水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 15日

ハイドリヒを撃て!

先日、久々映画館で映画を観ました

4月以来です
映画館で観たいと思う映画がなかなかなくて
今回、やっと観に行きました

「ハイドリヒを撃て!」
e0098223_22142429.jpg

8月から順次公開されていて
イオンシネマ多摩センターで観てきました

ナチス親衛隊大将のハイドリヒを暗殺する
という実話ベースの映画です

舞台はチェコのプラハです
観ていて哀しい気分になりました
シンドラーのリストを観た時にも感じました

本年暫定1位です

[PR]

by mizkichi | 2017-09-15 22:15 | @movie | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 15日

オジサンになると体の痛みが回復しないことを痛感

オジサンになってもケガは治る

が、ケガではなく痛める?
それはなかなか治らない

2013年に初めてやっちまったギックリ腰
以来、毎年1回位はぶり返す
去年は8月にやっちまったが
今年もまた8月にやっちまった

少し体を伸ばせば手が届きそうなものに手を伸ばすとなる
ということが今回わかった
これからは手を伸ばすよりも自分が近づかないと
と思う

これは96年に追突されてなったムチウチから
今では珍しくない携帯電話をしていて前方の車にぶつけてしまうというあれの被害者です
完全にずれてるので時々痛みが酷くなる
が、これはしばらく安静にしてれば痛みは数日間で済む
しかし、根本的には治っていないので
定期的に整骨院で調整してもらっている

手首
亜脱臼
何年か前、投網を2反
軽トラの荷台にポイッと入れた時から痛め、しばらく手首が痛い状態が続いていた
通院している整骨院で腰と首を調整してもらったついでにちょっと見てもらったら
亜脱臼してますよ
と言われ、調整してもらったらすぐさま痛み解消
数か月間痛かったのに!
そんで、しばらく痛めることは無かったが
今年、いつの間にか痛めました
多分、投網でしょう
既に3ヵ月は痛いまんま
先々月、整骨院で調整してもらったが
すぐさままた痛めたので現在は保留

ついに膝が!
20年以上前に骨折した右足で膝のすぐ下の脛骨を折っている影響か?
最初に痛みが発生したのは去年の秋
原因としては2m位の高さから飛び降りた時しか考えられない
え?それで?
膝がずれた感じがしました
自分で足を引っ張ったり色々やってみたがダメで
また、その年の秋は渓流を歩き回る仕事や
河川の瀬淵を歩き回って調べるなんて仕事が続き
俺の膝はもう死にそうでした
しかし、晩秋に関東地方で大雪が降りましたやん
その際、雪の中に入れた脚が抜けなくなって
エイッと引っこ抜いたらパキ!って音が膝から鳴って
なんか急に痛みが無くなったんですよね
それでしばらくは良かったんですが
今年の3月
考えられるのはやはり2m位の高さから飛び降りた時しか考えられない(笑)
急に、またしても、いや、前回よりも激しい痛みで
階段の上り下りも痛いし、膝曲げられなくてびっこになりました
結局、それ以来、しばらく膝を曲げるのも痛みでシンドイ状態に!
そんなだましだましで過ごすこと5か月以上
ついに!

続く



[PR]

by mizkichi | 2017-09-15 09:18 | @health
2017年 09月 11日

ナナマルからハイエースへチェーンジ!

もう先々月になってしまいますが、19年間連れ添ったナナマルと涙のお別れをしたワタクシ
後継車は何にしたかというと…
e0098223_07223546.jpg
ハイエースです

条件としてはまず形がカクカクしていること
荷物が沢山積めること
そして車中泊しやすいこと

当初、プロボックスを候補に挙げてました
車中泊はし難いけど、形は好きでしたので
プロボにするならMTだなと思っていたのですが…
マイナーチェンジした現行型はATのみ
だったらわざわざプロボにする理由はありません

となると、もうハイエースしかないじゃん!
いやいや、その条件だったら日産のNV350もあるけども…

仕事でプロボックス、ハイエースに良く乗ってますが
NV350は数回程度
アラウンドビューモニターをはじめ、自動ブレーキ等の安全装備ハイエースよりも先進の技術投入がされ
色々魅力的な装備が付いてますが
(12月にマイナーチェンジで自動ブレーキ、車線はみだし検知機能、自動ハイビームとかの安全装備が追加されるようです)
運転のし易さ、助手席の居心地(って自分の車両ならほぼ運転席だけど)は断然ハイエースだと思います
両方乗った自分が思うので多分そうです(笑)

というわけで、ハイエースにしました
最初はちょーっと選択に抵抗感はありました
なんせ仕事でよく乗ってるから新鮮味がないんじゃーないか、とか
周りかららしくないとの声
→ナナマルに乗ってるのだから、次の車も個性的じゃないと!とお節介、無責任な声(笑)
とはいえ、お金出すのはワタクシなので
好きに決めさせもらいますけんね
でハイエースにしました

グレードはS-GL
仕事で使うだけだったらDXで十分ですが
仕事以外で使うことも多いわけですし
仕事ではDXばかりに乗ってるだけにDXはやめようと思ったわけでw
一番の違いは後部座席の造り
DXは商用車然とした後部座席で乗り心地については完全に無視されております
どうせ折りたたむでしょ的なw
ヘッドレストもありませんので、居眠りして頭が後ろへ倒れると首がえらいことになります
ワタクシ、何度か痛い目に遭いました
使い古された車両なんかだと、シートのヘタリが凄くて、ギャップの度にけつが痛いなんて目にも遭いました
しかしS-GLのシートは違います
ヘッドレストありますよw
→バックの時、見えずらいので後ろ乗車がいなければ右側は外してますがね
てか普通のワゴン車なら当たり前のシート、というだけなんですがね
ワタクシが座るという機会はほぼありませんが、やはり、同乗者への配慮、ですね(笑)

エアコンも後部座席には別途必須です
前席のみだと夏はあちいし、冬はさみいーしで
これもDXに乗ってるからこその経験からなわけですねw

リアサスの板バネもDXとは違うようです
やはり乗り心地を少しでも良くするようになっている、らしい

しかしベースをS-GLにすれば万事オッケーかというとそうではない
今時の車では標準というものがだいたいオプションというハイエース
DXよりもだいぶお値段がお高いS-GLだのに?
というわけで、オプション選びは慎重にしました

①カーナビ

ナシで
e0098223_07224499.jpg

ナシだと納車の際、ど真ん中にポッカリと空間が開いた光景が拝めます
蓋すらありません、内部むき出しです
蓋を付けたいなら金払え、でオプションとなりますw

トヨタ純正カーナビはお値段の割に機能や使い勝手がショボいので…

②LEDヘッドランプ
結構お高いお値段でしたが付けました
安全向上のためと近頃暗いとヤバイ感じがして

ナナマル君はハイワッテージのハロゲンに変えてましたが
HIDやLEDの明るさには全然劣っていました
高速道路で横並びになると、明らかに隣の車の方が明るいな、で

使ってみて相当明るいな、と感じます
照射パターンは明るい部分と暗い部分がぶった切られるように
くっきりしてますので、対向車には配慮された配光パターンのように感じられます

③スマートエントリー&エンジンスタート
これはデイーラーから勧められました
レンタカーで使っているDXに付いてるものはありません
普通のリモコンキーですが、それだけでも涙もんです
しかも集中ドアロック(笑)
ナナマル君には付いていませんでしたから

というわけで最初はこんなもんいらんですわ
というスタンスで話を聞き、装備に追加してなかったのですが…
そのすぐ後、現場でホンダフィットをレンタルした際
その車はスマートエントリー装備だったんですね
キーを持ってるだけで車から離れるだけでロックされるし
ドアノブに手を入れるだけでロック解除
ポケットからキーを出して
という動作は必要ありません
何か手に持ってる時なんかは超便利!
エンジンスタート時にキーを差し込んだりする動作もないし
キーに家の鍵とか色々付けてるとそれがカーブの度にジャラジャラ動く煩わしさも
ない!
というわけで2回目にディーラーに行った際にはオプション追加で

③寒冷地仕様&ヒーター付きミラー
東京に住んでいる限りはいらないし
積雪地に行く回数も大したことないので過剰装備か?
思うが
いやいや、これはお得なんですよ
寒冷地仕様なんてバッテリーが強力になってセルとかオルタネーターとかの容量がアップするだけだろ
なんて思ってましたが
のんのん

勿論バッテリー並列で2個になるので容量アップ
それに伴いセルやオルタネーターも強化されています
しかし、交換費用が2倍になるのも事実
ナナマル君は直列で2個付いてましたので
交換費用は結構痛い出費でありました
(19年で1回、最初についてたバッテリーはメンテナスで蒸留水追加で10年以上使えてました)

それを納得した上でここからですね
まずボディ塗装が強化されます(S-GLは元々DXよりも強化されてますが)
そして下回りに防錆処理が施される
え?普通はしてないの?
逆にそう思いましたがな
是非してもらいたい
ナナマル君は寒冷地仕様ではなかったため
シャーシ表面にうっすら錆が浮き出ていました
寒冷地仕様のナナマル君の下回りを見たときビックリしました
塗装が厚塗りされている…
そうなんだ…

それで3万弱はお値打ちだと思いました

寒冷地仕様にするとヒーター付きミラーも選べます
降雪時にミラーに付く雪はなかなかウザかったので
これは必須だと思いました

④バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー
後付けするナビのモニターにバックモニターを映すために付けました
バックカメラを後付けする時のパーツ、工賃を考えると十分お得だと思いました
自分でDIYするのも結構大変そうだし、綺麗に出来そうもないし

⑤リアLSD
4WDだしいるかなーと思ったが
高速での直進安定性が向上するとの声もあったので装備に追加
後付けするとすんごくお高いようですが
メーカーオプションなら3万ちょっとだし、で
e0098223_08471262.jpg
他にもACコンセント追加とかありますが主な追加オプションはこんなもんですね

ステアリングスイッチは迷いましたねぇ~
ま、なくてもいいかでナシ
今まで無かったし、あんまり便利にしちゃうと(笑)

↓DPFかな?これがないと都内は走れません
e0098223_07273554.jpg



[PR]

by mizkichi | 2017-09-11 09:00 | @gear
2017年 09月 09日

休みあるある

今月は今のところ仕事の予定があまり入っていない

まあ、夏は出張連続してからなー
で、自宅で色々やろうと思っていたことを
時間のある今、こなそうと思っていたが…

こういう時
大抵身体が不調になることが多い

せっかくの休みでもどこへも行けない
飲みにも行けない
やることも出来ない
はぁ

仕事の緊張感がなくなる
休みの間でも身体は鍛えておこう
と頑張り過ぎる

などが要因となって…
というのならわかります

今回はPCです
出張中、カミハーンから時々立ち上がらない時がある
と聞いてたので
出張から戻ってスバヤク
主要なファイルはバックアップを取っておいたのだが
先週、ついに完全に立ち上がらなくなりました

わてはここ最近はモバイルノートばかり
使っていたので
当面は不自由ないのだが
困るのはカミハーンであった

と言ってもGmailを使うことが主な用途であるから
デスクトップのような高スペックPCは必要ないので
しばらくこれでも
と今では骨董スペックとなったが
一応OSは7にアップグレードしていたシンクパッド

しかし!
これも突然不具合が!
エラービープ音

ビープ音のパターンで何の不具合かが予想出来る
多分、システムボードだ
終わったな

というわけで、復旧を試みる
まずは10にしてすぐに作った回復ディスク
が、回復出来ない
何度やってもループする

次、HDDに作ったイメージディスクからの復旧を試す
EFIで作ったからダメだ、だと?
うちはBIOSしか受け付けませんぜ~
って、いやいや、なんや知らんけどBIOSマシンの本機種で
イメージディスク作りましたやん!
これも、以後、この繰り返しでループ

セブン時代の修復ディスクか?
えーと、完全にこれはスルーで

次、最後の手段、リカバリーディスク
工場出荷状態に!
お、プロセス進行!
100%達成!再起動!

HDDにOSはないとの表示が…

え?ひょっとして10にした時点でセブンのOSは完全消去??
工場出荷状態には戻らないの?

2回試しましたが、同じことのループです

困ったなぁ…

ダメ元でセブンから10に無料アップグレード出来る時に
作ったクリーンインストール用のディスク

なんか制限かかりそうだけど
これでインストール出来たりしないのか?

フィーーーーーーーーン
お!なんか知らんがインストール画面が起動開始!

というわけで復旧作業は足掛け15時間掛かって完了です
その後のアプリ再インストールやらもありましたが
なんとか無事、元の状態になりました


[PR]

by mizkichi | 2017-09-09 22:33 | @life
2017年 09月 07日

カウンターアソールト・ストロンガー

久しぶりに熊撃退スプレーの類を購入

10年以上前から北海道へ釣りに行くようになって
現地のアウトドアショップで類似品を購入したが
使用期限が過ぎてからは再購入をしていなかった

久々、北海道へ単独釣行行ってみるかなぁ~
と考えたら
やっぱ必須でしょ
と思い立って購入

今回は正規の(笑)熊撃退スプレー、カウンターアソールト
しかも通常よりも噴射距離、時間が強化された
ストロンガーをセレクト

まぁ、使うような事態にならないようにしたいけど
いざ、そういう場面になったらきっと焦って射程距離に到達する前に発射しちゃいそう…

だってそうでしょ!
日常生活でそんな目に遭う機会ないし
生きるか死ぬかのシチュエーション
冷静に対処出来るかどうか…
毎日が死ぬか生きるかの修羅場だらけのガンマンならいざ知らず…

だったらなるべく長距離に飛びそうなものを!
ということでノーマル製品よりも多少お高いですが
本製品を選びました

熊撃退スプレーは数々あり、カナダの森林レンジャーが採用しているものだとかもありましたが
ストロンガーが一番噴射距離が長いようです

業務委託先で貸し出されるノーマルのアソールトはよく手にしてたので
使い方はなんとなく知ってましたが
今回、購入と共にセットで付いてた取説書類を熟読してみました

やばいですねぇ…
本製品はなるべく縦置きにしておいた方がいいようです
保管時なんかは特に!

これは知らなかったなぁ

いざという時、不具合発生判明
なんてことは嫌ですね、その時はもう修羅場だし

取説を目にしたのは初めてだったので
読んでみて良かったですね
水にさらすのも良くなさそうですね
よく川の水に濡れてたけどw

使用前に少し発射しないとですね
少し勿体ない気はしますが
本番で出なかったらヤバいですしね

以前、購入した類似品は購入後、すぐに発射実験をしましたが
ちゃんと発射しました
しかし、消費期限が過ぎて全発射を試みた中のガスがほぼ無くて
赤い汁しか出てきませんでした
消費期限内でこれだと怖いですけどね

あと、体験談も書いてありました
リアルな感じですね
いざという時!
やっぱ熊の遭遇に慣れている人でも緊張感はやっぱあるようですね

自分は20年以上この仕事をしていますが
熊についてはまだ威嚇の声を聞いたり、糞、足跡等のフィールドサインは見たことあるものの
生体はダム湖を泳ぐ個体を遠くに見たという経験でしかありません
(この先も見たくはないので、遭遇しませんように!)

お守りとして持ちたいと思います

[PR]

by mizkichi | 2017-09-07 12:07 | @gear