水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:@outdoor( 12 )


2015年 11月 15日

本沢温泉~硫黄岳

先月の休日、丁度一ヶ月位前に行った山登りのレポ

久々の山登り
しかも初めてのソロ

どこにすっかなぁと
3年位前に買った山雑誌をパラパラ

あ!ここ行きたいと思ってたじゃん!

標高2150mにある露天風呂
本沢温泉

ここでテン泊して
八ヶ岳のどれかに登ることにした。

天気も良さそうだから満天の星空も期待出来るな。

その雑誌でのモデルルートは稲子温泉からで
恐らく5時間位掛けて本沢温泉へ行く
というものであったが
ネットで色々調べてみると
一番簡単なルートだと車止めから1時間程で行けちゃうことが判明。

まぁ、どっちで行ってもいいやで
登り口付近に近づいた時間で考えよう
と出発したが
途中、平日にも関わらず中央道の工事渋滞にガッツリハマるなどし、
付近に着いた頃は既に12時過ぎ(笑)。

というわけで最も最速で行けちゃうルートを選択することとなった。

まぁ久々だからな。

車止めからの林道は大きな起伏もなく
楽に約1時間程歩いて本沢温泉へ到着。

山小屋でテン泊代600円、露天風呂代600円を支払い
素早くテントを設営していざ山の出で湯へ!
e0098223_1357413.jpg

写真で見た通り中々いい感じの場所にある。
では…
あれ?!結構温い!
公称40.8℃の源泉は周囲の気温が低すぎて寒く感じる!
1時間程入っていても一向に出たくは感じなかったが
いつまでもそこにいるわけいかないので…

風呂を出て食事を済ませたらもう寝るしかないのだが
日が暮れてからの気温の低下はあんまり考えてなかった・・・。
後で山小屋の人から今年は季節の進みが一月早くて
晩秋から初冬のようだ、と

行く前に教えて欲しかったなぁ。

というわけで星空観察もそこそこに
もう寝るぜ

と午後8時にはシュラフに潜り込んだんだが

さみぃー!

ダウンも着たままだけど

さみぃー!

1時間程うとうとしては起きての繰り返しで
朝5時過ぎにはもう起きることにした。

完全に寝不足となってしまったが
天狗か硫黄岳のどっちかに登るため
素早くテント撤収。

登ること1時間弱で夏沢峠へ出た。

小屋の主人に天狗と硫黄、どっちが近いか聞くと硫黄という答え。

あれ?天狗ってそんなに時間かかるの?

天狗へ行こうと思ったら本沢温泉辺りから既にルートが違っていた模様。

ということで迷うことなく硫黄をセレクト。

小一時間で山頂へ。
e0098223_13573362.jpg

さみぃ~!

と思いつつも30分位は一人で盛り上がって山頂をウロウロしました(笑)。

いいリフレッシュにはなりました。
[PR]

by mizkichi | 2015-11-15 09:10 | @outdoor
2013年 08月 25日

東北アブ地獄2013

今年も始まりました、恒例のアブ地獄。
どれくらい凄いのか言葉では表現しにくいですが、
こんな感じに凄いです。↓

e0098223_12435135.gif

これは一緒に行った人のケツ部分なんですが、
なーんでかケツ周りに集まります。
別に樹液が出てるわけでもないし、なんかが漏れてるわけでもないですよ(笑)。

来週は更に山の中に行くので、
今度は「森林香」も持って行こうと思います。
[PR]

by mizkichi | 2013-08-25 12:47 | @outdoor
2013年 04月 06日

2013年春のノッコミ始まる

今日は暖かい1日であった。

とういうわけで、自転車に乗って野川に行ってみた。

やってるやってる!

コイのノッコミシーズン到来。
e0098223_23593457.gif

あちこちで!
e0098223_021427.gif

マルタも来てました。
e0098223_004946.gif

週末は雨のようなので、増水したら産卵行動が見られるかもしれませんね。
[PR]

by mizkichi | 2013-04-06 00:02 | @outdoor
2012年 11月 18日

休日の高尾山はやっぱ凄い人だねぇ

昨日の雨天とうって変わって今日は朝から快晴。
というわけで、かる~く山でも行ってみっか、
でカミサンと高尾山へ。

予想はしてたけど、それにしても凄い人・・・。
e0098223_22431719.jpg

乗るつもりは全然なかったが、
ケーブルカーの最後尾は1時間待ちというアナウンスが聞こえていた。

1時間って・・・。

普通に歩いたほうが早いですよ。

と思いつつ、1号路を歩き始めたが、
すんごい人の量で、薬王院まで小一時間かかちゃったよ。

そんでもって、そこから先は激混みで全然進まない気配だったので、
諦めて降りようとしたが・・・、

薬王院を通らずとも山頂へ向かうルートを発見。
しかも全然空いてて快適なルートじゃん!
e0098223_22483436.jpg


というわけで、
山頂に行くことは出来たが、
やっぱ凄い人ごみです(笑)。
e0098223_22493583.jpg


とりあえず生ビールを飲んでスグサマ下山。
帰りは最初から混雑した1号路を避けて下山したので、
1時間程で下山。
休日の高尾山へは二度と行くまいと登りの途中では思ったが、
そうじゃないルートもあるのでまだアリ。

と思ったが、
登るなら今度はもっと根性のいる山へ登らないとな(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2012-11-18 22:59 | @outdoor
2011年 12月 03日

三つ峠登頂

少し古い話だけど書くのを忘れていた。
先月の23日の休日、
熱海在中の山好き夫妻の誘いで、ひっさびさの山登りをしてきた。

場所は「三つ峠」。
知ってる人ならば山登り、なんて書くとあれだけど、
まあ、とりあえず山頂へ登りに行ったから山登りなのだ。

中央線の大月駅から富士急線に乗り換え「三つ峠」という駅で降り、
しばらく行くと登山口がそこからスタート。

e0098223_15112280.jpg

当日はイマイチの天気予報だったが、実際は素晴らしく快晴。

途中、またぎ富士を眺め、
e0098223_15121346.jpg


ロッククライミングの練習場として有名らしい屏風岩を通過し、
e0098223_1513177.jpg


2時間ちょいかけて頂上へ。
e0098223_15141310.jpg


道中、ほとんど人に会わなかったが、頂上には意外と人がいた。
聞けば別ルートでもっと簡単に行けるルートもあるらしい。

話題の「山ガール」も結構いました。
女の子達だけで登ってるんですね。
カラフルなアウトドアウェアを身にまとう彼女たちは、
アースカラーの山には良く映えますねぇ。

まぁ、ボクとしてはアリでしょう(笑)。

そして昼飯、周りに比べるとかなり本格的です(笑)。
e0098223_15191518.jpg

ほとんどの食材は熱海のご夫妻が用意してくれたんですが、
毎度毎度すみません。

ゆっくりと休憩した後は素早く下山。

日帰り登山には丁度いい感じの山でした。
[PR]

by mizkichi | 2011-12-03 15:28 | @outdoor
2011年 07月 23日

コペペ海岸

小笠原の父島にある海岸。
今回、初めて行ってみたけど、手軽に魚類の豊富な岩礁地帯で泳げます。
そんな中、妙にフレンドリーなトゲチョウチョウウオ2匹。
e0098223_13304123.jpg

最初は、お!カワイイな!
で、パシャ!

だけど、その後もずーっとついてきて、
他のものを撮影しようとしてると
すすすと近づきフレームイン。
e0098223_13335368.jpg


しまいにゃ、海岸近くまでついてきてしまいました。
e0098223_133521100.jpg

むちゃくちゃ人馴れしてます。
餌付けされてるんでしょうか?

コペペ海岸、左側の岩礁地帯に今もいるんじゃないでしょうか。
[PR]

by mizkichi | 2011-07-23 13:37 | @outdoor
2008年 12月 21日

木星を見た

先日、近所の公園で月一で開催している観察会に出たときのこと。
e0098223_23245730.gif

夕暮れ時ということもあって、天体観測もやった。
冬は空気が澄んでいるので、東京の街中でも晴れさえすれば幾つかの☆を見ることが出来る。

日没を待たずして、あたりが暗くなってくると、まず一番星として金星が目に入るでしょう。
「宵の明星」、なんて呼ばれてる星ですね。
昨日、今日は日没近くになると、南の空で最初に輝く星を目にすることが出来るでしょう、
それが金星です。
その金星から4時か5時の方向へ視線をずらしていくと、
やや小さいが他の星に比べたら比較的明るい星を発見することが出来る。

それが木星なのだ。

ちょっと低い位置に来てるので、下の方の空も広く見える場所じゃないと発見できないかも。
望遠鏡で見ると、木星の周りの衛星もハッキリと見ることが出来た。
木星の衛星は全部で16個もあるらしいが、特に大きな衛星4つを見ることが出来る。
ガリレオが発見したことからガリレオ衛星と呼ばれるこの4つの衛星、
イオ、エウロパ、カリスト、ガニメデ。

あれが木星だ、とハッキリ認識して見たのは実は初めて。
ちょっと前に見たときは金星と並んでいたハズなので、どんどん離れてるようだ。

天気のいい夕暮れ時、5時半位になればもう見えるので、是非見て欲しい。
星の名前がわかるとなんだか嬉しいじゃないですか(笑)。
そうでもない?
[PR]

by mizkichi | 2008-12-21 23:47 | @outdoor
2008年 11月 04日

蕎麦粉を煉るように

朝起きたら体全体がおもいっきし疲れていた。

蕎麦粉を煉るように体を伸ばして欲しい・・・と思った。
e0098223_20293083.gif

昨日、山仲間と丹沢山系へ山登りに行きました。

山登り、

と言っても小学生なんかでもスイスイ登っていた大山というところです(笑)。

リーダーは毎週山へ登ることを生きがいとしているオバちゃんで、
今回リクエストした山行はハイキングみたいなもんでしょうが、
付いていったボクを含めた3名にとってはそこそこ疲れる山でした。

この3名は過去には北岳なんかも登りましたよ!
決して軟弱ではないはずです!

しかーし!普段の生活に山登り、は無いのですね。
せいぜい年に3回行けば凄く行った!的な感じな人たちなのです。

ボクなんかは普段の仕事で山やら川を歩き回ってるから、
そんなに疲れるもんでもないだろう、

と思っていたけど甘かったですね。

完全に疲れてます。
使っている筋肉が違うようです。
ふくらはぎや、ケツの上辺りが痛いです。

せめてもの救いは翌朝すぐに筋肉痛になったという点でしょうか(笑)。

写真の狛犬は大山へ登る途中の神社にあったもの。

長年、踏ん張りすぎたのでしょうか?
前足太!
アイソメトリックスの効果かもしれません。
[PR]

by mizkichi | 2008-11-04 20:31 | @outdoor | Trackback
2008年 08月 24日

観察会へ参加してみた

久しぶりの在京は朝から雨。
こんな日は、PCに向かっているとついつい時間が経ってしまってることを忘れてしまう。
e0098223_14445958.gif

昨日は地元で行われている「観察会」に参加してみた。

常々思っているのだが、いかんせん人付き合いが苦手なためについついないがしろにしている
ボク自身に課した「仕事以外の人間関係を広げようー!」の一環で(笑)。

身近な観察場として近所の公園をフィールドとし、月1程度で観察会をやっている団体。
今回は夜の生物の観察ということで開始は夕方からだった。

が、生憎の雨・・・。
晴れ男を自負してきたボクだが、最近になってこーゆー展開が多いような気がする・・・。
え?オレか?ということを決して白状せず、室内講習に参加した。

1時間ほどして少し飽きたころ、雨も小降りになってきたことだし・・・、
と残り時間は少しだったが、公園に出てフィールド観察となった。

雨のせいで期待したほど動物は出ていなかったが、
セミの羽化が最初に見つかったときは歓声が上がった。
「イナバウアー!」
誰かが言った。今となっては少し古さを感じてしまう言葉だったが、
セミの羽化を形容するにはピッタリはまる。

子供の頃、セミの羽化の実物は1度位しか見たことなかった。
というのも、真夜中に羽化してるイメージがあったので、
相当頑張って起きてなければ見られないという思いがあったから、
1度見て満足していたのかもしれない。

結構早い時間から羽化してるんだなぁ。

羽化が見られたセミはみんなツクツクボウシだった(写真のセミ)。
夏の終わりに多くなるセミで、この声が聞えてくるとそろそろ夏休みも終わり、
宿題片付けなきゃ、と子供に思わせる。

カブトムシも見つかった。

都会のど真ん中の公園でこーゆー虫が見られると嬉しくなる。
室内講習だけで帰ってしまった家族が勿体無い。
子供は夜うろつくだけでも楽しいのに・・・。

観察会終了後は懇親会があった。
観察会自体初参加にも関わらず、懇親会にも参加希望を出していた。
懇親会はオール顔見知りの飲み会になるはずだから、
新参者のボクとしてはかなり勇気がいったが、これも修行(笑)。
初対面の人の前で自己紹介するのも一苦労だった。
みんなどこ見て喋ってるのかなぁ。

実は前日も飲み会で、しかも朝帰りで昼過ぎまで具合が悪くて寝ていた。
ということで懇親会はキャンセルしようか思っていたのだが、
飲み放題コースに参加。
緊張しまくりでしたが、いっぱい喋ってきました。

次回は渡り鳥の観察だそうです。
が、今のところ仕事の予定が入っていて参加は無理そう。

ボクよりも年配の方が多かったはよかった。
また参加できそうです。たぶん。
[PR]

by mizkichi | 2008-08-24 15:14 | @outdoor | Trackback
2007年 11月 25日

川の宝石たち

e0098223_23393661.jpg
去年の秋、文化の日辺りだったが、日光の湯川へブルックトラウトの産卵行動を見に行った。
しかし、今年は気になりつつも仕事の関係で今月上旬には行けずジマイであった。

もうすっかり季節も進み、もう終わってるだろうなぁと思っていたのだが・・・。

先週の金曜は曇り空の薄ら寒い日であった。
前日のほうがぜーんぜん天気も良かったが、出張から帰ったばかりだったので、なんだか体が疲れていた。
翌日は内業もせんとなぁと思いつつも、寝癖頭を抱えたまま、家でちんまりテレビの前に座り、「はなまるマーケット」なんぞ見るでもなく見ていたら、突如いかん!と思ったのだ。

内業やるのが嫌なら、せめてフィールドへ行かんかい!

というわけで、スバヤク身支度を整え、日光へ!
日光はすっかり紅葉が終わり、山の所々には雪も積もり、寒々しい光景が広がっていた。
日も出てなかったので川もなんだか薄ら寒い。

湯滝から下流に向かって歩いていくと、産卵床は幾つか見つかるも、肝心の親魚が見つからない。
やはり既に終わってしまったか・・・、と思った頃に見つけ、ニヤリとした。

e0098223_2322508.jpg
見つかると次々見つけることが出来た。
まーだやってたかー!
あっちのペア、こっちのペアと行ったり来たり観察してたら2時間はあっという間に経ってしまった。残念ながらあまりメーティングしてるようなペアはいなかった。
やはり時期的にもう終了か?

周辺はいつの間にかだいぶ暗くなり、ISO感度を1600にしてもシャッター速度が辛くなってきた。三脚を使用してたが、30分の1秒を切るようになると、水の流れやらで、シャープな画を得ることが出来なくなってきた。
日光へ着いたばかりのときは完全に曇りだったが、いつの間にか晴れて4時を過ぎるとすっかり青空が広がっていた。しかし、肝心の太陽はかなり沈みつつあったのだ。

もうちょっとだけよ・・・、と思いつつ4時半までしつこく観察(笑)。

まぁ、来たカイはあった。来年はもうちっと計画的に来よう。水中からも撮影してみたいし。

すっかり冷えた体を温泉でふやけさせ、じゃあ帰るかと車を走らせると夜空がもの凄く綺麗なことに気がつき、途中停車。

e0098223_23363560.jpg

星空を撮影してみたが・・・、う~ん、結構難しいな。
[PR]

by mizkichi | 2007-11-25 23:56 | @outdoor | Trackback