水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カメラ ( 5 ) タグの人気記事


2015年 04月 05日

Nikon D750 使用所感

せっかくフルサイズのデジ一眼を手に入れたというのに
仕事で魚の撮影をして以来、すっかりご無沙汰となっていた。
細かい機能も忘れてしまっていたので、
桜の開花に伴い、暖かくなった最近は頻繁に持ち出している。

そこで感じた使用感を。

1.やっぱ夜の撮影に強いことは凄いな!
e0098223_12442186.jpg

これは夜19時過ぎに撮影したものですが
手持ちです。
昼間の撮影を終えて帰路についている最中、とっさに出会った風景に対処出来ます。
ISO12800なので、さすがにノイズはありますが、
どっかに出したり売ったりするような作品ではないので
私個人としては十分です。

e0098223_12484061.jpg

仕事で行く川の上流は鬱蒼として昼間でも暗いところが多いですが
機動力を考えると三脚なんか持って行くわけにはいきません。
そんなシーンではこの能力はかなりありがたいと感じます。

2.やっぱグリップは握りやすいな!
D300よりも握りやすいです。
しっかり握れることで手振れもしにくくなると思います。

3.チルト式液晶モニターはないよりあった方がいいかも!
e0098223_12562737.jpg

地面に近いとこからの撮影には便利な機能だとは思います。
ですが、このような縦位置撮影ではマルチに動く感じの方がありがたいと感じました。

4.AF-ONボタンはないよりあったほうがいいが、使用者による
D750を購入するにあたって思った点。
上位機種には普通に装備されるAF-ONボタン。
D750にはない。AE-L,AF-Lボタンの設定を変えることでAF-ONボタンになるが、
ちょっと親指の位置が遠くなるので非常に使い勝手が悪い。
別途AF-ONボタンがあるとシャッターボタンがシャッターのみとなるので、
AFとシャッターが同じだと、シュッと構図をずらした時なんかに再びAF作動となるので
ロスタイムが生じる、
とか言うが、まぁ、そこまでシビアに撮影してない私はこだわらないが。
その撮影方法で慣れてる人にはボタン切り替えが出来る
と言っても使い勝手は悪そうだ。

5.マルチセレクターの位置
D810やD610と違ってinfoボタンがあるのでマルチセレクターボタンがやや下の位置に移動してる点は
購入前に気になった。
infoボタンなんかはファインダー覗きながら押しても意味ないから
そんなに親指近くでなくてもいいので
やはりD810とか610と同じ位置で良かったんじゃねーかなぁと思う。
下向きへ押すとグリップの握りがどうしても緩くなってしまいます。

6.AFエリアフレーム
フォーカスポイントは51点もあるが、AFエリアフレームはそれよりも一回りデカい。
特に上下が円形になってるので、一番上と下にもフォーカスポイントあるのかと思っちゃいます。
まぁ、慣れればそんな風に思わなくなると思うけど。
それと、やっぱエリアフレーム小さい感じ(真ん中に集中してる?)に思うのは
ただ単に私の使い方か?
エリアフレーム外でピントを合わせたいと思うことが多いが
普通はそうじゃないのかなぁ。
え?その中で普通はピントを合わすの?
そうなの?そうなのか?
[PR]

by mizkichi | 2015-04-05 13:04 | @gear
2014年 11月 24日

Nikon D750追記

実は本編記事は10月7日に書いたもので、
アップロードするのを忘れていました。

表題のカメラはその翌日に購入して使っておりますが、
購入前の感想も備忘録的にアップロードしておきます。

それにしても某購入店では既に私が購入した価格よりも15000円も値下がりしてます。
しかもカメラ本体と同時購入ならばお安くなるSDカードも価格コムの最低価格よりもお安いようです。

買ったものの商品は当然日を追うごとに値下げされていくので値段を見てはダメ!
ということで見ないようにしてますが、ご丁寧に通信カタログを送ってきてくれましたよ(笑)。

で、現在の販売価格を知ったわけなのですが、ちょっと値下がりスピード早くないすかね?(笑)

実際、今一番安いのは幾らなんだろう?と思って先ほど価格コムを見てみましたが・・・、
なんと!私が購入した全国にある某ショップ(新宿に本店があります)が最も安いことが判明。
208000円にポイント還元11パーセントで実質185120円!
現在の価格コムの最低価格よりも安く、19万切ってます!
会員様30台限定、だそうです→11月17日からなのでもうないかもですが
私の記事を読んだ方だけに耳よりなお値打ち情報提供です(笑)。

以下、10月7日の記事

本日、近所のコジマデンキでいじってきました。

最初は気が付かなかったのですが、
軍艦部の液晶画面、D610、810に比べると随分と小さくなっていました。

厚さが薄くなった分、小さくなったと思われますが、
その分、記載情報が減少したのは残念です。

自分はホワイトバランス、解像度、とかの情報はよく確認するので
これがないのはちょっと痛いですね。

とはいえ、フィルム時代のことを考えればなく普通なんだよなぁ。
ホワイトバランス、解像度は使用しているフィルムなわけだし
入れた時覚えておけよ、つー話なんだよな。
なのでそれらの情報確認はinfoというボタンで確認するようです。

そのためすぐアクセスしやすいように右親指に近い部分に移動させた
と自分は思うのですが、その代わりにマルチセレクターの位置を下げたことで
親指からのアクセスが遠くなり、ちょっと使いにくくなったように感じます。

マルチセレクターはファインダーをのぞきながら操作することが多いと思うので
これはD810とか610と同じ位置の方が良かったと思うのは俺だけかなぁ。

連写はほとんど使わないけど、D810、610と比べるとそれよりも速いのは体感出来ます。
連写性能と言えば、レンズがないから選択肢にはならないけど、キヤノン5Dマーク3はかなりいいです。
連写使いたくなりますね(笑)。
6Dはかなり軽い感じがしますね。
選択肢になかったからほとんど触ったことなかったけど、
6Dも5Dもマットな質感でなんだか高級感というか道具としての風格が感じられ、
そういう意味ではニコンはちょっとメッキ部分があったりとか、
ちょっとチャラい印象が自分にあるのは否めない。
ニコンは好きですが。

どうしようかなぁ。
[PR]

by mizkichi | 2014-11-24 09:00 | @gear
2014年 11月 23日

富士フィルム X-T1でマクロ撮影(非純正レンズ装着で)

カメラの話

断捨離で手放したニコンF3が忘れられなくて
なんとなくサイズ感やフォルムが似てるような気がした
昨年?一昨年か?
って位、存在を忘れてるが、オリンパスのOM-D E-M5を手に入れた。

しかし、購入して1年も経たずに
E-M5のここがこうだったらもっと良かったのにを具現化した
E-M1が発売され、マジかよ!と口があんぐりであった。

後継機というよりも値段からして全く別物
であったが、もしも同時に販売していたら
E-M1買ったじゃんか!
という位、進化していた。

買い替えちゃうか?
と悩むこと数カ月
そろそろ決断するかと思っていた頃
富士フィルムからX-T1という
これまたメカメカしいミラーレスが発売された。

カメラの軍艦部が昔っぽい!
昔はそれが当たり前だったが、今見ると凄い新鮮だ。
それにカクカクしすぎだろ
ってぐらい角が多い(笑)。

最近のカメラはどんどん丸くデブ化している。
CANONのEOS Kissシリーズなんかどんどん丸くなってるし。

E-M1乗り換えるか?
と迷っていたのに
よりF3っぽい
と思った俺の決断はいつになく早かった。

しかし、E-M1が発売されてからは予想した通りE-M5の下取り価格は下落し
X-T1を購入するためにはもう少し資金が欲しい・・・。
というわけで、
数年前に購入したニコンD300も合わせてE-M5を売っぱらい
X-T1に買い替え。

で、ここから本題だ。
元々、デジタル一眼を購入したのはマクロ撮影をするためであった。
マクロレンズはニコンの60mm、105mmを持っていたので
当然、デジタルになってもD200、D300と乗り換えて使ってきたのだが、
X-T1を買うためにE-M5と抱き合わせで先日売ってしまった。

となるとマクロはどうする?

ということで、マウントアダプターを介してニコンの60mmマクロをマニュアルで使用することにした。
ちょっとレンズが長す過ぎな感じはあるが、見た目はなかなかカッコいいな!
e0098223_928949.jpg

とはいえ実用性は・・・

前玉が重くて手持ちでマニュアルマクロはちょっと・・・
となった。

ミラーレスでのマニュアルピント合わせはいくらモニターが綺麗になったとはいえ
ピントの山がつかみにくい。
ピントを合わせた場所を拡大することが出来るが、
動き回る被写体
撮りたいのは魚なんだけど、
加えてこの重量バランス。

ISO感度を上げてシャッタースピードを稼ぐが・・・。

縦位置バッテリーグリップ購入か?
付けるとものすごくカッコいいし(笑)、より安定してカメラを持つことが出来る。
しかし2万超えの価格には躊躇する。

フジ純正のマクロレンズ購入か?

と、試しにお店で使ってみるが、AFでのピント合わせのスピードはお粗末だ。

それとミラーレスは意外とバッテリーのモチが悪いと感じる。
公式データでは350枚(というのも少ないが)
しかし、撮影した画像をいちいちモニターで確認するから
当然それよりも少ない枚数でバッテリー切れになる。

そうなってくるとバッテリーに不安が無かったD300の方が良かったんでは?

というかデジタル一眼再購入か?

う~む。
[PR]

by mizkichi | 2014-11-23 19:26 | @gear
2014年 09月 22日

Nikon D750

発売前にニコンショールームでいじってきた。
e0098223_1849751.jpg

デジタル一眼は主に生物(魚類)のマクロ撮影に使用している。
デジタル一眼はニコンD300を使用していたが今年売却し、
今は某社のミラーレスにマウントアダプターを介して
ニコンのマクロレンズを装着し、マニュアルでマクロ撮影をしている。

マニュアルでピントを合わすことに不満はないのだが
ちょこちょこ微妙に動く魚だと
手動でピントを合わすのは結構疲れるのですね。

あ~、やっぱAFでサクッと撮影してぇ、と(笑)。

EVFも幾ら綺麗で高精細になったとは、
ガラスプリズムを通してマニュアルでピントを合わすのに比べれば
なかなか骨が折れる。

とはいえ、D300でもマクロAF撮影は結構AFが前後に迷って結局マニュアルフォーカスが多かった
ような気がする。

でも新しいのならどうなんだ?

ということで、白羽の矢を当てたのはD7100。
そろそろ値段的にもフルサイズでもいいのでは、
とD610も考えたがなんだか食指が動かない。

で、D7100の評判を見てみようと検索でD7・・・と入力するとD750というのが出た。

お、なんだ?新型か?

で調べてみたら今月25日に発売されるフルサイズの新型機だ。
値段は・・・、D7100なら2台買えるな(笑)。
以前購入したD300とあまり変わらない値段だが、
今の財政では迂闊に手が出ない値段だな(笑)。

でD7100実機を見るべくカメラ屋へ。

やはり触ってみないとわからないな。
スペック的には全然問題ないが、グリップ部のゴムがなんだかべたつき
どうにも握っていて不快だ。
展示品で色んな人が触っているからだろうか?

D610はどうなんだ?
少しマシな感じかなぁ?
みんなそうなんか?

D810を握ってみる。
いやいや、全然違うは。

グリップのゴムをみると明らかに素材が違う。
こんな所で差を付けてどーすんの?
完全にD7100はアウトです。

う~ん、困ったなぁ。

店員さんが寄ってきたので近々発売されるD750について聞いてみる。

画像処理エンジンが新型(エクスピード3から4へ)なので、買うなら全然そっちがいいですよ、と。

とはいえ、実機を見てみないとなぁ。
と思うと連休中に実機デモを開催している場所が新宿にあるというので翌日行ってみることにした。
場所をみると新宿のニコンサービスセンターの近くだったので、
ついでに修理に出したいコンデジも持って行くことにした。

先に展示会場へ行こうと思ったが、行く途中にニコンSCがあるので、先にそちらへ行くことにしたら・・・

あったよD750のデモ機。
じゃあ、ここでいいな。
しかもそんなにいじりに来てる人はいなかったので
結構いじらせてもらった(笑)。

感想はなかなかいい、だ。
可動式液晶モニターというのは
ミラー有りデジタル一眼では初らしいが、
自分的には、まあ、そんなに嬉しい、というものではない。

でも他のニコン機に比べるとアイピースと液晶との段差が若干大きいので
ファインダーをのぞいた時、液晶に顔がつきにくい
というのは良かった。

それと、上位機種に採用されているグループエリアAF
これには期待できる。
魚に限らず、動物は眼にピンが合ってないと
どんなに構図が良くてもしまりのない写真になって
ボツ
とせざるをえなくなる。
動きの速いものでもとりあえず眼の辺りをグループエリアAFで追えば
ボツとなる写真撮影の確率は低くなるかもしれない。

肝心のマクロレンズを付けた時はどうなんだろうか?

現行発売中のマクロならその場で試すことは出来たがそれでは意味がないので
めんどくさいけど翌日、自分が使っている古いタイプの60mm、105mmマクロを持って
試し撮りをさせてもらうことにした。

AFは迷うことなくスパスパ合掌した。
e0098223_19365412.jpg


う~ん、なかなかいい。

とはいえ、惜しい、と思った点も。

・シンクロターミナルがない
軽量化のため、と言ってましたが、そんなに重くなるの?
D800より上位機種には付いてますが・・・。
実際、あまり使う人がいないから、なんでしょうね。
ストロボ使用の際にはシンクロコードを使う俺にはあって欲しかったなぁ。

・10ピンターイナルがない!
なんと、D300で使っていた電子レリーズ使えないの?あうあう
これも上位機種にはあります。
D700にはどちらもありました。

コマンドダイヤルなんかもD700はD800と同じで
D750はD610やD7100と同じタイプだ。

ということはD700→D800→D810と進化していったが、
D750はD700と800との間に入るものではなく、
D610の上位機種という位置づけのようだ。

でも画像処理エンジンなんかは完全に新型で
その他もろもろのことを加味しても
610との開きはかなりあるような気がする。
両方同時発売だったら皆さんどっちを選ぶんでしょうねぇ。

明日発売です。
[PR]

by mizkichi | 2014-09-22 19:37 | @gear
2011年 05月 11日

断捨離2~サヨウナラ、銀塩カメラ達

GWは終わり、今週は雨ですわ。

なんと、台風1号が普通に日本列島に向かっている。
1号が!
ですよ。

そんな低番台は台湾の西の方とかへ行くことが多いと思うけど、
なんか今年は違うなぁ。

さて、GWにやったことはダンシャリなんですが、
ビデオ関連に続いてのダンシャリ2は本命のカメラ関連。

シロウトだけど、意外と銀塩カメラ持ってたなぁ(笑)。

e0098223_945161.gif

銀塩カメラは一生もん、
と思ってましたが、そうじゃなかったんですねぇ・・・。

デジカメが出始めた時は、まだまだフィルムには遠く及ばないな!
と2000年頃は普通に使っていたけど、

2001年頃、最初のコンパクトデジカメを手に入れて以来、
デジカメは画素数の向上と共に買い替え、買い増しをしていき、
いつしか銀塩カメラの出動回数は減少。

かろうじて最後まで扱われていたのはF4やニコノスなど、
水中撮影で使用出来た器材。
F4は水中で使うためにはハウジングという防水ケースに入れなければだけど、
そのハウジングも今となっちゃあ、ただのアルミの塊。
最後に使ったのは5~6年位前だろうか?
覚えちゃいないよ(笑)。

水中写真も今じゃ高度な撮影こそ出来ないが、
今じゃ、コンパクトデジカメをそのまま水中に入れることで撮影出来てしまう手軽さ。

というわけで、
今後、銀塩カメラの出動する機会はかなり厳しい、
家に置いておくだけのスペースもない、
骨董品として日々眺めるほど枯れてないし、枯れる気も無い、
等々の理由から、

意を決して処分することにした。
ついでに設計が古くなったデジカメも幾つかも。

とはいえ、それらをエイヤっと処分するという行為、
かな~り、ボクを哀しい気持ちにさせるのに十分な威力を持っていましたよ。

カメラを売却する行為自体は初めてじゃないが、
それは新しい器材にするため、

とか前向きな姿勢だったけど、

今回は今後の使用頻度を考えて・・・、
という初めてのケース。

ネットで大方の買値を調べると、愕然とする値段だったが、
まぁ、時代の流れからしてそんなもんでしょう。

中野にあるカメラ屋へ行き、査定してもらいます。
査定に20分ほどかかる・・・、
というのでブラブラと店内の器材を眺めますが、焦点は合っていません。

なんだかとんでもなくヤバイ行為をしてる気分になってるオレってなに?

査定終了で名前を呼ばれ、結果をみて愕然とします。
一生もの、
ということで自分の「味」を出すために少々手荒に扱ってた部分がアダとなってます(笑)。

まぁ、それは仕方ない、仕方ないけど・・・、
F4、4000円、ってマジっすか?
理由はプレビューボタン、油切れ。
そ、そうっすか・・・。
ちょいちょいと直りそうだけどなぁ・・・。

それぞれの値段を見て、ちょっと5分程考えさせてください、
と時間を貰う。

いいのか、俺?、いいのか?本当に?
全部売却してしまったら、何かが壊れるような気がし、
FとF3の売却に悩む。

実用的、愛着的にはF3、
Fは元々中古で15年以上も前に手に入れたものだが、
購入当時からかなりボロい。

しかし、あろうことか、Fのほうが査定金額は高いではないか!

むむむ・・・、

Fは売却やめ!
そのまま換金、はい、さようなら、
だと、現金は全て生活費に消えそうな気がしたので、
新たにコンパクトデジカメを購入。

そして帰宅。

帰宅後、なんだか猛烈に哀しい気持ちになってきたが、
Fを残しておいたのはせめてもの救い。

というわけで、現在、うちに残っている銀塩カメラは
e0098223_1022539.gif

FとニコノスⅢ、どちらも露出計はナシで、撮影には手間がかかるが、
どちらもちゃんと動きます。

この日はカメラを眺めながら、少し哀しい気分でビールを飲みました。
[PR]

by mizkichi | 2011-05-11 10:54 | @life