<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 27日

あきらめない

昨日、バスに乗った際、ニット帽を忘れてしまいました。

値段は確か千円位の安さで、
デザインが凝ってるとかでもない、
ただの黒いニット帽。

誰かからプレゼントされた、
ってなものでもありません。

どこでも売ってそうなありふれたものですが、
身に着けてたものを失くすと、
なんだかもの凄く悲しい喪失感に襲われます。

以前、電車でズボンのポケットからズリ出た財布に気が付かないまま、
降りてしまったことがありました。
社会人になって初めての出張で、
出張のための仮払金、20万円位が入っていた財布です。
そのときは財布そのものよりもお金の喪失感が物凄く大きかったのは
言うまでもないですが。
(後日、財布は中身ともども戻ってきて良かったです)

以来、電車やバスから降りる時、
自分の座っていた座席を振り返って見る習慣にしてたのですが、
やらなかった時に限って落し物はあるもんですね。

昨日は急いでたこともあり、振り返らなかったのです。

夜、バスの操車場へ行って落し物の確認に行きましたが、
ありませんでした。
朝に戻ってくる車輌もあるから明日の朝7時以降、電話で確認してくれと言われ、
連絡先電話番号の紙を貰いました。

翌日、電話で確認するよりも、
と思い、再び操車場へ行きました。

落し物としては届けがありませんでしたが、
路線と降車した時間を憶えていたので、
そのとき走っていた車輌を特定することが出来、
まだ車庫にあるということがわかりました。

というわけで、職員と一緒にバスへ探しに行きました。
しかし、ありませんでした。

バスは道路の混み具合で時間がずれることがよくあります。
1本前のでは?
ということで再び車輌を特定するため事務所に戻りました。

黒いニット帽ですか~?
とカウンター越しで調べるの職員がふとボクの後ろのほうへ目をやりました。
つられてボクも目を運ぶと・・・、

ありました、ニット帽が!

「これですよ!」

聞けば、乗務員の忘れ物と思しきものを置いてあるコーナーでした。

諦めないでよかったです。

電話で確認してたら、ないですねぇ~で終わってたでしょう。

ちょっとしたことだけど、しつこく諦めないでよかったです。

単純ですが、晴れやかな気持ちになりました(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-27 13:09 | @life
2011年 03月 20日

ラジオなんかも売り切れなんすよ!

震災から1週間以上が経過。
一昨日、備忘録として震災時のオイラの体験を書いてみた。
しかし、これがやらたと長文になってきたので、疲れて途中で頓挫。
まぁ、そのうち書き終わればいいやと思ってるけど、
覚えてるうちに書かないとどんどん忘れてしまうんだよなぁ。

だから備忘録なんだけどさ(笑)。

さて、首都圏の、といってもオイラの生活圏での話しだけど、
震災前からうちの近所でやってる工事は普通に行われているし、
お世話になってる会社は年度末進行で日々、忙しい毎日。
変わらぬ日常が続いているかのようにみえる。

が、

震災後はガソリンスタンドは軒並み閉店だったり、
米や食パン、カップ麺などは売り切れ状態。

本当に必要としている人がモノを買えなくて、
少しくらい我慢出来るだろ、
って人が必要以上にモノを買っている、
という状態が起こっている。

パニック買いというやつだ。

みんながみんな、無くなりそう、
で買いに走っている。
被災地の現状を考えれば、
こっちで色々も慌ててる状況というのは非常に残念な感じがする。

そんなうちの近所の生活だけど、
昨日、最寄の繁華街の状況をみて思ったことがある。

不況でタンス預金となっていたお金が物凄く動いてる気がするのはオレだけだろうか?

繁華街はなんだかいつもの休日よりも人が多いような気がした。
みんな手に手に買い物した品物を沢山持ってるし。

災害に備えてのグッズは勿論、
それ災害時には関係ないだろ、的なものも目立ったし。
今買うものか?
まぁ、人それぞれですけどね。

そんな繁華街のブラブラ散歩で昨日驚いたのは
某大型カメラ店で目にしたラジオの品切れ。
e0098223_9542514.gif

小型ラジオを初め、卓上型の大き目のラジオも売り切れだよ。
5万位する世界の放送局が聞ける、
なんてのはさすがに在庫が残ってるみたいだったけど。

ちょうど買いに来てたおばちゃんがいたので、
後ろでコソッと二人の会話を聞いてると、
やっぱ震災で電池や懐中電灯と同様、一気に売り切れたもよう。

今の時代、ラジオのニーズは少ないでしょうから、
生産も在庫も少ないんでしょうね。

入荷はどれも未定なんだって。

みんな、ラジオ持ってないんですね。

オイラは、子供の頃から自分で作る位、ラジオは好きで、
今でも普段、自宅にいる時はラジオをかけていることが多いですよ。

現存してるラジオは3台ですが、
一番最初のマイ・ラジオは小学1年だか2年の時にサンタから貰ったもの、
まだ持ってますよ。

勿論動きます。

70年代のキッチュなデザインのAMラジオなんかはよくぞ捨てなかった、
って感じです。
e0098223_1092631.gif

↑右がサンタに貰ったやつっすよ(笑)

だけど、FM聞けるのは1台なんすよねー。
カーテンレールのとこにくくりつけてるんで写真はないですが、
普段使いはそいつです。
子供の頃、FMラジオは高嶺の花で。
自作するにしてもパーツが多くて高かった。
だからFM聞けるやつは数年前に買ったんすよね。
ってだいぶ大人になってからだけど(笑)。

短波ラジオは超簡単なやつなら作りました。
しかし、回路図が書いてある本は高くて買えなかったので、
本屋で立ち読みして少しづつ覚えて作りましたねぇ。
そんな苦労して作ったラジオでも、
新たなものを作るときはパーツ流用なんかしてたから、
当時作ったもので残ってるものは1台もないですね(笑)。

結局最後はどこいったんだろ?

そんなラジオたちにもテレビ同様、地デジ化の流れはあるようで、
近い将来、今使っているラジオ達はお払い箱になることを先日知りました。

なんだか哀しい気分になりました。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-20 10:55 | @life
2011年 03月 11日

大地震発生

e0098223_22283440.jpg

仙台市内にいたので激震に遭遇しました。
車に乗ってる時、緊急地震速報を携帯電話が受信し、
その五秒以内に激震が来ました。
とはいえ、大した被害に遭わなかったので気楽に考えてたら
とんでもないですね!
時間が経つに連れ、最悪な状況になってます。
今日は夕方から八戸に移動予定でしたが勿論中止。
今は仙台に待機ですが、
停電でほぼ真っ暗です。
レンタカーを借りた後だったので、とりあえず今晩は車中泊。
はぁ、早く帰りたい。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-11 22:28 | #MOBILEREPORT
2011年 03月 11日

今日は風ナシ

e0098223_8533458.jpg

気温は昨日より高めで、
湖面は静かです。
ですが、午後から雪になる予報が出てるので
スバヤク船上作業は終えたいもの。
蕗の薹を見つけました。
今日、帰京するならば持ち帰るところですが、
この仕事の後は八戸へ移動です。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-11 08:53 | #MOBILEREPORT
2011年 03月 10日

寒すぎだろ!

いやあ、今日の船上作業はツラかったっすねぇ。
ウサギの走る湖面は時折雪が吹き付け、
容赦なく体温をどんどん奪っていきましたよ。
オマケにボートは湖上で突如エンジン停止。
最初は原因がわからす、
あわや雪吹きすさぶ中、漂流するところだったよ。
最初に曰く付きの現場だと聞かされてはいたが、
まさか今回も!
とはいえ、幾つかのトラブルは致命傷には至らず、
無事終了で良かったけどな。
明日は無風で頼むよ。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-10 21:25 | #MOBILEREPORT
2011年 03月 10日

地震にまとわりつかれる

e0098223_90343.jpg

昨夜は仙台市内に宿泊したんだけど
未明に一回、早朝に連続二回、
震度3〜4クラスの地震発生の度に強制的に起こされました。
昨日は仙台に行く前にも地震があり、
どうにもワテの行く予定の先々で地震が起こっています。
仙台地方にしては珍しく雪景色。
今日からダム湖で船上作業ですが、
心が折れる風景が広がっています。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-10 09:00 | #MOBILEREPORT
2011年 03月 09日

2011年初仕事

本当なら海外にいたハズなんすけどねぇ(笑)。
そうじゃなくなったら仕事の話が来ましたよ(笑)。
というわけで、ようやく仕事始め、となりました(笑)。
今から東北道を北上し、だいぶ北へ向かいます。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-09 14:41 | #MOBILEREPORT
2011年 03月 01日

ヒア アフター

今日は映画デー、
というわけで朝一で映画を見に行った。

「ヒア アフター」、e0098223_1819436.gif

旅行に行ってる間に上映終了してたらDVDで見たと思う作品。

旅行はナシに!
なったので映画館へ足を運んだ、
といった程度のテンションだったので、
全く期待はしていなかった。

予告編を見た時、
監督の名前がイーストウッドってのは目を疑いましたから。

イーストウッド作品としては珍しくCGを使ってます。
1982年作品の「ファイヤーフォックス」でVFXを使ってますが、
昔から特殊効果だとかスタントを使うのを嫌う人みたいでしたから、
これは非情に珍しいことです。

ストーリーは、
臨死体験をした女性ジャーナリスト、
双子の兄を亡くしてしまった少年、
かつて、偶然にも得てしまった死者と会話する能力を身につけてしまった青年
(マット・デイモンですが、割と近い年齢なので、あえて青年と標記させてもらいます(笑))
らが中心となって展開されるヒューマンドラマ、

それぞれ悩みを抱える彼らはフランス、イギリス、アメリカ、
と別々の場所に住んでるんですが、
物語の終盤、
みごとに交錯していきます。

特別凄く良かった、
とは思えなかったけど、

見て悪くはなかった

という感じでした。

映画を見ていて思ったことは

現世をしっかり生きよう、

でした。

「ヒア アフター」、死後の世界には誰でもいずれ行きます。

死後の世界に傾倒するあまり、
現世の生活が台無しになるのは勿体無い、

雑誌で読んだイーストウッドのインタビュー記事で
彼はそんなようなことを言ってたような気がします。

まさに的を得ている、と思います。

あと、珍しいといえば、BGMが凄く少ない映画でした。
ちなみに音楽はイーストウッド自身のようでした。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-01 18:47 | @movie