カテゴリ:♪book( 7 )


2015年 07月 26日

波のむこうのかくれ島 椎名誠

2001年出版だから14年程デッドストック(笑)。
著者の椎名誠は私の中で最も多くの著書を読んだ作家で、
80年代から読み始め、以後、90年代は著書が出てる事を知れば大概購入し
スバヤク読んでしまったものだ。
しかし、この本の発行辺りからであろうか?
いくら忙しいとはいえ、少々文章が手抜きじゃなかろうか?と思うような、特にエッセイであったが
それと同時にあまりに読みすぎてしまったためか
買った事で満足し、
「つん読」化となってキープされた本が増加した気がする。

さて、本書が発行された2001年はまだフリーで仕事を始めたばかりなので
多分気持ちもフワフワ浮わついていて、
椎名誠の様に「島」へ特に目的もなく行く事にヨロコビを感じていた時代だったはずだ。
なので、気持ちはわかる、と思いながら読み始めたが・・・
まあ、簡単にゆーと、まぁ、わりと時系列に話を書いてるだけで、
特段、コーフンすべきエピソードが書いてあるわけではない作品であった。
まぁ、いつもいつもどこかへ行く度にコーフンすべきエピソードがあるとは思えないが。

これを読み終わって特にその島に行きたい!
という感じにはならなかったが、
自分も行ったことがある硫黄島のエピソードは結構、うなずけるものはあった。
[PR]

by mizkichi | 2015-07-26 15:34 | ♪book
2015年 05月 14日

ホテルアジアの眠れない夜 蔵前仁一

e0098223_1115320.jpg

1989年発行だが、1993年に刷られたものを購入している。
デッドストック22年(笑)。

筆者が旅先で面白かった体験をエッセイで綴っている。

今まで読んできたものとあまり変わらないが、
インドとかへバックパッカー旅行したことがある人なら

「あるある~」

で楽しめる作品。

最初に発行された年に私もインド旅行へ行ったことがあるので
私も体験したことが書かれていたのがリアルで面白かった。

なんでストックしたままだったのかなぁ(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-14 11:21 | ♪book
2015年 05月 07日

旅する力 深夜特急ノート 沢木耕太郎

e0098223_12152446.jpg

2008年発行
7年近く寝かしていた作品。

バックパッカーのバイブル、「深夜特急」作者の沢木耕太郎氏の
「深夜特急」の元になったユーラシアでの旅をするまでの自身のライターとして活動エピソード、
発刊後のエピソードなどが書かれている。

たとえるなら
「深夜特急」が映画本編で
本作品はパンフレット、解説といったところだろうか?
なので、「深夜特急」を読んでいないとこの作品はあまり意味がわからないだろう。
(読もうとする人にそんな人はいないと思うけどね)

パンフレットって昔は見に行った作品はだいたい購入してたんだが
あんまり内容読んでないんだよなぁ。
多分そういう意味で読んでなかったと思われる(笑)。

「深夜特急」ほど、どんどん読みたい
という内容でもなかったので、
寝る前の読書で少しずつ読み進んでみました。

で、読んでみて自分にとって
ここは!
と思った箇所。

第五章 旅の記憶
旅には適齢期というものがあるのかもしれない

10代には10代の旅、20代には20代の旅
30代には・・・というように
40代で20代の旅は出来ないというように
それぞれの年齢に相応しい旅というものがあるということ。

なるほど、自分は今40代だが、
20代にしていた旅をしたいなぁ
という情熱がなくなっているのは普通のことなんだなと思った。

行きたいと思った時が旬!
時間が出来たら、お金が貯まったら、ではダメなんだなぁ。
とはいえ、その二つの問題をクリアして旅を実行するのは相当大変なハズ。
特に社会人になっちゃうと。

終章 旅する力
韓国版刊行にあたってのあとがき
大事なのは「行く」過程で、何を「感じ」られたか。
勿論、目的地に辿り着いてから色々やることも楽しいけども
辿り着くまでの過程の方が人に話すエピソード満載な気がする。

それと旅はもう一つの学校、ということ
入るのも自由なら出るのも自由な学校
教師は世界中の人々、教室は世界そのもの。
「旅に教科書はない。教科書を作るのはあなたなのだ」
かーっこいいこと書いてますね!(笑)

読んだ瞬間、確かにそうだ!
と思った。

この部分だけでもいずれは社会へと羽ばたいていくであろう
若者に読ませたらいいな
と思ったが、
だからといって社会復帰出来ないようなドロップアウトされる懸念もあるので
あくまで自己責任でお願いします(笑)。

本作品も中古では1円からあるようだが
「深夜特急」全巻は当人に買わせて、
その後読むように
とまだ学生の若者にプレゼントしたいものだ。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-07 12:43 | ♪book
2015年 05月 07日

旅ときどき沈没 蔵前仁一

e0098223_1212596.jpg

1994年発行
バックパッカー旅行をするようになってから興味を持った作家 蔵前仁一さんの作品
恐ろしいことに20年間家で寝かしていたことになる(笑)。
(蔵前仁一さんの作品は90年代前半に色々買っており(まだ読んでない本多数(笑))
まだまだデッドストックがあるので、これから順次紹介(笑))

最近はバックパッカーしてないので
はたして今読んで面白いと思うのか?
と思って読んでみた。

旅で出会った不思議な人や変わった人とのエピソードのショートショートなので
途中で読み始めてもやめても全く大丈夫。
とはいえ、逆にそれが仇となって読むのを忘れるとずっと忘れることになる(笑)。

まぁ、正直、自分にとっては今読んでもなんだかなぁな内容であった。
バックパッカー旅行をあまりしなくなったからか?
と思ったが、
そのあと、一度読んだハズの「ゴーゴーアフリカ」を軽く読んでみたら
結構中身に入り込めたのでそんなことはないなぁ。

中古市場では1円で販売されている。
ということはブックオフしても戻ってくるな(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-07 12:10 | ♪book
2015年 05月 07日

少しづつ読書をすることにする

元々読書という行為は苦手
でも読み始めて面白いなぁ
と思うとまぁ普通に読書は出来る人、なのだ。

というわけで、
書店の平積みで少し読んでみて
お!これは面白い!
と購入した本は数知れず。

しかーし
購入したことで満足し、「積読」状態となった本多数。

先日の引越で、あまりにそのような本が多いことで
ちょっと反省。

旬の過ぎた本(購入した当時の気持ち)はなかなか読めず
だからといって読まないでブックオフするのは人としてヨクナイ気がする。
(と言いつつ、先日、読むこと断念したあるハードカバー、ブックオフしたが売れずに戻ってきました)

で!

今後、今ある本を読まないと本は買っちゃダメ

というルールを自分に課し

今ある本を少しずつ読んでいくことにした。

とはいえ、旬を過ぎた本はその世界に入っていけないこともある。
そんな本を無理して読んだところでなーんにも自分のためにはならないので
少し読んでダメだな
と思ったら容赦なくブックオフだ。

では、面白かった本はどうするか?
もう1回読むか?
というと小学生ならともかく
漫画ならともかく

まぁ、読まないね(笑)。

どっか長期の外国旅行に行けば繰り返し読めるけど
そんなことも近い将来はない。

となると、意味なくキープしてしまいがちになるので
どういう風に面白かったのか
のみを備忘録としてブログにまとめた上で
ブックオフすることにしよう。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-07 11:55 | ♪book
2012年 02月 25日

脱出記

「脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち」
スラヴォミール・ラウイッツ ソニー・マガジンズ 2005年
(ヴィレッジブックスで2007年に文庫化) 
e0098223_16224420.gif

本を読んで面白かった、つまらなかった、という印象は普通にあるが、
感動した、という印象はほとんどもった記憶がないことに昨年末、気が付いた。

というわけで、年明けから色々と本を読み漁っていたが、
この本は感動した一冊と言える。

原著は1956年に発刊されたノンフィクション。

ポーランド陸軍騎兵隊中尉だった著者はソ連当局にスパイ容疑で逮捕され、
執拗な拷問を受けた後、1941年、東シベリアの強制収容所に送られた。
刑期は25年、しかもいわれの無い罪状で・・・。

当時25歳だった彼はこんなところには居られない、
と、割合早くに脱出を決意し、収容所で5人の仲間を集め、4ヵ月後には脱走。
途中、両親を殺され、コルホーズで性的虐待を受けそうになり脱走した17歳の娘も合流し、
7人の仲間となった彼らは満足な装備、食料、水もないまま、インドを目指す。
歩いた距離は6500キロ、
途中にはゴビ砂漠、ヒマラヤ山脈と過酷な自然条件が更に追い討ちをかける・・・。

6500キロ歩いた脱出劇は想像を絶するものだったハズだが、
文章そのものは最初から最後まで淡々と語られている。
それは脚色する必要の無いホンモノのドキュメントだからだろう。

登場人物をはじめ、語られる風景、状況が手に取るように想像でき、
一緒に脱出してるような気になってくる。

全員脱出出来てくれ!
と思いながら読み進めたが、
やはり途中で死亡者が出始める・・・。

フィクションではなくて、本当にその著書の中の登場人物は亡くなったのだ、
と思うと胸が詰まる思いでした。

こんなすごい話は映画化されていないのか?
巻末の解説を読むとやはり当然映画化の話はいくつもあったようだが、
具体的に映画化されたという話は書いていなかった。

しかし、さすがインターネットですね、
ネット検索してみたら2011年1月にアメリカで公開されいている
「THE WAY BACK」という映画がそれらしい。
(それ以前には無かったんだろうか?)
e0098223_16252173.gif

アメリカで公開された時点で日本公開未定となっていたようだが、
未だ未定なんだろうか?

是非とも映画化された本作を観てみたい。

追記:
2013年3月2日、DVD販売、レンタル開始
さっそくTSUTAYAにて新作3泊4日350円を払って借りて見ました。
すごく良かったと思った作品を五つ☆とするなら、

これは・・・、
残念ながら二つ☆かなぁ。

映画だから長大な話を2時間程度に収めなければならない
という制約によるものなのか、
収容所へ収監されるまでの拷問、脱走するまでの話はほとんどなく、
物語の大半は脱出してからインドへ至るまでの行程に重点が置かれていた。

あと、これもよくあることだが、
原作と異なる人物が出ていたり、
後半は急ぎ足にストーリーが進み、
あと少しのところまで来ていたのに
滑落死した人物の描写はカットされていた。

映画を見た後、あれをこう編集したらもっといい作品になるんでは?
などと勝手にディレクターカットを妄想編集したりするが、
これはちょっと最初から作り直しだなぁ(笑)。
(あくまで勝手な妄想ですからね)

映画を見て原作を読んでない人は是非とも原作を読むことをお勧めする!
[PR]

by mizkichi | 2012-02-25 16:29 | ♪book
2011年 08月 22日

「心を整える。」長谷部誠

サッカー選手、長谷部誠の本
e0098223_1772186.jpg

うちのカミサンが借りてきた本を又借りして読んだ。

サッカーは、ファンというほど見ないし知らないが、
長谷部誠は1ヶ月だか2ヶ月前に放送された番組に出てたのを見て、
好感を持てたので覚えていた。

そんなこともあって読んでみたんだけど、
まぁ、ふつ~のことが書いてあった、

っていうと当たり障りがあるが、
ふつ~なことを実行出来ている、
あるいは実行しようと意識している、
ってのは大事なことだと思った。

「どんなことが書いてあった?」

とカミサンに聞かれて、

「特に・・・」

と答えてしまったが
(これは長谷部さんの本に限らず、読んだ本がどうだったのか、
というのを人に説明するのが苦手なんですよね(笑))、

今日の出張中、新幹線の中で思い出せることを反芻し、
印象に残っていたことの中で自分も気をつけないと、
と思ったことは2点あった。

「情報を鵜呑みにしない」
「上から目線にならない、かといって下から目線にもならない」

「情報を鵜呑みに・・・」
これはまぁ僕は素直な性格だもんで、嘘の情報でも信じやすい、
ということで常々注意が必要だな、と思っていること。

ついついインターネットとかで知りえた情報でも
「へー、そうなんだ!」
ってすぐに信用してしまうことがあるからヤバイ。

ウィ○ペディアに書いてあること、公的な参考資料にはならない、
とわかっていても、書いてあればそうなのか、
と思ってしまう。

先日、石巻でボランティアとして活動していた自称小児科医の男、
実は詐欺師だったんだけど、逮捕されるちょっと前に
天下の朝○新聞の「ひと」欄に掲載されていた、という。
たいそうなプロフィールが掲載されていたようだが、
ぜーんぶ真っ赤な嘘。

新聞は先々月でとるのを止めてしまったので、
掲載記事本文は読んでないが、
読んだら普通にそうなんだ、って僕は信じたに違いない。

東○ポだったら、うがって読むが(笑)、
朝○新聞社だしねぇ。

テレビの取材にもうかうかと出演していたようだし、
影響力が大きい、と自負してる(よね?)メディア関連には
細心の注意を払ってもらいたいものだ。

誤報、なんてのはもってのほかだよね。
後で訂正記事を掲載すればいい?
冗談じゃないよねぇ。
それで一生消えない傷を負ってしまう人もいるんだろうからな。

例えば・・・、
う○こもらしました、
実は誤報でした、

なんて、多感な青少年だったら誤報じゃ済まないですよ。
たとえ後でそれは誤報だとしても、
翌日からあだ名は変わり、何十年も経った同窓会でも言われるかもしれない。

話は多少脱線したけど、ハッキリ言って何が信用出来るのか?
ってのはわからなくなってきた世の中だけど、

情報は鵜呑みにしない!

これにつきるな!

ってまんまだけど(笑)。

で、「上から~」
これは気をつけたい。

全くの他人で今後接点はないだろう、
と思っていても、どこでどう関わってくるかわからない。
こっちが覚えて無くても、
上から目線な対応をとられた向こうが覚えているってことは十分あり得ることだ。

「下から目線~」、

昨今、不況に伴い仕事量が減少する中、
どうにか使い勝手のいい印象を持ってもらいたいもんだから、
発注者にはついつい「へへー」、的な態度をとってしまいそうになるが、
プロフェッショナルを自負するなら、対等な目線で勝負していきたいところだ。

気をつけたいねぇ。

あとは愚痴らないとか、
まぁ普通の人が平均的に実践、
もしくは努力目標になってるようなことが書いてあったかなぁ。

あ、運は導くだとか口説く、ってのは印象的だった。

アルゼンチンのことわざに、「運」は女性のように口説く、というのがあるんだそうな。
スペイン語の単語にはそれぞれ性別があり(中性ってのもある)、
「運」は女性名詞にあたるから、なんだって。

運が来たとき、それをそのときに活用出来るように日頃から準備を怠らない、
なんてのも確かにそうだな、と思う。

なかなか出来ないけどね。

そう考えると、長谷部って結構ふつ~じゃないなぁ。
[PR]

by mizkichi | 2011-08-22 19:01 | ♪book