水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:@gear( 38 )


2008年 11月 21日

ハイビジョンテレビ

ついにハイビジョンテレビを導入した。
e0098223_9392967.gif

先日の土曜、仕事から帰ってきてテレビを点けたら数秒後、
テレビのスイッチが勝手にオンオフを繰り返し、結果、テレビ画面が映らなくなった。

今年で11年目、あと2年くらいはもって欲しかった。

仕方が無いので近所のコジマ電気へ偵察に行く。
24型だったので、せめてその程度の大きさのものは欲しいと思っていたが、10万前後。
安くなってきたとは言え高いなぁ。
機能によって値段に差がある。
ハイビジョンとフルハイビジョン、倍速アリとナシ。

どう違うんだ?

前者は単純に放送映像のきめ細かさが違う。
当然フルハイビジョンの方が画素数が高く、より緻密な映像を映し出すことが出来る。
が、現在、民放はハイビジョンだし、32インチ以下だとほとんど差がわからないと言う。
実際見てもよくわからない。離れて見るとなおのこと。
32インチ以下ならなしだなー。

倍速について。
液晶は速い動きに弱く、残像感が出るというけれど、大画面になればなるほど顕著らしい。
デモ画面でアリナシを比べると確かにあったほうが残像感はない。
しかし、これも32インチ以下だとあまり感じない。
感じる人は感じる、感じようと思えば感じる、そんなレベルかなぁ。

1日目は偵察だけで終わった。

2日目、久しぶりに価格.comを見て、店によって随分値段に開きがあることは知っていたが、
みんな、頑張って価格交渉をしているようだ。
池袋辺りの店に行くのが多いみたいだが、
ボクは壊れた時の手間を考えると地元がいいと思った。
数年後には引っ越してるかもしれないけど。

というわけで、地元の主要な家電量販店を回る。
26インチあたりを購入しようとしてたのだが、
1万2万の違いで32、37と購入の幅が広がることがわかった。
そもそも、26インチというのは割高で、
逆に32以上はメーカーも生産主流にしているみたいで割安になってきたというのだ。
購入者も37以上とかが多いという。
あれ?みんな家デカクなったの?
かつて日本の家屋はウサギ小屋なんて言われて無かったですか?

そんな思いが頭を駆け巡るも

「お得ですよ~」

の言葉につられ、あわや37インチを買うところであった。
確かに1万2万なんて飲みに行ったらすぐに使っちゃうような金額である。
頑張って1日働けばすぐに貯まるのである。
映画のDVDもよく見るから大画面は迫力あっていいでしょう。
プロジェクター欲しいなぁ、なんて思った時期もありました。

でもね、デカイですよ。
普段、みのもんたとかをあんな大画面で見たくないけど、
大画面テレビ購入したら、普通の放送も大画面なわけですよ。

消費電力も大きいでしょう。
エコで省エネ化されてるって言っても大画面より小画面のほうがそもそもの電力消費は少ないですよ。

自宅に帰り、あらためて37インチの大きさを確認してやはり諦める。
でか過ぎだろう!
部屋がすっきりしない。

壊れたテレビの裏蓋を開け、中を見た。
どれが壊れた部品なのか、当然わからない。
ほこりが貯まっている部分にエアーをかけてみる。
もしかしたら復活するかも、という期待を込めて。
無駄です。
映りません。

途中、出張に行きました。

そして出張先のホテルの部屋にあった16インチの液晶テレビを様々な距離から眺めました。

20インチとかでもいいかな?

そうなんです。アナログ放送はまだ終わってないので、まだアナログの人は沢山いるはずです。
これからどんどん新機種がどんどん安くなって出回るはずです。

今、そんなデカイの買わなくてもいいだろ!

というわけで、昨夜20インチのただのハイビジョン、倍速ナシを購入。
先日、行ったときよりも5000円安くなってたというのも即決の後押しになりました。
設置してみたら全然問題ないです。
それよりも見れるチャンネルが増えて、引きこもりシーズン、テレビっ子になりそうです。
[PR]

by mizkichi | 2008-11-21 10:14 | @gear
2008年 11月 05日

さよならMK10/G250

本日、タイトル通り、この写真の器材は廃止とすることにします。
e0098223_1020624.gif
この器材はダイビング経験者なら誰でも知っているレギュレーターという、
水へ潜る際、エアータンクからの高圧空気を人が吸い込むことが出来るように減圧し、
水中でも通常の呼吸が出来るようにする器材である。

ギャランティーカードを見ると、購入したのは91年、
海外旅行に行った帰り、トランジットした香港で購入した、というのは憶えていた。

主にレジャーダイビングに使用していたが、ここ数年は出番が少なく、
あっても仕事絡みという場合がほとんどであった。

今月、仕事で久々の登板。

が、実は焦っていた。

1年以上、オーバーホールへ出していない。
出そう出そうと思っていたが、後回しにしていた。

実はオーバーホールなんてのも使い始めてしばらくは全くしたことがなかった。
トラブルがなかったこともあるが、そーゆーもんだとは思わなかった。

しかし、8年位前のダイビングでトラブルが発生。

考えてみれば、命を預かってくれる器材、深場でこれが壊れたら命取りだ。
ましてや仕事で使うとなれば、問題はそれだけではなくなる。

ということで、それ以来定期的にオーバーホールはしていたが・・・。

なぜ、ついつい後回しにしていたかと言うと、
それは工賃が高いのですね(笑)。

ボクの使っているレギュレーターはSプロというメーカーで、
これには生涯保障のギャランティーがついてます。

メンテナンスに出す際の交換部品は、「ただ」だったんです。

だったんです、過去形なんです。

むかーし、ダイビング器材なんて海外メーカーのものを国内の正規代理店で
購入すると、ひっじょーに高かったんですね。

ましてやSプロなんかめっちゃ高くて、ダイバー憧れの器材でした。
ダイビング器材のロールスロイスです。

それが10年以上前になりますが、円高により並行輸入品という格安のものが!
出回るようになり、庶民の方々にもお手軽に買える価格にこなれてきたわけです。

そうなってくると、Sプロ器材を持つ人は多くなるわけで、
必然的にメーカーへのオーバーホールだとか修理も多くなってくるわけですね。

当然、全てのSプロ器材には生涯保障の正規のギャランティーが発行されるわけなので、
並行輸入だろうが、定期的に交換する部品なんかはもちろん「ただ」
だったわけです。

しかし、部品だってホントは値段あります。
「ただ」なんかホントはメーカーだって嫌だと思うんです。
だけど、Sプロ器材は国内の正規代理店で買えば、未だにソコソコ高く、
他のメーカーに比べても高いです。

(・・・と思ってるんですが、最近はそうでもないのかな?
プロ用のダイブウェイズなんかはもっと高いですが。)

それを買ってくれた皆様に、せめて消耗部品代くらいは「ただ」に、
なんて思ってたかどうかは知らないけど、これは勝手なボクの推測です。

それをいつ頃からか並行輸入で買ったヤッスイ器材がメンテナンスで大量に
持ち込まれるようになれば国内で普通に買った人やメーカーは嫌ですよね(笑)。

並行輸入品かどうかなんてのはすぐわかります。
ギャランティーカードには販売店名がなんだかよくわからない
外国のお店の名前だったりするわけです。

そうなんです。

ということで、並行輸入品、もしくは海外購入品の消耗部品代、「ただ」はナシで!

あるときからオーバーホールに出す際、部品代には5000円位かかるようになりました。
1回のオーバーホールで工賃と部品代で2万弱・・・、
4回出せば新品で買える器材も出てきます。

それからというもの2年に1回になりました。
命がどうの言ってたのに(笑)。

近々仕事で出番が回ってくることになりました。
心配なので、急いでオーバーホールに出さねば!と思いました。

間に合うか?問い合わせてみるものの納期は微妙・・・。

どうしたらいいものか、と思っていたらこの器材、販売から10年以上が経過しているため、
メーカで交換部品ももう作らんからよー、と下取り交換を薦めていた。

なんと!
そうなんだ。
メーカーが勝手にそうするからユーザーに申し訳ないと思ったからなのか、
結構安い値段で交換出来ることが判明。

しかも!
ここ重要です。
並行輸入、もしくは海外購入品を下取りしてもらうと、
今度の新しい器材には国内正規代理店のギャランティーが発行されるのです!

オーバーホールの際、助かります。
これで定期的に出すようになります(笑)。

というわけで、本日さよならMK10/G250となります。
新しい器材候補として後継機のG250Vを考えました。

が、モデルとして出ているジローラモさんを見て違う型にします
ボクにはもう派手かも(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2008-11-05 11:08 | @gear | Trackback
2008年 06月 15日

ホイルナット

先日、高速道路を走行中、
なんとなし、タイヤのホイルナットの増し締めしようか思ってSAへ入り、
タイヤを見たらば、なんと!
右前輪は2個、右後輪は1個、ナットが外れて無くなってました。
その他のナットは外れてはいなかったが、そこそこ緩くなっているのも幾つか・・・。

春先にスタッドレスからノーマルタイヤへタイヤ交換を自分でやり、
交換後、100キロも走らないうちに増し締めした時は結構緩みがあって
ヤバかったと思ったが、その後もさらに緩んでいたとは・・・。

以前、ナットを斜めに締めてしまい、外すとき軸がボキリと折れてしまったことがあった。
修理に出した際、足とかでレンチを締めすぎるのはよくない、とディーラーに言われ、
トルクレンチで適正トルクで締めるのが一番いいんだけど、手の力だけでそんなに
ギュウっと締めない程度に、と言われたので、
以後、そんな感じの締め方であったのだが・・・。

ボクの相棒はタイヤ1個につき、6個のナットで固定されているが、
そのうち2個なくなっていたのはどうにも不安であった。
しかも、目的地へ向かう途中であったので、引き換えしたくはない。
SAのガソリンスタンドにも置いてなかった。
なんでぇ、交換タイヤとかワイパーは置いてあるくせに・・・。

というわけで、2個脱落の不安を解消するため、後部に取り付けてある
スペアタイヤを固定してあるナットを流用。
e0098223_1555290.gif

まぁ、2個ないよりマシだろう。
その後、問題はなかったが、最近、脱輪して事故が起きることが多かったから、
運行前点検は必要だなぁと思った今回。

ただ、問題なのは、ナットがなくなっていても走行には全く違和感がなかったこと。
くれぐれも気をつけたいものだ。
[PR]

by mizkichi | 2008-06-15 14:54 | @gear | Trackback
2007年 12月 04日

コンボイゾーン

e0098223_20334741.jpg

コンボイゾーンhttp://www.convoy.co.jp/index.htm

トラック部品用品のお店です。

自分の車はランクルなのだが、4ナンバーの貨物車ディーゼル。
見た目は普通にRVでイケルはずだが、ボンネット・フードの下には12Vのバッテリーが2個積まれている。

つまり、電装は24Vで、シガーソケットには「24V」と印字されている。
実にトラックライクな車なのだ。

先日、ヘッドライトバルブが切れてしまった
近所のオートバックスに行ったのだが、24V仕様のバルブで売ってたのはオートバックスオリジナルの平品1本3000円程のやつのみ。

10年ほど前に購入した時はそこそこの種類は売っていた。
ハイワッテージ仕様2本で6000円だった。

今は12Vのみ、ハイワッテージやら色々なものが所狭しと陳列している。

店員に聞けば、「ウチは乗用車部品を主に扱ってるんでー!」とまるで相手にしない。

トラックライクなだけで、トラックではないのだ!

というわけで、トラック部品を扱ってる店を探そうと思い、本屋でトラック関連の本を物色。
「カミオン」だとか初めて手にとって見た(笑)。

そして広告欄から店を探し出したのが表題の「コンボイゾーン」。

浦和かー、遠くはないが近くもない。が、行ってみた。

バルブありました、普通に!しかも色んな種類。
全部24V仕様です。

ハイワッテージ仕様、2本で1980円。安っ!

快適な夜間走行が帰ってきました。

写真は帰りの環八道路で見つけたクリスマスツリー。
どっかの企業ビルがやってました。今年ももう終わりですねー。

なーんて余裕こいてますが、実は今、中間報告をまとめたりとめちゃくちゃ忙しいのであった。
[PR]

by mizkichi | 2007-12-04 21:03 | @gear | Trackback
2007年 03月 22日

船舶免許更新講習

e0098223_2205917.jpg今日は小型船舶免許の更新講習を受けるため、四谷にある海技ビルへ行った。免許を取ってから初めての更新だったが、当初、船舶乗船記録が必要だとか、色々面倒なことを聞いていた。しかし、更新は車の免許同様、いたって簡単であった。毎週火曜~木曜の昼12時までに海技ビルへ来て手続きすれば、12時半から講習が始まり、1時間程で終了。免許は後日郵送されてくるのだ。

さくっと講習を終え、外へ出るとなんだか暖かく、春の気配。駅へ向かって歩いていくと綺麗な袴姿の女性がちらほら歩いている。卒業式なのか?

やっぱりそうだった。四ッ谷駅近くにある上智大学。そーいやぁ、ボクの知り合いのカメラマンもこの時期忙しいと言っていたのを思い出した。

卒業式かぁ、いいなぁ~。
[PR]

by mizkichi | 2007-03-22 22:12 | @gear | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 21日

816

e0098223_10125871.jpgう~、昨日はきっちり7時間分面測作業を行った。きっちり!と言い切れるのはタイマーを使って作業しているからだ。1時間でタイマーのブザー音が鳴るように設定してるので、その音が鳴ったら休憩なのだ。1時間、同じ作業を連続して行うんは中々骨が折れるのだ。

休憩時間は、5分、10分だったりが多いが、タイマーを止めてれば仕事以外のことは何してもいいぜぇ、という自分ルールなので、2時間も3時間も休憩してしまうこともある。外に出れば鉄砲玉なのだ(笑)。


一昨日はスニーカーを買いに行った。半年前に壊れて以来、買いに行こうと思いつつ、暑かった時期はどこへ行くにもサンダルで、寒くなってきたここ最近は現場に履いてくドタ靴で済ましていた。

それにしても、ボクの持ってる履物はパールやヘルス、ビックなどのいわゆる便所サンダルや、TEVAというちょっと高級ではあるが、やはりサンダルが多い。これらは今の季節、ちょいとゴミを捨てに行ったりするぐらいならいいけど、特に冬に履いているようなものではない。というわけで“休憩時間”を利用して買い物に行ったのだ。

以前履いていたのはニューバランスの703。足幅はダブルEで、幅広、甲高のアナログなボクの足には丁度よかった。ナイキやアディダスなんかを履きたいなぁと思っても、足幅がそれを許してくれないのだ。その点、ニューバランスは幅広足の人には優しい製品が多いのが嬉しい。ボクの足はなんだかSプロのジェットフィンみたいなのだが、悲しいことに泳いでも大して速く泳げない。

今回もまた同じやつでいいか、と思いつつ物色していたらなんだか更に幅広な製品を発見した。

4E(なんと調べてみたらGなんて更に幅広なのもある!)。

早速履いてみると、なんと!靴の中でパーが出来る!ボクは5本指ソックスを履いているのだが、足指全部を広げることが出来るのだ!これを履いたあと、以前履いていた703を試してみると窮屈に感じてしまった。あんまし緩々なのを履いてると足幅が広がっていく・・・なんて話も聞いたことあるが、靴を履くのが嫌いなボクにはかなり快適な幅広さだ。

ビルケンシュトックなんか目じゃないっすねぇ~(ビルケンは意外と甲低なんですよ)。

というわけで、今回はM816Jというタイプを購入。かなーり幅広ですよ!
[PR]

by mizkichi | 2006-12-21 10:14 | @gear
2006年 11月 02日

電子レリーズMC-20

というわけで、D200、実戦即投入目指して昨日からいじり倒してます。

最近D200を購入した人ならわかると思うんですが、シャッターレリーズはどうしてるんでしょうか?

レリーズは三脚使って低速シャッター切る人や、標本写真なんか撮影する人には必須アイテムの一つでしょう。

僕もレリーズは必須なので、当然本体と共に購入する予定でした。

が、ないんです。欠品なんです。しかも3ヶ月待ちという。

聞くところによれば、ニコンは銀塩カメラ事業縮小発表後、この手のアクセサリーの供給が物凄く悪くなったらしい。いわゆる少数生産で、需要に対してと供給が追いついていない状態なのだ。

ニコンではお手すきの人に適当な時間に適当な数作るように、なんてお達しの元、製作してるんでーしょーか??

なんて冗談はさておき、欠品、そーですか、待ちますか、ってのはどうにもやる気になってる僕には困る話である。

まぁ、メーカー欠品といえど、東京には腐るほどカメラ屋があるんだから、どこかにあるだろうと数件回ってみたがどこも欠品。しかも店によっては今年に入ってからずっと欠品、というところもあったので、かなりアセル。

こーなったら全店まわるぞー、なんて気力も時間もないから、中古品も探してみる。

よく行く中古やでオヤジに聞いてみたら、中古でたまに出るが、出れば即売らしい。みんな血眼になって探しているのである。

う~ん、そうか、やはり三ヶ月待つしかねいですかい。と、再びレリーズが束になって置いてあるコーナーを見ていくとMC-20というのを発見した。同じ10ピンで、D200に接続は出来そうだ。

こ、これは!と手に取りオヤジに聞いてみると、残念だけどこれは使えないねぇとの答え。

しかし、しかし、10ピンだよ!使えるんじゃあ、とここで手放したらこれすら手に入れる難しいんじゃないかという気持ちもよぎってなかなか陳列棚に戻せない俺。

値段は中古といえど4000円強。MC-30の中古なら2000円そこそこらしいんで倍額だ。しかし、いつ入荷するかわからない。

といってもMC-20は使えないとオヤジは言っている。でも、でも、もしかしたら使えるんじゃあないか??

ダメだったら4000円は少々痛い金額だが、賭けに出て購入。最近、この手の賭けは失敗することが多いが、どうにも懲りないのだ。

自宅に戻って早速装着。ん??レリーズには小さな液晶画面があるのだが、全く反応がない。ダメか??とレリーズをいじくっていると側面に電池入れっぽい部分を発見。スライドさせるとまさに電池入れであった。

なんだ、ボタン電池がいるのか。とわかればスバヤク購入。

電池を入れて再びシャッターボタンを押す。カシャ。おー!!普通に使える!!

調べてみたら、このMC-20はF100時代のシロモノで、当時の定価11000円、機能面からみて現行のMC-36の先代モデルのようだ。20は36同様、時間設定が色々出来る機能がついている。残念ながら現在は絶品である。しかし、F100時代から現行品であるMC-30が中古ですら品薄な今、MC-20も使えるというのは朗報ではないか?MC-30をお探しの諸兄には、是非ともMC-20も選択肢に入れてほしいと思ったのであった。

あれ?そーいえばMC-36は高いけど普通に購入出来たんだろうか?
[PR]

by mizkichi | 2006-11-02 10:25 | @gear | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 02日

デジタル一眼導入

つーか、普通にお金出して購入したんすけどねぇ、テヘヘ。

フィルム一眼はニコンを使ってたので、デジタル一眼も買うならニコンと。ニコンD70が出たあたりからそろそろデジ一眼欲しいなぁと、思っておりました。しかーし、モデルサイクルの速さと新しいほうが確実にいいという事実からイマイチ買うタイミングというか、なんとなく躊躇してました。まぁ、値段も値段ですしねえ。

しかーし、正直申し上げて、スペックや今後の発展性を考えるとキャノンのほうがいいとは思っております。CCD(キャノンのはCMOSですが)も35mmサイズが出てきてるし、これからはもうどんどん出ますよ、えー。バッテリーの持ちなんかもぜんっぜん!違いますからねぇ。レンズごと買い換えるお金と仕事があるなら今からでもキャノン買うかもしれませんが・・・。

まぁ、わかっちゃーいるけどねえ、まぁ、いいですよ。そんなA4以上のサイズで出力しないし、35mmフルサイズは現時点ではプロでもないのに買っていい値段ではないだろ!バッテリーだって予備買いますとも!と自分を納得させつつニコンを選ぶ方向へ。

で、ニコンならやはりD70 よりかはD200か、しかしいい値段するなぁと躊躇してるうちに9月にD80が発売された。キムタクがコマーシャルしてるってとこでちょっと気持ちを萎えさせたが。

そーか、D80もいいかもなあ、どーせPC並みに買い換えていくもんだし・・・と選択肢にD80が加わってからまたややこしくなってきた。

D80のほうが全然安くて、その安い分新たなレンズとかの購入代金に回すことが出来るではないか、と思ったけど何か弱点は、と、どーしても買いたくない理由を探してしまう。

実をいうとニコンを使う前に1台だけキャノンを買ったことがある。EOS10だったか、こいつについていたプログラムモードが嫌いだった。人の顔だとか山だとか、撮影する対象に最適だというプログラムが設定されているのだが、ほとんど使ったことがなかった。使わないのにモードダイヤルに設定があるというのはいかがなものか?まぁ、ダイヤル一周、スペースが余ってしまうが、Pもいらないから昔からある絞り優先、シャッター優先、マニュアルだけにしてくれればいいのに。

そんなわけで、D80出現当初は最新で、最初に買うデジ一眼ならこれでいいんじゃないかと思ってはいたが、迷っていた。価格コムを覗いてみると、同じように迷っている人がやはり意見を求めるために投稿していた。まぁ、モードダイヤルがどうので迷っている人はいないみたいだったが(笑)。それにしてもD200ユーザーからはD200のほうがいいっすよ~というコメントばかりであった。

そりゃあ、後から廉価版が出れば悔しいだろう、とこちらに対しても何か弱点はないものか、とこちらはこちらであら探しをしてしまう。

というわけで、スペックや人の意見で比較してもよーわからんので実機をいじり倒して決めようと思い新宿にあるニコンのショールームに行ってみた。

いじってるだけなのにあらゆるところから汗が出てしまう。別に盗もうとか壊そうとか考えてるわけじゃあないんだけどなぁ、なんだかアセル。

う~む、どちらも一長一短、これはこちらのほうが、いやいやこれはあちらのほうが、二人の俺が俺に色々とそれぞれの機種の長所短所をプレゼンしてくれる。う~ん、と思いつつ何気に更に上位機種であるD2Xをいじってみた。

全く違う。くれるなら全然D2Xが欲しくなった。が、その後2台をいじってみてすぐに結論は出た。

D200だ。

D200かー、値段もさることながら、これからのことを考えるとメモリーはSDカードのほうがいいだろう。CFカードは昔使ってたデジカメの128Mしか持っていないから新に購入せねばならない点も痛い。

が、撮影シュチュエーションを考えると、防塵防滴ってのはかなり嬉しいスペックである。多少の雨の中なら撮影しちゃったりしてるもんなぁ、仕事中とかに動かなくなったりするのは痛いのである。

そこへすかさずニコンのオヤジ。

雨とかかぶっちゃったらD80はすーぐ動かなくなりやすぜい。PCみたいなもんですからねぇ。電子機械ですもん。その点D200はF100並みの防滴性能持ってますよ。

と、言ってもF100持ってないからわからんのだが、F3P並みか?

というわけで、発売後半年以上経過した今更だけどD200を購入した。

というわけでこれからは現像代を気にしないでバシバシ撮りまくれるわけだが、その前に現在までに撮影したコンデジ画像も整理しとかないとな、って考えると少々頭が痛くなってきた。
[PR]

by mizkichi | 2006-11-02 00:10 | @gear | Trackback | Comments(0)