか出てきませんでした
消費期限内でこれだと怖いですけどね

あと、体験談も書いてありました
リアルな感じですね
いざという時!
やっぱ熊の遭遇に慣れている人でも緊張感はやっぱあるようですね

自分は20年以上この仕事をしていますが
熊についてはまだ威嚇の声を聞いたり、糞、足跡等のフィールドサインは見たことあるものの
生体はダム湖を泳ぐ個体を遠くに見たという経験でしかありません
(この先も見たくはないので、遭遇しませんように!)

お守りとして持ちたいと思います

[PR]

by mizkichi | 2017-09-07 12:07 | @gear
2017年 03月 14日

アーバン・チャリダー

e0098223_2214156.jpg

年度末ですね

本日は東北地方へ出張中

年度末は出張=収入が少なくなるので貴重ですが
最近の年度末は
「助っ人」
として昔お世話になってた会社へ
お手伝いに行かせて頂いているので
年度末も何とか過ごせています

職場へはバスと電車を乗り継いで
ドアツードアで1時間ちょい

そんなに苦痛な距離でもないですが
年々、苦手になってきています

というのも通勤電車には負のオーラが満載!

マナーの悪さがどんどん目立つようになってます
加えて頻繁な電車の遅れ
これも気象の悪さが原因じゃなければ
マナーの悪さが原因となってる人身事故だったりする

な~の~で
もうなるべく乗りたくないのであります

どうすっか?

考えました、チャリで行く
現場が無いときの運動不足解消にもなるし

で、通勤開始1日目
いきなり行ってみました
所要1時間半、まあまあ疲れるな

新宿まではよく行ったことはあったけど
所要1時間

30分長いとやや疲れるな
しかもその日のうちに帰り道がある
同じ距離で…

翌日、MTBにしてみました
所要1時間10分
20分の短縮です、しかも楽しい(笑)

ご近所使用のチャリと違って
MTBはマシンに乗ってる感があります

マシンならばと
昔バイクに乗ってた時は当然のように着用してた
皮ジャンを着ることにしました

皮ジャン→カッコいいけどサミィ
とバイク乗ってた当時は現在みたいに
高性能なインナーなんか持っておらず
まあまあ着込んでたので
そう思ってたんですが…

予想に反してあったけぇ~
というか

アチィ!

運動ですから当然ですね
皮ジャンの下はロンT1枚で充分とわかりました

幸い好天に恵まれ、2回だけ電車通勤しましたが
あとはずっとチャリ通であります

というわけで
相当なカロリー消費をしてるハズなわけで
当然体脂肪も低下してるハズ!

ですが…
予想に反して増えてます(笑)

あれ?((((;゚Д゚))))

仕事先には社員が出張帰りに買ってくる
お土産があります
それと年度末進行の時に提供される
茶菓子の数々…

ついつい食べてしまいます
眠気覚ましにもなるし
脳が甘いものを要求するので
まんまと要求を聞いてしまってます

遅い時間に帰ってもチャリで運動したんだから
ついビールも飲んでしまいます

減らなくて当然ですね…

[PR]

by mizkichi | 2017-03-14 18:32 | @gear | Trackback
2016年 12月 31日

スウォッチリニューアル

かつてスウォッチのブームがあった。
ブームに乗るつもりはなかったが
92年に地球サミット開催記念のスウォッチを買ってしまった。
自動巻きでムーブメント表面に地球サミットのロゴがあったりするのはいいが
ベルトがそのロゴと同色のヒスイみたいな色だったので
なかなか装着する気にはならず
ほぼお蔵入りであった。
そんな状態だったから時計自身も自殺を図ったのか?
ある日、部屋の机の上で放置となっていたところへ
崩れてきた自作棚の金属の柱が倒れ、先端がピンポイントでムーブメントに直撃。
壊れはしなかったがムーブメントにはひび(泣)。

以後、ますます放置となったが
久々出してみたらベルトは劣化でポキリ。
e0098223_15282892.jpg

とはいえ、オモチャなナリをしていてもスイス製
だいぶ動かしてなかったが、ちゃんと動くし、しかも簡単に停まったり時刻が狂うこともない。
ベルト変えたらまだまだ普通に使えるな…。
あれ?最初から気に入ったベルトに変えれば良かったんじゃ…。
早速ネットでベルト検索。

透明だったムーブメントは飴色になっているので
ベルトは黄色がいいかな?
と検索するも黄色のベルトで出てきたのイタリアブランドのやつ。
魅力的だったが、1年を待たず劣化というレビューが多かったので
値段も値段だしで却下。

というわけで選んだのは紺色。
ムーブメントに差し色として青色があったから。
e0098223_15291281.jpg

スケルトンのブルーだったらもっと良かったなぁ。

とはいえ、ベルトを交換したら最近よく装着するようになりました(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2016-12-31 10:00 | @gear
2016年 12月 30日

栗くり坊主使用感

年末、援農で餅つきに行ったが、そこでゲットしてきた餅を冷凍保存するため
冷凍庫の整理をしたら忘れていたものを発見!

冷凍した茹で栗

というわけで先日、栗剥きを実行しました。
e0098223_14535738.jpg


実は今年の秋
なぜか自分の中で突如栗がマイブームに

栗を食べたくてしょうがない!
で、栗ご飯を作りました。
その時はクックパッドとかのレシピで簡単に剥けるという
栗も剥き方をしてみました。

が!
どの方法も簡単とは・・・
めんどくせぇ・・・

簡単に剥ける道具はないのか?
でネット検索して辿り着いたのが!
「栗くり坊主」
e0098223_14474326.jpg

栗の皮を剥くためだけのハサミです。
e0098223_1448318.jpg

カミサンにはまたそんなものを・・・
という目で見られました・・・。

が!栗を食いたいんじゃー!

新たに追加購入した栗を剥いてみました。

あれ?
そんなに簡単には・・・?
剥けます?
これ?・・・

またつまらぬものを購入してしまった
((((;゜Д゜)))
幾つか剥くとなんとなくコツが掴めたような気がしましたが、簡単ではない・・・

ということもあって、栗は冷凍して放置!
というか、まぁ、実際忙しくて家にいなかったので忘れてた
というのが真相ですよ。

というわけで、話は最初の画像辺りに戻ります。
久々剥いてみると・・・
1個剥くのに2分は掛かりました。
30個以上あります・・・

やべぇ、1時間以上も・・・。

でも剥かないと!
頑張ります。
すると再び何だかコツが!

前回掴んだと思ったコツとは違うコツが!

e0098223_1564048.jpg

みるみるうちに剥くスピードはアップし
最終的には30秒掛からなくなりました!

すげぇ、俺進化した!

最初に掴んだコツは1回のストロークで皮を大きく剥かないこと、です。
早く剥きたいがために大きく剥くとうまくいきません。
少しずつ小さく剥き進むほうがいいです。

ハサミは縦に持ち、栗を回転させて皮を剥いていったほうがいいです。

それと、多分ここが重要です。
剥く箇所の順番です。
まず下の黒い部分に近い方を剥きます。
上手くすれば、途中で下の部分がズルッと剥けます。
そしたら尖った方を下、もしくは自分の側に向けて再度剥くと
尖った方も途中でズルッと剥ける時があります。

あとはなるべく薄く剥こうとしないことですね。

来年もコツを覚えているといいですが(笑)
[PR]

by mizkichi | 2016-12-30 18:00 | @gear
2016年 09月 13日

Gショック 再起動

最近、昔の時計を復活させて楽しんでいたのだが
今度はGショックを「完全」復活させることにした。

アラーム付きの腕時計が欲しい時があり
2003年に購入したものを持っている。

G5600-1JFというモデル。

Gはベーシックモデルを表し、5600は型番で、
1は色を表し、1は黒である。
JFはJが日本仕様、Fは箱無し
なんだそうだ。

本モデルはわてが購入後々に
「SP」というドラマで岡田准一君がはめていた、
らしい。
(見ていたが時計まではチェックしてませんでしたw)
現在はモデルチェンジしているので
もしかしたらプレミアが付いてるのかもしれない( ̄ー ̄)

タフソーラーという液晶周りに太陽電池があり
光に当てて内部の電池を充電する仕組みになっている。
そのため
「電池交換不要」
という謳い文句がネットの中では書かれているが
そんなことたぁない。

使い始めて数年後、
しょっちゅう充電が必要な感じになり
そのうち、満充電と表示になっても
すぐに動かないという状態になった。

電池交換を試みるがその型の充電池は一般的には
取り扱っていないようで手に入らず
そのうちめんどくさくなり
放置プレー。

完全に使えなくなっていたGショックであったが、
2年位前から時計のメンテナンスを自分でしたい
とうマイブームが起き、手じかにあったGショックは
精密ドライバーがあれば裏蓋を開けることが出来たので
早速やってみた。

中の電池は相変わらず手に入らなかったが
同じ型番なら非充電式でもいいだろ、
と、試しに入れてみたら普通に動くので良しとした。
動き始めると何だか使いたくなる(笑)。

その後、現場用時計としてちょっとヘビーに使っていたら
そのうちGショックの命ともいえるカバー破損。
e0098223_14454910.jpg

カバー無しも新鮮、なんて思って使ってみたが
やっぱりなんか変だ。

時計屋にカバーは売ってないかと問い合わせるも
無いとのことで再び放置となっていたのだが
ネットで調べることを忘れていた。

思い出して検索すると色々出てきた。
たかだかカバーを取り付けるだけなのに
「修理としてなら受付」と言うめんどくさいサイトもあったが
パーツのみ販売というのも見つけた。
e0098223_12555843.jpg

値段は3000円ちょい。
現在、これそのものとは全く同じものではないが
その後継機が1万円位で買えることが出来ることを考えると
結構いい値段がするねぇ。
でも本体は壊れてないわけだから
モッタイナイ!
を優先させてカバー購入。
取り付けました。
e0098223_12561925.jpg

とりあえず完全復活のGショックです。
[PR]

by mizkichi | 2016-09-13 10:25 | @gear
2016年 09月 11日

クリアフォトシステムの代用品

しばらく水中写真を撮影していない。
いや、正確にはハウジングにカメラを入れて水中写真を撮影していない、だ。

数年前に富士フィルムのコンデジXQ-1を購入した際
メーカー純正のハウジングも購入したのだが
まだ1回も使っていないので、デッドストック化しているw。

XQ-1自体は既に製造停止で後継機のXQ-2が出てるので
せめて壊れた時用に後継機でも物色しておくか
とカメラ屋に行ってみたが、見当たらない。

店員に聞くと

なんと!

既に今年3月には製造停止。

XQ-3の発売予定はないという。
もっとも、発売されてたとしても形がXQ-1とだいぶ変わっていたら意味はないけどね。

さて、今はそういう話ではなく
現状のシステムを使えるようにしておかないと
という話である。

自然光のみで勝負するなら今の状態で問題ないが
水中は暗いのでフラッシュは必須であるが
現状、フラッシュ撮影が出来ない状態である。

私のフラッシュは光ファイバーケーブルを利用したシステムで
これはカメラ本体の内蔵フラッシュが発光することで
外部フラッシュがスレーブ発光するというシステムなのである。

そのため、外部フラッシュを光らせるためにカメラ本体の内蔵フラッシュを発光させる必要があるのだが、
本体のフラッシュ光は前面に光るので
水中に浮遊物が沢山あると
それらが反射して、ゴミだらけの写真になる
ということになってしまう。

それを避けるためカメラ本体フラッシュは遮光しつつ
光った、という信号だけを取り入れるために
イノンから発売されている「クリアフォトフィルム」という
特殊な遮光フィルムを貼る必要があるのですね。

というわけで、なら買って貼ったらえーやん
って話ですが、
このフィルムがまあ一枚当たり500円もして高いのですよ。
フィルムサイズはせいぜいカメラ内蔵フラッシュが
隠れる位のサイズなので
ちょっと高過ぎじゃね?と思う。

ネットで安く買えないかとサーフィンしてみたら・・・

代替出来そうなものを発見。
水中撮影の記事ではなかったが
フラッシュを複数使った撮影でフラッシュ光は欲しくないが
光ったという信号だけが欲しいという人が
書いていたレポート。
これは使えるかもなぁ~
で早速実験。

e0098223_1252540.jpg

これは現像済みポジフィルムの最初の部分。
カメラに装填する時に感光する部分にあたり、
現像すると黒くなっている部分である。
フィルム時代後期はナマイキにもポジで撮影していたので
こんな部分はフィルム1本につき必ず1ヶ所ある。

こいつをフラッシュ部分に取り付けられる大きさに切り出して
e0098223_12522236.jpg

フラッシュの前に取り付けます。
e0098223_12523621.jpg

XQ-1ではこんな感じ。
二つ折りにするとクリアフォトフィルムと同等の透過度になります。
e0098223_1252563.jpg

ハウジングに入れるとこんな感じで
ストロボ強制発光でもクリアフォトフィルムと同様に
遮光され、外付けフラッシュもちゃんと発光しました。
e0098223_12531357.jpg


なお、詳しい説明は忘れましたが
白黒フィルムの黒い部分はダメだそうです。

クリアフォトフィルム高いなー
と感じる人は是非お試しあれ。
[PR]

by mizkichi | 2016-09-11 21:12 | @gear
2016年 06月 01日

チープカシオにはまる

e0098223_1156553.jpg

きっかけは今年出版された本を見て
e0098223_1201466.jpg

最初は子供の頃、親に買ってもらったデジタル時計を思い出して手に取ってみた。
当時買ってもらった腕時計は載っていなかったが、
エッセンスは感じとることが出来た。

なんかスゲェじゃん!

あの時計はまだ実家にあるな・・・。

最後に見た時は既に電池残量は無くなっていたので
壊れているかどうかは不明だが、
液漏れしてなければ多分大丈夫だろ、この本を読む限り(笑)

デジタル時計が出て、その時間表記には大いに未来的な要素を子供心に感じたものだ。

その後、あらゆるものはデジタル表記されるようになり
車の速度メーターもデジタル表記となった。

その当時はカッコいい~!
と思ったが、

デジタルが量産されるにつれ、価格は急落し、
デジタル、イコール、安っぽい
というイメージに変わっていった。

自分がデジタル時計を最初に持ったのは
セイコーのパタパタ式の目覚まし時計。
e0098223_12144065.jpg

小学5年生の時でした。
なので30年以上のモノですが、まだ現役で動いてます、というか使ってます。
さすがにアラーム機能は怪しくて、設定した時間(5分刻みで設定出来ます)で
鳴ったり、鳴らなかったり、鳴っても音が怪しかったりなので使ってませんが(汗)

そんで、翌年、カシオのデジタル式腕時計を買ってもらいました。
今では当たり前の機能のアラーム
そのアラーム機能付を欲しかったのですが、
うちの親は普通にその希望は無視で
ストップウォッチ、デュアルタイム機能付のものを私に買い与えました。
はたしてデュアルタイム機能使うかね?
小学生が?
当然持て余す機能でしたよ(笑)。

そんなもんでも当時はよく覚えてませんが5000円以上10000円未満ですかね?
アラーム付も値段は変わらなかったんですがねぇ
なぜかアラーム付はダメでした。
アラーム鳴らしまくると思ったんですかね?(笑)。

当時は「デジボーグ」とかいうのが欲しかったですね。
同級生が持ってて垂涎の時計でしたねぇ。
垂涎なんて言葉は大人になってから覚えましたが(笑)。

調べてみたらその当時のモノは勿論中古でしかないですが、
新品のちょっと当時のデザインとは異なるものが
¥45000

たか~い、しかもなんか違~う。

当時は1万円前半だったと思いますがね。
まぁ、物価は変わってますが、そこまで高いイメージはないですね。

デジボーグそのものではないですが、
似たようなものは3000円代で買えるようなので
こちらの方が魅力的。

まぁ、そんなわけで実家に行って取りに行くのももどかしく
急に手元に欲しくなりついつい買ってしまいました、安いし。

最初はメタルバンドモノを購入し、その懐かしさにご満悦だったわけですが
仕事での使い勝手を考えてウレタンベルトものも購入。
さらにバイブレーションアラームという珍しい機能付に惹かれ、同時購入。
3本まとめても5千円しないです(笑)。

元々、時計は好きでしたので
オメガだとかローレックス、ジンとかには興味がありましたが
値段をみると
どうも手が出ない。
20年位前はまあまあ手を出してもいいかな
って値段で売ってましたが
最近はなんか高いですね。
ちょっと買う気にならない値段ですよ。

そんな私はダイバーだったのでダイバーズウオッチをしてました。
セイコー、タグホイヤー

とはいえ、最近では仕事時以外はしなくなりましたね。
なんか時間に縛られてるように感じて。

でも、このチープカシオはなんだか装着したくなりますね。
80年代良かったじゃん!
な気分になります。

買ってまだ半月も経ってないですが、既に3本の時間は異なっています(笑)
いずれも10秒位遅くなっています。
まぁ安いし。

バイブレーションは10気圧防水となってますが
他2本はウォーターレジストと表記こそありますが
日常生活用防水と取説には書いてあります。
ですが、水道でジャーっと洗ってもなんら問題はないようです。
実際試しましたが、大丈夫でした。

なので仕事でも大丈夫ということでガンガンに使っています。
ただ、ガラス?樹脂?
は傷が付きそうなので、そこはちょっと気になるところです。
[PR]

by mizkichi | 2016-06-01 08:00 | @gear
2016年 05月 30日

気楽にはけるパンツ

e0098223_1134366.jpg

昨年買ったmoonのクライミングパンツ

使ってみて結構いいな
と思ったので
色違いでもう1着買おう
と思って検索。

2016年モデルが出ていました。
色はブラック、オレンジ、ブルー
じゃあオレンジにすっかなぁ。

と思ったが、今シーズンモデルはどこか変わっているというので
詳しく調べてみると
まず素材が変わっていた。

化学繊維が多くなっている。

それによってストレッチ性と乾きやすさが向上しているらしい。

ストレッチ性の向上はいいかもですね。
腰部分はゴムで、そこに生地が遊びなく(ギャザーがない)縫い付けられているのですが
脱ぎ着する時にゴムを伸ばすと遊びのない生地は裂けるんですね。
実際、急いではいた時は少し裂けてしまいました(泣)
以来、それ以上は裂けないよう気を付けて脱ぎ着してますが(汗)

それと、足首の部分の締りがしっかりとなったという。
それによって捲り上げた時にずり落ちてきにくくなったという。
まぁ、それは今のやつでも大丈夫だ。

とりあえず試着してみたいな。
去年買おうとした店にあるかなぁ・・・。

・・・去年、見つけたのは山岳用品店。
化学繊維が混ざっているのはあまり好きではなかったが
サラリとした着心地は凄く良かったんですよね。

しかし、欲しかった色の在庫があったのはサイズがあわずで
サイズが合うのは色が嫌でした。

ここで昔だったらサイズが合わなくても色で買ってしまったりしてましたが
そういうのは結局使わなくなるので
そこでは諦め、ネットで検索。

ありました。

ネット、本当に便利ですね。
遠方のショップでも在庫の有無はわかるし、
モノがわかっているなら、本当にいいです。

あれ?
今年のモデルは記事が厚くなったとあるな。
ロゴが刺繍からプリントに?

安っぽくなった
ということですな(笑)

なのに、値段は少々上昇と。

そうかそうか・・・

なら去年のモデルはまだないのか?

早速ネットサーフィン♪

ありました!
しかもサイズも。

先にアンティークモスという色を買ったので
アプリコットを購入。

ついでにアンティークモス、
セールで安くなってたので予備として購入(笑)

とはいえ、新型も気になります(笑)
[PR]

by mizkichi | 2016-05-30 08:00 | @gear
2015年 10月 29日

22年前に作成したウェットスーツ使用所感

ういーっす。

秋の巡業真っ只中。

先週は青森、今週は三陸でお仕事。

どちらもウェットスーツを着用しての作業。

先週は2㎜のウェットで行ってみました。

が!

やはり2㎜は寒かったなぁ・・・。

柔らかくて動きやすいんだが、風吹くともうダメ・・・。

勿論、水中でも寒い・・・。

胴体は2㎜のベストを重ね着したが4㎜にはならず・・・。

というわけで、今週の三陸での作業はドライスーツか?
と考えたわけですが、動きが悪くなる上に
ドライはま~だ早いんじゃないか?

ということで5㎜のフルスーツだろ、持ってるんだし
と、話は簡単なんだが、
いかんせん、作成したのが1993年でもう20年以上も経ってます。

最後に着たのは4年前の小笠原でのレジャーダイビング。

経年劣化でスーツは明らかに縮んでおり、
加えて10年以上前から始めた水泳で多少なり上半身が逞しくなっているので
背中のチャックを閉めるのは結構な苦労。
特に腕を入れるのが一苦労で、入れてもきつくてきつくてうっ血しそうな程。
袖にチャックがあればまだしも、製作費節約のためにナシにしたのが運のつき。

実は今年の夏前に自宅で着用してみたのだが、完全に上半身は無理であった。
背中のチャックはカミさんになんとか閉めてもらったが
閉めた途端に背中から脱皮しそうな勢い(笑)。

というわけで、自宅の「もういい加減捨てるコーナー」に置かれていたのだが
この度やむなく復活ということでもう一度自宅で着用。

やはり袖が・・・。

えーい、どうせ捨てるつもりだったんだから!

で袖を切ってみました。
フルスーツからシーガルへ。

すると!
おや!
イケルねぇ!

ロングジョンみたいにすればもっと楽なんだろうけど、
まぁそれだと水の侵入が半端ないので。

背中のチャックは多少まだキツイがなんとか着れるレベルに。

というわけで、今週はそのウェットスーツに加えて、
釣り具やオリジナルの2ピースウェット(5㎜)の上半身をジャケットとして着用。
(下は既に劣化して廃棄)

かなりの拘束衣化してますが、
先週の状態よりはかなりマシになりました。

というわけで、ウェットスーツの使用歴はまだ伸びることとなりました。
[PR]

by mizkichi | 2015-10-29 15:23 | @water work