<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 15日

セッション

e0098223_23105834.jpg

前評判で観たい候補に「バードマン」があったが、
ヤフーのクチコミ参考で昨日は「セッション」に変更。
多分、正解だった。

予告を観た時は是非観よう
と思っていたのにスッカリ忘れていたが
よく行く映画館では先日の土曜から上映開始されたので
昨日の「トーフォーの日」に観てきました。

一流ジャズドラマーを目指し、名門音楽学校に入学したニーマン
そこで超完璧を求める教師フレッチャーとの鬼レッスンが始まり・・・。

フレッチャーのレッスン、予告編で観てましたが
これがすげぇのよ、ダメ出ししまくりで。

そのやり取りを見続けるとなんか息するの忘れてしまいそうなイキオイで、
イーーーって感じになりました(笑)。

ネタバレなるから内容は書かないが、
ジャズはよくワカランから
なんて言うアナタ!
私もジャズの真髄なんてわかりませんよ。

ただ!ジャズを聴くのは好きです。
そんな人なら大丈夫ですよ!

ビデオになったら観よう
なんてアナタは是非劇場へ足を運んで観たほうがいいです!
それもあんまり大きくない会場のほうがいいと思います。
そのほうが臨場感あります。
席も7列目位がいいでしょう(館内の傾斜にもよりますが)。
ネガティブコメントにミュージックビデオだ
なんてのがありましたが
こんなこと言う人は何を観てたのか?
あと、演奏が長いとかね。
ぜーんぜん感じません、
むしろ必要な長さでした。

平日昼間というのにかなりの人が入っていたのは納得の作品でした。

評価:A
[PR]

by mizkichi | 2015-05-15 23:12 | @movie
2015年 05月 14日

ホテルアジアの眠れない夜 蔵前仁一

e0098223_1115320.jpg

1989年発行だが、1993年に刷られたものを購入している。
デッドストック22年(笑)。

筆者が旅先で面白かった体験をエッセイで綴っている。

今まで読んできたものとあまり変わらないが、
インドとかへバックパッカー旅行したことがある人なら

「あるある~」

で楽しめる作品。

最初に発行された年に私もインド旅行へ行ったことがあるので
私も体験したことが書かれていたのがリアルで面白かった。

なんでストックしたままだったのかなぁ(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-14 11:21 | ♪book
2015年 05月 10日

メダカ孵化ラッシュ

昨年の晩秋
新潟に行った際、採集してきたメダカの産卵孵化がラッシュを迎えています。

最初に発見した頃の卵は白くカビてしまったものばかりで

もしやオスがいなくて未授精卵なのでは?

と思ったりもしましたが
その後、成長している卵を見つけたので一安心。

ではなんですぐカビてしまう卵が多いんだろう?
水か?

と思う間もなく、以後、次々とまともな卵と孵化した稚魚を発見。

いつもはこのまま放置してるのだが
多分、親に食べられてしまうのか
どうにも稚魚の生存率が低いので・・・

今回は保護することにしました。
e0098223_23454842.jpg

とりあえず20匹位保護しました。
卵の塊も幾つか見つけので
(なぜかアオミドロに産み付けてあるのが多い)
全部孵化したら50匹近くになることを考えると
この水鉢は小さすぎだよなぁ。

小さくてもメダカ特有のフォルムですね!
e0098223_2343311.jpg
[PR]

by mizkichi | 2015-05-10 08:00 | @animal
2015年 05月 09日

ダークホース

e0098223_23103219.jpg
トッド・ソロンズファンの妻が借りてきた。
リクエストを聞かれた時、観た後、楽しい気分になるものを!
と言ったのに・・・。

大人になれない今時いそうなパラサイトシングルの生態をシュールに描いた作品。
タイトルの「ダークホース」は主人公を指すが、これが皮肉タップリのソロンズ流。

出来の悪さを認めたくないワガママ放題の主人公の最後は哀しく終了。

作品の面白さはおいといて、
自分の観た後の気分としての後味は微妙・・・
俺も色々持ってるなぁ(笑)。

評価:B-
[PR]

by mizkichi | 2015-05-09 23:16 | @movie
2015年 05月 07日

旅する力 深夜特急ノート 沢木耕太郎

e0098223_12152446.jpg

2008年発行
7年近く寝かしていた作品。

バックパッカーのバイブル、「深夜特急」作者の沢木耕太郎氏の
「深夜特急」の元になったユーラシアでの旅をするまでの自身のライターとして活動エピソード、
発刊後のエピソードなどが書かれている。

たとえるなら
「深夜特急」が映画本編で
本作品はパンフレット、解説といったところだろうか?
なので、「深夜特急」を読んでいないとこの作品はあまり意味がわからないだろう。
(読もうとする人にそんな人はいないと思うけどね)

パンフレットって昔は見に行った作品はだいたい購入してたんだが
あんまり内容読んでないんだよなぁ。
多分そういう意味で読んでなかったと思われる(笑)。

「深夜特急」ほど、どんどん読みたい
という内容でもなかったので、
寝る前の読書で少しずつ読み進んでみました。

で、読んでみて自分にとって
ここは!
と思った箇所。

第五章 旅の記憶
旅には適齢期というものがあるのかもしれない

10代には10代の旅、20代には20代の旅
30代には・・・というように
40代で20代の旅は出来ないというように
それぞれの年齢に相応しい旅というものがあるということ。

なるほど、自分は今40代だが、
20代にしていた旅をしたいなぁ
という情熱がなくなっているのは普通のことなんだなと思った。

行きたいと思った時が旬!
時間が出来たら、お金が貯まったら、ではダメなんだなぁ。
とはいえ、その二つの問題をクリアして旅を実行するのは相当大変なハズ。
特に社会人になっちゃうと。

終章 旅する力
韓国版刊行にあたってのあとがき
大事なのは「行く」過程で、何を「感じ」られたか。
勿論、目的地に辿り着いてから色々やることも楽しいけども
辿り着くまでの過程の方が人に話すエピソード満載な気がする。

それと旅はもう一つの学校、ということ
入るのも自由なら出るのも自由な学校
教師は世界中の人々、教室は世界そのもの。
「旅に教科書はない。教科書を作るのはあなたなのだ」
かーっこいいこと書いてますね!(笑)

読んだ瞬間、確かにそうだ!
と思った。

この部分だけでもいずれは社会へと羽ばたいていくであろう
若者に読ませたらいいな
と思ったが、
だからといって社会復帰出来ないようなドロップアウトされる懸念もあるので
あくまで自己責任でお願いします(笑)。

本作品も中古では1円からあるようだが
「深夜特急」全巻は当人に買わせて、
その後読むように
とまだ学生の若者にプレゼントしたいものだ。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-07 12:43 | ♪book
2015年 05月 07日

旅ときどき沈没 蔵前仁一

e0098223_1212596.jpg

1994年発行
バックパッカー旅行をするようになってから興味を持った作家 蔵前仁一さんの作品
恐ろしいことに20年間家で寝かしていたことになる(笑)。
(蔵前仁一さんの作品は90年代前半に色々買っており(まだ読んでない本多数(笑))
まだまだデッドストックがあるので、これから順次紹介(笑))

最近はバックパッカーしてないので
はたして今読んで面白いと思うのか?
と思って読んでみた。

旅で出会った不思議な人や変わった人とのエピソードのショートショートなので
途中で読み始めてもやめても全く大丈夫。
とはいえ、逆にそれが仇となって読むのを忘れるとずっと忘れることになる(笑)。

まぁ、正直、自分にとっては今読んでもなんだかなぁな内容であった。
バックパッカー旅行をあまりしなくなったからか?
と思ったが、
そのあと、一度読んだハズの「ゴーゴーアフリカ」を軽く読んでみたら
結構中身に入り込めたのでそんなことはないなぁ。

中古市場では1円で販売されている。
ということはブックオフしても戻ってくるな(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-07 12:10 | ♪book
2015年 05月 07日

少しづつ読書をすることにする

元々読書という行為は苦手
でも読み始めて面白いなぁ
と思うとまぁ普通に読書は出来る人、なのだ。

というわけで、
書店の平積みで少し読んでみて
お!これは面白い!
と購入した本は数知れず。

しかーし
購入したことで満足し、「積読」状態となった本多数。

先日の引越で、あまりにそのような本が多いことで
ちょっと反省。

旬の過ぎた本(購入した当時の気持ち)はなかなか読めず
だからといって読まないでブックオフするのは人としてヨクナイ気がする。
(と言いつつ、先日、読むこと断念したあるハードカバー、ブックオフしたが売れずに戻ってきました)

で!

今後、今ある本を読まないと本は買っちゃダメ

というルールを自分に課し

今ある本を少しずつ読んでいくことにした。

とはいえ、旬を過ぎた本はその世界に入っていけないこともある。
そんな本を無理して読んだところでなーんにも自分のためにはならないので
少し読んでダメだな
と思ったら容赦なくブックオフだ。

では、面白かった本はどうするか?
もう1回読むか?
というと小学生ならともかく
漫画ならともかく

まぁ、読まないね(笑)。

どっか長期の外国旅行に行けば繰り返し読めるけど
そんなことも近い将来はない。

となると、意味なくキープしてしまいがちになるので
どういう風に面白かったのか
のみを備忘録としてブログにまとめた上で
ブックオフすることにしよう。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-07 11:55 | ♪book
2015年 05月 04日

ワイルド・スピード スカイミッション

e0098223_23244510.jpg

シリーズ通算7作目
W主演の一人、ポール・ウォーカーの遺作となりました。

この手の映画はそんなに好きな感じではないので
わざわざ映画館で観る
というものではないが
まぁ車好き
ということもあって今作は映画館へ足を運びました。

過去作品はというと・・・

1作目:確か国際線の飛行機の中で見たが、どこへ行った時なんだろう?
2、3作目:テレビ放送
4作目:う~ん、見たかなあ?と思ってあらすじを読んだらなんとなく覚えているので観たんでしょうね(笑)。
5作目:内容はともかく、名古屋でレイトショーで観たことは覚えている。近くの視聴者が最悪だったから(笑)。
6作目:どこで観たかなぁ、
観た映画全てをブログに書いてるわけではないのでどこで観たか覚えてないが
どっかで観たことは覚えている(笑)

とまぁ、どの作品もこの程度の印象しか残っていない映画なんですが
観ている時は結構楽しめるのですよ(笑)。

今作も目新しい内容は特になく、
各個人の活躍も
全部入れないと!
的な感じで結局薄っぺらい印象がありました。

今作のサブタイトルはスカイミッション
前作がユーロミッションでしたから
空中戦か?

思いきや、
まぁ、空から車ごとダイブっつーことで
ただそれだけです(笑)。

そのシーンが終わればスカイは終了~。

とはいえ、相当お金は掛かってんでしょうねぇ。

他にもどこまでがCGなのか?
あれが全部ホンモンだったら凄いことですよ的なシーンが満載!

ポール・ウォーカーもどれかは弟が演じていて
顔をCGで変えている
ということらしいですが
ぜーんぜんわかりませんでした。

そういった素晴らしい技術の集結した作品でありました。

いやはや
それ以上に2015年は注目作品が目白押しですよ!

マッドマックス4→ついに!でもマックスはさすがにメル・ギブソンじゃないんですな。さすがに遅すぎ。
ターミネーター5→こちらはシュワちゃん帰ってきます!が大丈夫なんでしょうか?老体型ターミネーター?
ミッション・インポシブル→なんと5作目公開です!
一番良かったのは1作目ですが、なんか観に行っちゃうんですよね。トム・クルーズ頑張ってます!
ジュラシック・ワールド→そんなに好きではないが、まぁ、時間あったら(笑)
スター・ウォーズ→年末のお楽しみ?

まだまだ色々ありますが
直近で観に行こうか思っているのはキタノ作品です。

ではまた!
[PR]

by mizkichi | 2015-05-04 23:36 | @movie
2015年 05月 01日

ランクル70 電磁ハブロックは完全にオワッタ

ナナマルの電磁ハブの不具合
一番簡単なのはディーラーでパーツ取り寄せて交換して貰う
という方法なんですが、
片側5万で両方で10万、プラス工賃。

稼ぎの少ないオイラには結構痛い金額だ。

自分でなんとかならないか?
ということでネットで調べました

で、なんだか出来そうな気もしたが、シロートには肝心なとこがよくわからない
なので、不具合生じてからだいぶ引っ張ってしまいましたが、
いよいよヤバい感じになってきたので
シロート整備でどこまで出来るか
ということで以下に記録していきたいと思います。

最終的にはディーラーお任せになるかもしれませんが・・・(笑)。

・・・14万キロ位走った頃から懸案事項となっていた我がナナマル君の電磁ハブロック

不具合の要因は中に組み込まれている金属ブラシの摩耗
ということは予想されていた。

最近再販されたナナマルと後期型についているオートフリーハブというものは大丈夫そうだが
リーフサスのナナマルに付いていた電磁ハブはいずれ壊れることで有名だった。

新車で購入当時、マニュアルハブの選択肢もあったのだが(しかも安くなったのに)
まぁ、車外に出てやるのも面倒だよなぁ
で普通に電磁ハブを選んでしまったのがそもそもの失敗の始まりだな(笑)。

ハブロックのスイッチを押すと点灯ではなく点滅となり、
それはハブがロックされてない
という事を示していたのだが、少し車を前後させることで点滅は点灯に変わり、
ロックされるという
そんな状態であった。

4年位前の車検でハブを分解点検してもらった際
左に不具合が生じているが
右がロックされることで一応四駆にはなる
という話だったので、
まぁいいかとズルズルそのまま走らせ続けること2015年。

そして18万キロも超えた最近、
いよいよ通常の走行時でハブロックのインジケーターが点滅しっぱなしとなってきたので
右も具合が悪くなってきたんだろうなぁ
いよいよ何とかしないと

不具合が生じてから電磁ハブはネットで調べたところ自分で何とか修理出来そう
という気持ちにはなっていたが、
当時、金属ブラシとして代用する電工ブラシがどういうものかわからず
(最近、電気丸ノコを貰い、やっとどういうものかが判明(笑))
分解しちゃってやっぱ無理となった時はどーすんの?
ということもあって躊躇していた。

しかし、まぁ、とりあえず分解出来る道具は持ってるわけだし
ちょっと分解してみっか
と昨日分解してみました。

分解にはまずトルクスレンチというものがいります。
六角レンチに似てますが、その部分が六角ではなく星形なんですね。
以前、ハードディスクを分解するために購入したのか
ちょうど持っていたのはよかったです。

まず確実に不具合が生じている左側から。
一番前面にあるパーツを固定している6本のネジ(トルクスレンチを使用)を外し、こびりついてるガスケット
(水が入らないように金属パーツとの間に挟んである薄いシートです、用途としてはOリングみたいな)
が破れないよう、マイナスドライバーでソフトにこそぎながら外そうとしますが・・・
e0098223_10425234.jpg

あれ?なんかバネみたいのが?

ネットで見た分解パーツとなんか違います。

それにしても内部はサビサビであることが判明しただけでも驚愕の事実です。

不安になり、右側を分解してみることにします。
e0098223_10463853.jpg

右側は普通に外れ、外した状態もネットの記事で見たとおりです。
e0098223_10473562.jpg

今のこの状態はハブロックされていない状態みたいです。
こいつの真ん中にあるリングを手で回すとその下についているバネに押されて
こんな感じになり
e0098223_11224532.jpg

中のハブとかみ合うことでハブがロックされる
ということが理解出来ました。
e0098223_10495496.jpg

ネットで見た写真のとおりで、4本のナットを外し、ハブについているスナップリングを外せば
電磁ハブ本体が外れるような気がしました。

右側を見たことで左側が今どういう状態なのかが予想出来ました。

ハブロックされたままになっている・・・


ロックされたまま戻ってなかったということです。

おいおい、4年位前だけど、ディーラーで調べた時もそうだったんじゃねぇか?
だから左が動いてなくても右がロックされて四駆になると。
ということはずーっと左はロックされてたままっつーことは
デフも動いて?
なんか最近燃費悪いなぁと思ってたが、これか?

ディーラーの整備は当てにならないことが多いです。

ワイバーゴム交換しときました。
ん?サイズ違うやつじゃ?
あれ、これちゃんとしたサイズじゃなくてゴムを途中でぶった切ったやつじゃね?
おいおい、サイズがないならオートバックスでサイズが合うのを自分で購入しますがな!

フロントガラスのひびの修理
治りましたので取りに来て下さい!
はーい、っと、あれ?どこが治ったって?
てゆーか、前よりひびでかくなってるやん?
ガラスは全とっかえで。もちろん費用はディーラーで。

全てのディーラーがそうだとは思いませんがね。
多いのはフロントと整備との温度差。
フロントで色々質問しても全然答えられず、整備に聞いてきます。
だったら自分で聞くがな。
フロントさん、車好きで入社してるんだからもうちょっと車の勉強してよ。

で話は脱線しましたが、
右側は捻るとバネが伸び縮みしたので、
じゃあ左側も捻れば戻るのか?
で戻す方向に回したら・・・
e0098223_1124113.jpg

あれ?バネ切れちゃったよ!
e0098223_11242913.jpg

左側が正常な状態で右側が異常な状態です(笑)。
左側を見ると・・・
e0098223_119216.jpg

もう電工ブラシを加工して・・・
とかいう問題じゃなく、完全に左側の電磁ハブはオワッテいます。

なんだか歯のかぶせものを外したら中は虫歯が超進行
そんな感じに思えました。

ということでしばらく眺めたあと、再び蓋をすることにしました。

エンジン始動、ハブロックインジケーター点滅!
ハブロックスイッチオン!4WDスイッチオン!
やっぱり一応四駆にはなります。
明らかにハンドル重くなりますもん。
ジャッキアップしてスイッチオンオフで前輪はオンにすると空回りせず、
オフにすると空回りするので、この点からもハブロックのオンオフは効いている
と思います。

しかしなぁ、どうっすか。
電磁ハブは高ぇし、下回りをみると他も色々そろそろきそうな感じ・・・。
一番安く治すのはマニュアルハブにすることだと思うが
それには電磁ハブを留めているスタッドボルトを外さねばなりません。
でもこれってどうやって外すんですかね?
ネジって普通レンチだとかかます頭があるのですが
スタッドボルトにはそれがありませんよ・・・

ということでシロート整備は続く・・・

2017年1月1日追記
最近、この記事が読まれているようなので
やはり電磁ハブロックの不具合が気になる人多いんだろうか?
というわけで現在の状態を追記。

結局この状態のまま走行距離は194500kmを突破しました。
もうすぐ2回目のタイミングベルト交換時期が来ます・・・。

4WDシステムはとりあえず問題ないようで
昨年11月の関東大雪の際にも新雪の河川敷を問題なく走ってくれました。

スタッドボルトは更にナットを入れることでそれが下のナットのロックになるので
下側のボルトをレンチで回すことが出来るということで。
でもやってませんw

問題はグリスですね。
黄色いグリスは特殊なもので電気を通すことが出来るグリスのようです。
買うと高いんですよ、少しでいいし、これにしか使い道ないのに・・・。

というわけで現在、未だこのままです。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-01 11:27 | @gear