<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 29日

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

e0098223_22504830.jpg

2014年最後を締める映画として本日観てきました。
実を言うと2回目なんですが(笑)。

というのもレイトショーで見に行こうと思ってたら
レイトショーはやってない

では少しでもお安く
ということで前売りチケットを購入してから
先週木曜に観に行ったのですが!

なんと財布に入れたハズのチケットがない!

マジか!

ぴあで貰ったチケットケースに入れたままだったか?
あれなら捨てたぞ!

しまったー(泣)

・・・

しゃーない、時間を無駄には出来ぬ
ということで正規料金を払おうとチケットマシーンに
シネマイレージカードを入れると・・・
ポイント貯まってて無料で見れる・・・
う~ん、まぁ、結果オーライか

ということで、まぁ、とりあえずは無料で見たのですが

あったんです、チケットは家に
財布から出した領収書やらと一緒になってポイっと

ということで2回目本日観に行ったとですよ
まぁ、とりあえず違う映画館で

内容は勿論つい最近観たので良~く覚えていました(笑)
でもそんな2回目でも最初のオープニングは感動サブいぼ発生(笑)

宇宙戦艦ヤマトは小学生低学年の時に
確か日曜日の朝放送していて
観たり観なかったりだったのですが
再放送でちゃんと最後まで観たような気がします

去年、2199を初めて観た時は
あまりに綺麗過ぎるヤマトに違和感を覚えましたが
まぁ、そんな違和感は知らぬ間に解消され
毎週の放送が楽しみになったなぁ
BGMが当時と同じだったのは良かったですね

で、映画はイスカンダルからの帰り道での出来事のお話
ガトランティスに襲われるんですよ、あの白色彗星の
でも、白色彗星は出てこないんですよね
次の映画版かなぁ、楽しみだなぁ

ということで評価は「B」です
[PR]

by mizkichi | 2014-12-29 23:12 | @movie
2014年 12月 24日

「腐海」解体

今日はクリスマス・イブ

ラジオはクリスマスソングのオンパレード。

年々クリスマスなんかカンケーネー
という感じになってきてるが
ゴーインにクリスマス気分にはなってくる。

さて、先週木曜から始まった引っ越し作業は今日で7日目。

ワタクシの荷物エリアは小山のようになっており
カミさんには「腐海」と言われておりました(笑)。

そんな「腐海」は昨日よりようやく解体され始め
(というか周りに分散、という感じも・・・)
昨晩からコクピットでのパソコン作業が出来るようになりました。

今年中には何とかしたいところです。
[PR]

by mizkichi | 2014-12-24 09:21 | @life
2014年 12月 20日

人は 自らの行いに恐怖した

搬出搬入に丸2日かけて引っ越しは何とか終了。

と言っても今日はカミさん一人で引っ越した後の部屋の掃除と鍵返却。

ワタクシは昨日の夜から仕事で出張先に来てしまっています。

スミマセンなのだ。

ということで部屋最後のお別れは昨日のうちに済ませました。

荷物を搬出しているとマンション敷地内の植栽の樹上から
ヒヨちゃんの激しい鳴き声が聞こえました。

「引っ越しちゃうの?引っ越しちゃうの?マジで?冬の食糧どーすんの?」

とワタクシには聞こえました(笑)。

いやぁ、すまんねぇ。
自力で頑張ってくれい!

それにしても荷物の搬入搬出に丸2日もかけたことは1度も無かったのに
どういうことなのだ!

一番の原因は事前準備が全然ダメだったことに尽きます。
引っ越し前日までほとんど箱詰め作業をしていなかった。
段ボール箱の用意も20箱程度って・・・
少なすぎやろ!

学生の時、引っ越しバイトをよくやっていただけによくわかります。

そんなオレなのに!

ハッキリ言って過信でしょう。

どんなにデカい家の引っ越し作業でも1日で終わります。
規模によってはそれなりに人員をかけますが・・・

それにしてもだ!

いやぁ、繰り返すけど過信だね。
慢心とも言える。

超反省、猛省である。

そんな引っ越しは大変な作業だったけれども
定期的に実施することは大事だと思いましたね。

ワタクシ、ものすげー量の荷物を持っていた
と今回の引っ越しで実感し
こんなに持っていてはいかんな、
とつくづくツーカンしました。

何しろ本が多すぎる、と思いましたね。

いや、世の中にはもっと本持ってる人確実にいますし
世間的な平均からみたらあんまし変わらない
いや少ないほうかも、とも思います。

が!

ワタクシ個人的には!
という話であります!

箱に詰めてみると、もうそれだけで嫌になるし
ましてやそれを運んだりする作業にかける労力と時間
これはすごい勿体ないことです。
人生の時間は無限ではないのです!

だいたいそれらの本をぜーんぶ把握してるのか?

ノンノン

未読の本も多数ありました。

発売と読むスピードが追い付かなくなってからは後生大事にキープし、
いつか読む
と思っていた「シンラ」「ナショナルジオグラフィック」
前回の引っ越しからでも、結局、ずーっと手つかずでした。

というわけで今回は

捨てで!

というわけでついに捨ててやったぜぃ(笑)。

捨てる位ならブックオフに

なんて言ってるからどんどん貯まる。

小説、エッセイも2回は読まないな
と思ったらもう迷わず捨てですね。
中身を覚えてないなら猶更。
印象にも残らなかった
ということですね。

今回の引っ越しでつくづく思いました。

とうわけで、どっ散らかった新たな引っ越し先では
本の断捨離作業を敢行せねばならないのですよ!

段ボール箱は30箱位は用意したと思うけど、
ぜーんぜん足りずで、
ピストン輸送で引っ越し先で中身を出して
空箱を持って行く

なーんてことしてたから
もう時間がかかることかかること。

カミサンには散々罵られました。
そのたびに口論発生。

すまんかったねぇ。

引っ越し中も疲労と怒りでどんどん無口になってくのわかったからねぇ。

すまんかったねぇ。

多分延べ100箱は運搬したんじゃねーかなぁ。

それ以外にも机やPC、ラック、ソファ、オーディオ・・・

CDもものすごい量あるけど、俺、アイポッドに入れてるよね?
アイポッドに入れた曲でも1度として聞いてない曲って多分あるよね?

CDの選別、断捨離も必要だ!

新しい入居先は収納も少ないので
荷物整理には丁度いい機会なのだ。

理想はバックパッカー的な装備一式のみになる

だけど、まぁ、それは無理だけど(笑)

理想も持てばそこにはきっと近づく!

ということを信じて頑張ろう!
[PR]

by mizkichi | 2014-12-20 20:47
2014年 12月 17日

引越 vol10

世間は年末でクソ忙しい時期だというのに引越し。

今年に入ってからは機会があれば引越ししよう
と思っていたが、なかなか気に入った物件も無かったので
あんまり真剣には考えていなかった。

ようやく引越ししてみようかで、
先月末に内見に行ったのだが、
物件はうすら寂しい感じがしてあまり気のりはせず。

やめときますかぁ、と思っていた先で、内見予約をした部屋とは別に
その時空いてた部屋を内見したらば即座に気に入り
というわけで今月に入ってバタバタと引越し手続きをして
ついに明日引越しするのである。

前回の引越しからあと数か月で10年になるとこだった。

実家を出てから数えてみたら10回目、
学生ん時は毎年引越ししてたから
俺は引越しのプロだぜ
と結構サクサクと引越し出来てたが、
さすがにそうはいかない感じになってきている。

学生の時と違ってモノが多い。

まず本が多い。
と言っても小説だとかそういうのはあまり読まないので
仕事の本もだが、雑誌がとにかく多い。

本棚に入っていると大してない気がしたのだが
段ボールに入れたら軽く10箱を超えた。

運ぶことを考え、ギュウギュウに詰め込んではいないが
まだ5箱は増えそうなので20箱位になるのか?

引越しアルアルで
本を片づけてると
あれ?こんな本持ってたっけ?
的に読み始めたり、
キープか捨てかで吟味して読み始めたり
とかで一向に梱包作業が進まないというのがある。

なので、もうとにかく詰め込むのだ。

そうなってくると本だけで20箱では済まないな(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2014-12-17 09:29 | @life
2014年 12月 16日

ゲージツの冬

e0098223_22135371.jpg

昨日、開催最終日だったチューリヒ美術館展に行ってきた。

開催を知ってから行かなきゃ
と思いつつ仕事が忙しく、年末に行けばいいかと思いつつ忘れていた。

年末までじゃなかったよ(笑)。

一昨日、録画番組を見ていた際、たまたま番組頭にチラッとCMが入っていて思い出した。
録画番組はCM飛ばしちゃうので危なかったよ。

見に行け!というサインと思い
丁度仕事もキャンセルになっていたので昨日見に行ってきた
というわけ。

全74作品、2時間ほどかけて堪能。

本展のウリは門外不出と言われているモネの「睡蓮の池、夕暮れ」
チケットに写っている作品だけど
いやぁ、長さ6mの作品は圧巻だったねぇ。

モネ
と言えば積み藁の絵という印象がボクにはある。
柔らかく温かみのある色合いとタッチが好きだ。
「陽のあたる積み藁」と「国会議事堂、日没」のどちらか迷ったが
後者の絵葉書購入。

ゴッホ
原色を使ったギラギラとした野性的なタッチの作品が好きだ。
「サント=マリーの白い小屋」、どこか暑い国に行った時に見た風景を思い出すような
懐かしい絵。
絵葉書購入。

ホドラー
ぼんやりしたパステルカラーの作品の印象があったが
なかなかいいと思った作品が多かった。
「日没のレマン湖」は絵葉書購入を迷いました。

ヴァロットン
アルプスの氷河の風景は絵葉書で見ると実に写実的。
絵葉書購入、実に迷いました。

ムンク
と言えば「叫び」が有名
ですが、本展では「冬の夜」というムンクらしい作品が展示。
他に肖像画がも2点あり
実は肖像画が得意だったということを知った。
博士の肖像、絵葉書購入迷いました。

ベックマン
初めて見たが、力強いタッチが魅力的だった。
「マックス・レーガーの肖像」の絵葉書はマストで購入。
鼻が頑固そう(笑)。

シャガール
ファンタジーな絵を描く人なのか
と思っていた。
実はそうじゃなくてシャガールの哀しい心情を描いていた
ということがわかり印象が変わった。
そう思うと結構アリと思うようになった。

ダリ
気味悪い感じの作品ばかり
なイメージですが、ボクは好き。
「バラの頭の女」という作品が展示されていた。
意外と小さいカンバスに緻密な絵を描く人だったのね。
小さくて細かいから目を凝らして見入る人が多く
作品の前には人の山が絶えなかった。
絵葉書購入は最後まで迷いました。

ピカソ
知らない人はいないでしょう。
おかしな絵を描く人です(笑)。
いやいや、本当は絵を描くのが超上手い人です、当たり前だけど(笑)。
「大きな裸婦」という恋人がモデルになった作品が展示されていましたが
恋人はこれを見てどう思ったんだろうか
ということが気になりました。

他にもいろいろ気になる作品は多くて
充実した時間を過ごすことが出来ました。

マグリット
「9月16日」という作品が展示されていて
ボクは凄く好きだったんですが
絵葉書ありませんでした(悲)。
でも、3月にマグリット展が開催されるんですね~。
年度明けのご褒美で行かないと♪
[PR]

by mizkichi | 2014-12-16 11:15 | @life
2014年 12月 03日

東京駅にて

久々早朝までの徹夜仕事をした。
かなりダルいっすね~。
徹夜そのものは昔から苦手だったが
やっぱり今でも苦手だわ。

帰宅前、ホテルは昼まで延長で
寝ることは出来たんだが
眠いはずなのに爆睡出来ず、
途中何度か目が覚めんだよね。
もう寝る体力も低下で(笑)。

現地からバスで東京駅に戻ってきたが
修学旅行とかなのか?
中学生達が一杯ロビーにいるわけよ、
みんなデカイキャリーバッグ持って。
時代は変わり、皆さん手荷物どんどん増えてるんすかね?

[PR]

by mizkichi | 2014-12-03 23:13 | @life