<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 26日

「マネーボール」 & 「カーボーイ&エイリアン」

最近見た作品。

先々週、友人が「カーボーイ~」を観たいと言っていたので、
レイトショーで観ますか、
と、既に近所の映画館では上映してなかったので、
わざわざ遠くにある映画館に出向いたが、

やっぱり観たら後悔する作品なんじゃないかい?
で、チケット売り場で上映したての「マネーボール」に変更。

ブラッド・ピット主演、
プローモーションのために来日してたりしてたので、
期待はしてのだが・・・、

ガックリ。

期待ほどの面白さはなかった。
メジャーリーグ好きで、選手も色々知っている、
という人なら違ったかもしれないが、
ボクにはちょっと、
という感じだった。

アメフトとか、ルールすらよく知らなくても、
面白かった!
と思えるスポーツモノはよくあるが、
ちょーっと違う感じだったねぇ。

というわけで、
そもそも、わざわざ遠い映画館へ出向いたのは何のためだった?
ということもあって、
今週頭に「カーボーイ~」を観てきたが・・・、

良かったよ!期待してなかっただけに(笑)。

なんだか忘れていた西部劇の面白さの原点を見たような気がしたねぇ。

昔の西部劇では同じ人間で、無法者軍団だったが、
それがエイリアンに変わっただけ、
って感じか?

時代設定なんかなんだかわかんないし、
そもそもなんでエイリアン?
という説明もなし。

主人公(ダニエル・クレイグ)は謎の男だし、
エイリアンとの戦いが終われば去っていく。

街には嫌な権力者がいたり、その息子がバカだったりと、

もう、そこかしこに西部劇のテッパンが散りばめられてました。

字幕は大御所、戸田奈津子。

B級アクション万歳な作品でしたねぇ。
[PR]

by mizkichi | 2011-11-26 19:21 | @movie
2011年 11月 18日

免停かよっ!

先月、仕事先で運転していたレンタカーでやっちゃったよ。
速度超過違反で一発免停。

その日は長期出張の最終日で、
辛かったワンルーム生活からやっと開放される、
という日めでたい日だったんだけど、
別に浮かれてたってわけじゃないんだよ。

そんな日に有難くない手土産だったねぇ、赤切符は(実際には手元にくれなかったけどね)。

仲間と合流したその時のオレの体の輪郭は間違いなく破線だったね。

そして約一ヵ月後の先週、30日免停の行政処分の通知が届いたんだけど、
通知には講習を受講すれば免停日数が軽減されるとあったのよ。

罰金に加え、さらに講習費用が13800円、
迷うところだったけど、本日受講してきたよ。

受講場所は府中試験場、
朝の9時半から講義、実技、シュミレーション、試験、
終わったのは4時半。

受講者にいた若者は講義中、しょっちゅうアクビをしてて注意されてたけど、
オレも若かったらその口だっただろうねぇ。

実技は試験場のコースを講師を助手席に、残りの3人で交代で運転したんだけど、
一人、年配のおっさんの運転は普通に荒くれモンだったねぇ。

シュミレーションマシーン、
自分が免許を取得した頃にあったマシーンとは
比べ物にならないくらい、グラフィック映像が細かかったねぇ。
かえってその細かさに気を取られて、普通に実車を運転するより難しいんじゃないかな?

オレの隣にいた荒くれモンは普通にクラッシュしてたしねー(笑)。

そんな運転が難しいシュミレーションマシンだったけど、

なんとオレは百点満点だったよ。

後ろから講師の人が近寄って来て、
満点取るのは凄く難しくて、オレは3人目だと言われたんだよね。

ちょっと嬉しくて照れ笑いしちゃったよ、いい年こいて(笑)。

結局、あの荒くれモンも含めて、
受講者は全員、1日免停で済んだんだけど、
まだ罰金の金額は決まっていないんだよね。

それはまた後日に出頭通知が来て、そこで決まるらしいんだけど。

聞いた話で、指定されたボランティア活動をすると減額される、
なんてのがあったけどホントかなぁ?

体で払うから罰金はナシにしてくんないかなぁ。

体で払う、って言ってもエッチなのはナシだけどさぁ(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2011-11-18 23:46 | @life
2011年 11月 17日

オイカワのやろう、釣ろうと思うと釣れない(笑)

e0098223_1844932.jpg

先週、青森での仕事を終えてから急にテンションが上がらなくなった。

なんかよくわからんが、何をやってもテンションがあがらない。

枯葉がハラハラと落ちるのが妙に物悲しい・・・、
なんてことはないんだが(笑)。

まぁ、上がらないもん、無理に上げんでもいいわ、
で過ごしていた今日この頃ではあったが、

仕事が少ない時期だし、ちょっと勉強しておくか、
で水草の勉強でもしようと物色しにいった先でテンションの上がる本を発見!

「フィールド版 昆虫ハンター カマキリのすべて(岡田正哉 著 トンボ出版)」
http://www.amazon.co.jp/%E6%98%86%E8%99%AB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6-%E5%B2%A1%E7%94%B0-%E6%AD%A3%E5%93%89/dp/4887161174

えーっと、水草の本じゃなーい!

日本で見られるカマキリの種類とその生態とかが書いてある本、昆虫の本です(笑)。

日本には12種類もいるみたいだが、僕はそのうちの4種類しか見たことがない。

小学生1~2年生の時は自宅で飼育する位ハマッていた。
カマキリはその姿と仕草で、オカンによく気持ち悪いと言われていたが、
かまわずよく飼っていた。
卵を机の引き出しに入れておいて、知らぬ間に羽化しちゃって部屋中ちっちゃいカマキリだらけ、
なんていうベタなこともやらかしてオカンに怒られたこともあった。

小学生の時以来、虫かごで飼う、ということはしていないが、
大人になった今でも見つけると嬉しくなる。

地域性もあるのかもしれないが、
小学生の時によく捕まえたのはチョウセンカマキリで、
樹上性のハラビロカマキリは少なくて、貴重な扱いだった。

ハラビロカマキリ↓
e0098223_19212165.jpg

今住んでる東京ではハラビロカマキリは多いのか、
道路に死んでる死骸をよく見かける。
住んでるマンションの生垣でも見かけることが多くて、
ある時はベランダで見つけることもあった。

そんなに気になる昆虫であるが、
ボクの仕事で対象になる生物は主に淡水魚類。

虫、特に特定の虫のことばかり詳しくなっても仕事は来ないだろうけどね、
と思いつつほぼ立ち読みしてしまったのだけど、レジに運んでいた(笑)。

隣にあった
「ツノゼミ ありえない虫(幻冬舎)」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%84%E3%83%8E%E3%82%BC%E3%83%9F-%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E8%99%AB-%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E5%AE%97%E5%88%A9/dp/4344020111/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1321525638&sr=1-1
も気になる本であった。

ま、今はもう2回は読まないだろう、という本の整理を始めてるからなー、
ということで今回は我慢。

とは言え、次買うだろうなぁ、ほぼ立ち読みしたけど(笑)。

それにしてもアマゾンで検索したどちらの本もなぜか中古は高いな。
カマキリ本は新品で¥1050で、ボクは定価で購入っすよ。
この手の本はよっぽど売れないと増刷とかしないからかなー。

さて、タイトルと全然関係ない話を書いてましたが、
タイトルはそのまんま、です。

今週はフライキャスティングの練習をしに多摩川に行ったりしたんだけど、
オイカワが物凄くライズしてたんですね。

したらば練習がてら釣ってみようかなぁ、
なんて、ミッジフライを付けてやってみたんだけど、
これが釣れないんだなぁ。

食ってはくるが、針にかからないですねー。
針の形状がオイカワの食い方に合ってないのか?

投網では簡単に捕れるだけに、なんだか悔しいのであった。
[PR]

by mizkichi | 2011-11-17 19:56 | @life
2011年 11月 03日

丸沼釣行2011

どうにも不完全燃焼な今年の釣行。
渓流は既にシーズンオフ、
湖なら・・・、

というわけで、今週は仕事の予定もないので、
昨日は群馬県の丸沼へ行ってみた。

多分早起き出来るだろう、
タカをくくって目覚ましナシで寝たが・・・。

現地着は9時過ぎ、
自分の中では完全に遅刻(笑)。

まぁ、天気もいいし、あせらず行こう、
と、釣り始めたのは10時。
e0098223_23455768.jpg

紅葉でも眺めながら、
なんて思っていたが・・・、

紅葉どころか、あらかた木の葉は落ちていた(笑)。
これでは湖畔林から落ちる虫は期待出来ない。

湖へ流れ込む川のアウトレットで、
なんて思っていたが・・・、

川に水は無く、湖は超低水位。
アオコが発生した水槽の水が乾燥して無くなっちゃった時の匂いがしていた。

釣り人は平日ということもあってか、10人位だったかなぁ。

とりあえず釣れてる気配はない。

まずはウェーディングで岸からストリーマー系を引っ張ってみる。
小一時間引っ張ってみたが全く無反応。

しかもフライロストしまくり。

最近、フライロストすることが無くなってきた、
なーんて喜んでいたのに・・・。

加えて2年くらい前に大量生産した、とあるストリーマー、
壊れやすいことこの上ない。

天気とは裏腹にじわじわとテンションが下がっていく。
もしや今日はボーズ・・・。
う~ん・・・。

相変わらず周りでも釣れてる気配はない。
たとえボーズだったとしてもオレだけじゃないぞ、
と少し安心する自分がいた(笑)。

状況打開案として、午後はボートを借りてみることにした。

気温はそこそこ暖かったので、
ライズを期待してウェーディングで行けないエリアへ向かう。

水際をゆーっくり漕いで湖面を観察するも期待のライズはない。
加えて風も少々出てきた。

オレのへなちょこキャストは風に弱い。
風裏で鏡のように静かな湖面にてブラインドでドライフライを浮かべて待つことにした。

辺りは恐ろしいほどシーンとしていた。

ジーっとフライを眺めているのも何だか悪い気分じゃないなぁ、
と思っているたら耳の後ろの方で「バシャ!」とライズ音が聞こえた。
素早くライズのあった方へフライを投げると、
また別のところでライズ音が聞こえる。

かなり散発的にランダムにライズがあることがわかったが、
虫の飛んでる気配はないからユスリカとかにライズしてるんだろうか?
と思ったが、あいにくユスリカパターンは持ってきていない。

持ってきたドライフライは男らしい#10とかのカディス。

ライズはまるで穴が離れすぎてるもぐら叩きのようだった。
それでもライズがあるたび、その周辺へカディスを投射し続けたら・・・、

出たよ!

e0098223_8173624.jpg

40 は無いが、とりあえず綺麗なレインボー。

ボーズは免れたことで余裕が出た(笑)。

以降も超ランダムに散発的なライズはあったが、
結局、さらに1匹を追加してこの日の釣りは終了させた。

余計に不完全燃焼になってしまったような気がした(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2011-11-03 18:27 | @fishing
2011年 11月 03日

募集?

e0098223_130871.jpg

切り取るとこでスゴイフレーズになりますね(笑)
[PR]

by mizkichi | 2011-11-03 13:00 | #MOBILEREPORT