<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

NZ釣行 エピソードⅢ(2)

Hurunui River
全体の旅行期間は2週間を予定していたが、
現地での移動時間や天候不良な場合も考えるとそんなに長いようでもない。
なので、現地で川を選んでる時間はもったいないので、
事前に行きたい川をピックアップしてから現地入りした。

釣行場所は過去2回同様、南島オンリー。
行ったことのある川、無い川を幾つか選び、あとは現地での天候次第。

午前中昼前にクライストチャーチ国際空港に到着し、面倒な税関手続き。
キャンプ道具や釣り道具を持ち込んでいるので、検査官によるが結構入念に調べられる。
過去2回は特に問題なかったが、今回はマテリアルを没収されてしまった。
没収品はCDC、羽毛の芯のカスがいけなかったようだ。
バルク品でたくさん入っていたのだが、その分カスも多かった。
ほとんど使ってなかったのに。
現地で使わないことにする、空港で預け帰国時に回収すると言ってもダメ。
いったい全体どういう汚染が考えられるのだ?
と訴えるもジジィの検査官は聞く耳を持たない。
現地で巻こうと考えていたので持ち込んだが、結局巻くことは無かったので持込損(笑)。
外へ出ると風が強くて時々雨が混じるといったあまり嬉しくない天候。
おまけに雹も降ってきて、一気に哀しい気分。

空港近くの安レンタカー屋で車を借り(日/NZ$41)、
市内の大型スーパーで当座の食料品、日用品を買い漁る。
釣具屋でライセンスとラバーソールのウェーディングシューズを購入。
ライセンス料は年々高くなっているようで(WholeでNZ$120)、
10年前は24時間、48時間、1週間と細かい料金設定があったが、
今はない。
ウェーディングシューズはフェルトソールが禁止なので日本からは持ち込まず、
現地購入の方が安いのが見つかるハズだと思ったが、そうでもなかった(NZ$140)。

とりあえず必要なものはひとまず揃ったので、まずは北へ向かうことにした。
行き先はHurunui River。

クライストチャーチ北部にあるWaiparaから上流部へ向かう。
その昔、N君に1度案内された川だが、
ことあるごとにその川の上流、Lake Sumnerアウトレットを勧められたので
気になっていた川のひとつ。
今回は湖付近でキャンプして釣り歩いてみようと思い行ってみた。

途中で見た感じでは以前と変わらぬ流れのように見えた。
e0098223_13403397.gif

しかし川へ降りて愕然。
Didymo汚染の川は事前に調べてあったが、行ったことのある川だったし、
そんなに酷くはないだろうと高をくくっていたがそうでもなかった。
e0098223_13414065.gife0098223_1342568.gif


失敗した!

しかし、ここまでの時間を考えるとすぐさま移動、
というわけにはいかない。
対岸の支流が清らかに見えたので、重い流れを横断。
ラバーソールは初めてなので、重い流れでの渡渉は少々緊張感があったが、
何とか横断し、1時間程釣り上がるも魚影はなかった。
水も河床も物凄く清らかではあったが・・・。

途中、キャンプするにはサイコーの場所があったことを考えると
ヒッジョーに移動したくない気分であった。
しかし、このDidymo汚染の川でマス探しに数日費やしたいか?

答えはNo。
撤収を決意。

時間はまだ15時を回ったところで日没まではまだまだ時間があった。

Hurunuiでのキャンプが無くなったので、予定より早めに北部へ進むことになったが、
そんなに距離は稼げないので、途中のDoubtful Riverを攻めることにした。

「疑わしい川」、ちょっと名前に不安はあるが、
幹線道路の反対側から流入している川だったのでアクセスは容易じゃない
→釣り人があまり入っていない
という思惑が選んだ理由。

しかし、対岸に渡ると砂地にはくっきりとウェーディングシューズの足跡が・・・。
しかも比較的新しい・・・。

その日はアクセスの下見にとどめ、釣りは明日にした。
釣行1日目は無駄足に終わった。
e0098223_13491015.gif
[PR]

by mizkichi | 2013-03-31 13:51 | @fishing
2013年 03月 22日

フラフラ日記2013vol.2(井の頭公園の桜開花状況)

本日、東京のどっかの基準の桜は満開になった、と聞いた。
史上2番目の早さ、らしい。

当然、今週末は花見で賑わうだろうね。
あとは天気ですね。
土曜はいいみたいだけど、日曜は・・・。

さて、井の頭公園の桜はどうでしょう?
e0098223_16413990.gif

8~9分咲きかなぁ?
といっても場所によっては全然だったりするので、
来週辺りもまだまだ楽しめるでしょう。

それにしても平日の昼間だというのに凄い人出。
働いてない人多すぎだねぇ(笑)。

今日は夕飯食った後、フラフラビールでも飲みながら夜桜見物してこようかな。
[PR]

by mizkichi | 2013-03-22 16:47 | @life
2013年 03月 20日

NZ釣行 エピソードⅢ(1)

3度目の正直
先月の頭、5年振りにNZ南島へ釣りに行ってきたが、
今回は3回目、
ということでブログタイトルもエピソードⅢ。

エピソードⅠ
釣行として初めて行ったのは2004年1月、
フライフィッシングを始めてまだ間もない頃だったが、
大学時代クラスメートだったN君がNZの大学で研究していた
ということもあって行ってみた。

当時の私はNZといえばフライフィッシャー憧れの地、
マス天国で大物が簡単に釣れる場所が沢山ある、
といったイメージしかなかった。

しかし、結果は散々。
南島を北から南まであらゆる有名河川を約1ヶ月に渡って攻めてみたが、
釣り技術の未熟さが結果に露呈。
Clutha Riverの深場で70オーバーの大物レインボーがヒットし、
15分以上耐えしのんだが
結局いなし方がわからず4度のジャンプでフックアウト。

そのうち天気が悪くて釣りが出来ないとホッとする自分がいた。

そんな散々な釣り旅だったが、最初の5泊以降、現地でテント旅に切り替えたので、
キャンプ旅行としては大いに楽しむことが出来た旅であった。

↓まともそうなテントで現地で一番安かったテント(NZ$169)
フライシートの内側の本体は総メッシュで少々寒い時も・・・
自立しないので設営が少々面倒だった
人にあげたので今見ると懐かしい
e0098223_173563.gif


エピソードⅡ
そして4年後の2008年4月、
前回の釣行からフライフィッシングが上達したわけでもないが
2回目の釣行にチャレンジ。

4月の中旬から2週間、キャンプ旅を敢行したが、
各地のキャンプ場で私以外にテント泊をする人は少なかった。
テント泊には季節が進みすぎていたようで、
フル装備でシュラフに潜り込んでも未明に寒さで目が覚め寝れなくなることはザラだった。

キャンプ場に着いてテントサイトを希望すると、
「オー!クレイジー(笑)」と言われたこともあった。

Lumsdenのキャンプ場ではこの季節にキャンプをするのか?
と聞かれテントサイト料金でキャビンを貸してくれたこともあった。
その時のベッドの寝心地は格別良かったことは今でも心に残っている。

肝心の釣りは、当時、ドライ一辺倒だった私には当然厳しい季節であり、
慣れないニンフィングや、ほとんどやったことがないウェットでの釣りを強いられ、
なんとか湖でグッドサイズのニジマスを釣り上げたが、
前回以上に総じて結果は散々。
加えて雨も多かった記憶がある。
Mataura Riverへ行った時は雨が続き、
いつかまた来たときのために、
と仕事なのか?と思うくらいあらゆるアプローチ箇所から川の写真を撮影しまくった。
しかし、マスの棲む川としてはお世辞にも良好な環境とは思えず、
今回の釣行で足を向けることはなかった。

↓ARAIのエアライズⅡを使用、前回は平気だった300のシュラフでは寒かった
e0098223_177724.gif


そしてその後も特別釣り技術は上達していないが、
今年の2月に2週間の予定で3回目のNZ釣行を敢行。

実は一昨年の2011年2月に3度目の釣行を計画していたが、
渡航前日にクライストチャーチで大地震が起こり断念していたので、
今回は少し特別な気分での釣行であった。

やっと行けた・・・。

とはいえ、着いてから行った2河川でNo Fishな目に遭い、
行くべきではなかったのでは?と後悔することしきりであった・・・。
[PR]

by mizkichi | 2013-03-20 17:23 | @fishing
2013年 03月 19日

フラフラ日記2013vol.1

e0098223_16372138.gif
早いものでNZ釣行から帰ってきて1ヶ月が経ってしまった。
2週間、釣れるか釣れないかは別にして毎日釣り歩いて満足したのか、
近郊河川はとっくに解禁しているのに、
未だ釣りに行こうという気持ちは高まっていない。

もっとも、解禁当初は私の好きなドライでの釣りは難しく、
ニンフ主体のイメージがあったり、
現地に着いたら強風に唖然としたりと、
あまりいいイメージがないので、
解禁してもスグサマ釣りに行く、
ということがないのは今年に限ったことではないけどね。

加えて今年は先日行った仕事先でついに自分も何やら花粉症の気配があった、
というのも山へ行く気分を億劫にさせているような気がする。

とはいえ、来月になったらまとまった仕事が入ることを期待しているだけに、
わりと暇な今月は釣りに行くべきじゃないかなー?と自問自答。

今日はこれから友人Tと飲みの約束。
今月は家飲みも含めると既に3回飲み会があったが、
あんまり収入のない時に限って飲みの誘いがある(笑)。
どのみち、Tには早く土産を渡そうと思っていたからな。

というわけで今日はこれから渋谷へゴー。

画像はNZのスーパーで必ず見かけるARATAKIブランドの蜂蜜。
[PR]

by mizkichi | 2013-03-19 16:40 | @life
2013年 03月 19日

2013年の春の訪れは早いねぇ~

e0098223_10393491.gif

約一月前、今年の冬は寒すぎなんじゃないかと書いた記事が懐かしい。
3月に入って強風吹き荒れる日が多くて、
せっかく暖かくなっても窓を開けられず困る日が多かったが、
今日は快適だ。

ベランダの掃き掃除も気持ちがいい。

近所の井の頭公園の河津桜が満開になってからはヒヨちゃんもあまり来なくなった。
花の蜜を吸っているのである。

メジロなんかも盛んに蜜を吸いに来ていた。
e0098223_10441470.gif


春が来たねぇ。

桜のほうは日曜には開花宣言がされ、
うちの近所の桜もちらほら咲き始めていた。

井の頭公園の桜はまだ一分咲といった感じ。
このまま暖かい日が続けば週末は結構いい感じになっているかもしれない。

話は変わって、
「ケロリン」の広告が印刷された湯桶、
その湯桶を作っている会社が破綻しちゃったそうです。
うちにも1個ありますが。

なむ~
e0098223_1048762.gif
[PR]

by mizkichi | 2013-03-19 10:50 | @life
2013年 03月 14日

最悪です

e0098223_1545246.jpg

ムチャクチャ花粉が放出されてます。
今まで大丈夫だったんですが、
ついに花粉症になってしまったよーで
鼻水が出まくってます。
[PR]

by mizkichi | 2013-03-14 15:04 | #MOBILEREPORT
2013年 03月 10日

黄砂が来たのだ→実は煙霧という天気の1種のようです

e0098223_13582730.gif

e0098223_13585926.gif

本日はオフなので、先日借りておいたビデオ「ウェイバック」を鑑賞をしておったのだが、
見終わった後は昼飯でも食って出かけようと思っていた。

昼飯作りで台所にいるとなんだか部屋の中が突然異様な明るさに包まれた。
窓の外を見ると

なんと空気が茶色い!

黄砂?
関東地方には本日未明に到達すると予測されていたが、
これほどとは!

慌ててベランダの洗濯物を室内に入れ、開けていた窓という窓をシャットダウン。

引きこもり決定なのであった。

それにしてもこれほどの黄砂を見ると
発生地では確かに空気が吸えないレベルと思えるな。
(と思ったら後日、これは煙霧という天気の1種と報道されていて、北関東からの土ぼこりだったようです)
[PR]

by mizkichi | 2013-03-10 14:09 | @life
2013年 03月 08日

吉祥寺界隈の有名人

e0098223_8595696.gif

今週の月曜から確定申告の書類作成をちんたらしていたが、昨日、ついに完成。
提出時間には全然間に合ったが、急ぐこともないので明日(本日ですな)提出することにして
吉祥寺界隈へ散歩に行った。

運動不足解消のため、特に予定が無いときは夕食の買出しもかねて
吉祥寺界隈へ買い物に行くことにしているが、
一昨日位から急に春めいてきたので、なんだか意味もなくテンションも上がる。

そんな上がったテンションで今月行く友達の家へのお土産にワインを買おうと
行ったパルコ地下にある「ジュピター」。

フロアにぎっしりあった食料品棚がスカスカになっていた。

規模縮小か?と思ったらなんと今月で閉店。
先月頭に覗いた時はいつもと変わらなかったのに。

どうもそのすぐ後位に閉店が決まったらしい。
やはり近所にある「カルディ」には敵わなかったか?

安くておいしい有機ワインが売っていて良かったんだけどなぁ。

というわけで、友達には有機ではないが
ワインコンクールで金賞受賞の安くて美味そうな赤ワインを購入。
もう1本は画像のワインで、来週の仕事先で飲もうと思って買った白ワイン。

「ダムゼルフライ」、
完全にラベル買い(笑)。

ダムゼルフライはフライボックスに忍ばせてはあるが、未だ使ったことがない。
こんなフライで釣れたらかなり嬉しいんだけど、なかなか使いあぐねるフライの一つ。

ちなみに「ジュピター吉祥寺店」では閉店セールで
食料品は全品20%オフ、酒類は10%オフです。

話は変わってようやく本題(笑)。
そんな吉祥寺界隈での散歩で良く会う有名人が二人いる。

一人は輪島功一、元プロボクサー。
吉祥寺駅までの近所及び井の頭公園で良く出会う。
大概ゴミ拾いをしていて、初めて会った時は嬉しさのあまり握手してもらった。
野球ミットのような肉厚な手だった。
最近は挨拶する位だけど。

もう一人は楳図かずお、漫画家。
あの一世風靡した「まことちゃん」の原作者だ。
ボーダーの長袖Tシャツを着ている姿が印象的だが、
この冬はオレンジ色のダウンジャケットを着ている姿を何度か目撃。

昨日は商店街をふらついてる所をすれ違った。
話しかけたことはないけど、
見かけると何だか嬉しい気分になる人だ。
[PR]

by mizkichi | 2013-03-08 09:49 | @life
2013年 03月 03日

スクラバウォッシュバッグ

e0098223_15221179.jpg

昨日一昨日は強風が吹き荒れ、
一昨日は外出で目に砂埃が入りまくりという目にあったので、
昨日はおとなしく自宅待機。

今日も寒いよなぁ、待機しちゃうか?(笑)

そんな昨日はのんびり確定申告の書類作りでもしようと思っていたが、
カミサンが朝から出かけたので
いない時にやろうと思っていたことを実行。

なんて書くと怪しい感じだが、
ナノクッスで洗濯する、ってだけです(笑)。

カミサンはやや化学物質過敏症の気があるので
うちでの公式な洗濯に使用する洗剤は純粉石鹸であり、
ナノックスみたいな少量でも強力な洗浄力をもつといった
今時の便利な洗剤は出先かカミサンがいない時でしか使えないのである。

とはいえ、ナノックスは実際問題匂いが結構キツイんじゃないか?
と自分も思うようになってきたんだけど・・・。

まぁ、実はナノックスはどうでもいいが、
携帯用洗濯袋スクラバヲッシュバッグでの手洗いをしてみる
というのが今回のテーマ。

旅先や出張先でちょっと洗濯したいなぁって時は多々あるが、
(おじさんなのでその日着た衣類の汗臭さは気になるのですね)
1回200円でコインランドリーを利用する様な洗濯量という場合は少なく、
せいぜいその日に着たTシャツ、作業着上下、パンツ、靴下程度。

ビジネスホテルで個室だったらユニットバスの中で手洗いもしくは足踏み洗いをしているが、
そうじゃない温泉宿とかだとなかなかやるのは難しい・・・。

コンビニ袋を利用して押し洗い、浸け置き洗いというのもやったが、
今回導入したアイテムはその進化系に当たるもの。

進化させなくてもコンビニ袋で十分だろって気にもなったが、
強度的な問題もあるし・・・、
なにより背中を丸めてコンビニ袋で洗濯、
なんて自分になんだかうすら寂しい気配を感じてしまう・・・。

そうそう行く機会はないが、海外でのキャンプ旅なんかでは
あったら嬉しいと思うんじゃん?

先日行ったNZではキャンプ場でシャワー浴びる際に石鹸で手洗いをしていたが、
どうにも限界があり、洗いきれない洗濯物は日々溜まり、
もう着替えがないとなってからコインランドリーを利用したが・・・、

コインランドリーも場所によっては$4もするような所もあったので、
バカには出来ないのだ。

NZに行く前に見つけてはいたので導入していれば良かった話だが、
ちょっと躊躇するお値段だったのでペンディングしてたんだよねー(¥5460)。

国内の主要なビジネスホテルでは200円でコインランドリーが利用出来るので
30回位使わないとなんだか無駄な買い物をした気になります(笑)。

いや!そればっかりじゃないでしょう!

ちょっとの洗濯物なら洗濯機なんか使わないほうがエコです!
それにこまめに洗濯すれば持って行く着替えを減らすことが出来る
→荷物の軽量化になるわけですね。

とまぁ、自分に色々理由をつけて先日ついに導入(笑)。

それにしても海外メーカーの製品のくせに
アマゾンUSAやアメリカ国内のアウトドアショップのサイトを覗いても
検索でヒットしなかったんだよなー。
もっとも、アマゾンからじゃないと送料が安い場合はないので、
こういった元々が安い品物はあまり直輸入の恩恵を得ることは少ないが。

見た目、作りはよくあるドライサック。
実物を見た瞬間、ORとかのドライサックでも良かったんでは?
と思ったのは俺だけではないハズだ(笑)。
e0098223_1530442.jpg

とはいえ、洗濯用なので普通のドライサックとは違うのだよ。
内部にシリコンのイボイボがある。
e0098223_15305153.jpg

ぶにゅぶにゅしてるか思ったら意外に硬い。
e0098223_15315624.jpg

このイボイボでこすって汚れを落とすらしいが、生地のことを考えるとほどほどがいいだろう。

洗い方はこのサック内に水3リットルと洗剤と衣類を入れて口を閉じ、
リリースバルブから中の空気を抜いて押し洗いというので、
ニット帽とバラクラバを洗ってみた。
30秒程度と書いてあるが、押し洗いの後はこのまま少し浸け置きしてみた。
e0098223_15342696.jpg


ちなみにサックの裏側は滑り止め加工されているので、
ぐりぐり手洗いをしても暴れることはない。
しっかし雑な作りだよなー。
e0098223_16322595.jpg


そしてサックを利用して数回すすいで終了。

サックの口を閉じるのは4回程度と説明があったが、
ちょっと水が出てくるような感じがあったので、
巻けるならもっと巻いたほうが水漏れの心配がない。

推奨衣類の量はTシャツ4枚程度ということなので、
洗濯量の目安は1キロ以下のようだ(Tシャツ1枚200g位なので)。

今回使用した洗剤ナノックスは30リットルの水に対して10ミリリットルなので、
使用する水量が3リットルなので1ミリリットルで大丈夫って考えると、
こんな容器に満タン入れておけば100回位洗濯出来ちゃいます(笑)。
(画像の容器は明治プロビアヨーグルトドリンクタイプで112ml)
e0098223_1665433.jpg

しかし、まぁ、ナノックスは匂いがきつくてオレにももうダメだ。

携帯する時、ネットの画像では手のひらサイズに小さく折りたたんだものを見かけたが、
折じわからの劣化も想定出来るので私は無難にロールすることに。
重量は公式には180gと書いてあったが、150gであった。
e0098223_16115539.jpg

HPを見るとバスの中で洗濯したり、色々な場所で洗濯をしているが、
すすぎが出来ないだろ(笑)。

以上、器材ルポでした。
[PR]

by mizkichi | 2013-03-03 11:05 | @gear
2013年 03月 02日

ダイハード ラストデイ(原題:A good Day to DieHard)

昨日は映画の日、
とりわけものすごく見たい、
といった映画は無かったがどうせ見るならば大画面で、
という条件から表記映画を選択。
e0098223_10591340.gif

当たり前だけどマクレーン刑事、
だいぶ老けましたね!

もうおじーちゃんですよ(笑)。

そんなおーじちゃんマクレーン、
毒舌パワーも大幅減少でした。
ピンチに陥った時に笑わせてくれる毒舌が好きだったんですがねー。

しかし、タフさは作品毎にアップしているようで(笑)、
今作品では窓やガラスを突き破るシーンが3回位ありましたが、
いずれも特に怪我ナシ(笑)。

敵キャラの魅力も薄かったねー。
もっと狡猾で観ていてコイツゥ!って思わせてくれないと
最後にやられた時に全然スッキリしませんがなー。
マクレーンがダイブしながらファックサインというのは良かったけどな。

それにしてもやっぱ1作目の悪役ハンスは最高だったねー!
もっとも1作目はブルース・ウィリスも映画ではほぼ無名だったから
(NHKで「こちらブルームーン探偵社」を観ていた人は知ってたと思うけど)
相当頑張ってたってのもあるから超面白かったんだと思うけどね!

そういえば1作目に対するオマージュなんでしょうか?
BGMに第9が使われていたり、
1作目でマクレーンが背中にガムテープで銃を留めて笑いながら降参の振りをするシーン
がありましたが、それを彷彿させるシーンがありました。

やっぱりダイハードはこれがラストデイ?
それはそれでちょっと哀しいね。
[PR]

by mizkichi | 2013-03-02 11:27 | @movie