水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 18日

チェンジリング



先日、少年メリケンサックを見に行った際、ボクが見たい映画候補に挙がっていた「チェンジリング」。
ツレには却下されていたので、昨夜ソロでレイトショーに行った。

良かったですよ~!

イーストウッドは監督・製作だけで、本人は出てないんで、
DVDでいいかなぁ~なんて思いましたが、やはりね、映画館で見る、
というのがいいわけですよ。

自宅を出て30分後にはスクリーン前、となる近所のシネコンへ。
意外にも先日見に行った「メリケンサック」よりも人が入ってました(笑)。

ストーリーは1928年から数年間のロスで起こったホントの事件がベースになっている。

子供がいなくなっちゃって、5ヶ月後、
いましたよー!って帰ってきた子は別人だった・・・。
お母さんがわが子を忘れるわけがありません。
見た瞬間別人であると言っても警察は認めません。
子供もホントのことを言いません。
いつまでも保護されてきた子をわが子と認めない母は警察にとって都合の悪い厄介者扱いされ、
強制的に精神病院へ入れられ・・・。


お母さん以外の人は戻ってきた子を見て違うなぁって思わなかったのかなぁ?
親戚のおばさんとかいなかったんですかねぇ。
その子には友達いなかったの?
友達だったら完全にわかるでしょ。
いなくなったっていっても5ヶ月よ?
近所付き合いとか悪かったんですかねぇ。

それはさておき、ロス市警、権力あるものが悪事というか、自分の都合を優先して職務怠慢、
ホント見ていて腹が立ちますねぇ。
なんだか「ダーティ・ハリー2」「ガントレット」を思い出します。

ウソをついている子供、ムカつきますねぇ。
こーゆーときこそ、クラスメートは苛めないんですかねぇ。
だって別人ですよ。

さらにムカつくのが精神病院。
母役のアンジェリーナ・ジョリーに対する仕打ちにめちゃくちゃ腹が立ってきます。
トゥームレイダー、ウォンテッドのアンジーだったら病院職員達はめちゃくちゃにやられていると思いますが、
今回のアンジーは弱いです。痩せた感じがなんだか黒柳徹子みたいでした。
精神病院のシーンはですね、ジャック・ニコルソンの「カッコーの巣の上で」を思い出します。
医者、看護士達がまた憎らしい。
マジで!超ムカつきます(笑)。

だけど、そんな弱者にはやはり味方がつきます。
警察の中にもまともなのが出てきます。

というわけで、最後は正義が勝ちます。
助さん、格さん、懲らしめてやりなさい!
後半へ行くとどんどんムカついてたやつらが凹まされていきます。
勝ちっぷりは痛快です。
イーストウッド映画ですから!大丈夫です。
昔からそうなってますから(笑)。

それにしても、オカンが異常者扱いされるくだりはちょっと怖かったですねぇ。
自分で自分を肯定しても誰も信じてくれないわけですよ。
ますます異常者扱い。開き直ってもダメなわけですよ。
こーゆーのは映画でよくあるけど、精神的に人を追い詰めていくのは実に怖いですね。
ダメじゃない人をホントにダメにするのは怖いです。

あんまり書くとネタバレになるのでもうやめます(笑)。
あ~、でもなぁ、最後のほうで、闘鶏みたいな顔したオッサンが出るんだけど、
ちょい役としてイーストウッドが出ても良かったんじゃないかと思いました。

というわけで、ボクは感動サブイボ2回発生しました。
最後はすすり泣きも聞こえました。

いいですね、なんだか他人とは思えません。
感動共有、君らとボクは一瞬かもしれないけど仲間になった。
映画館を出たらサヨナラだったけど。

タイトルロール、
編集は昔からお馴染みのジョエル・コックス、
音楽は「許されざるもの」からしばし起用されているレニー・ニーハウス、
作曲はイーストウッド本人ですが、アレンジメントに実息子のカイルが参加してました。
余談ですが、カイルが出ている「センチメンタル・アドベンチャー」、邦題はちょっと・・・、
って感じで、興行的にも振るわなかったようですが、いいです!
イーストウッドの歌も聴けます。
懐かしい!バディ・バン・ホーン(←「ダーティ・ファイター燃えよ鉄拳」の監督です)の名前も見つけました。

イーストウッド一家ここにあり、派手な映画ではないけれど、いい映画でした。
次回作、「グラン・トリノ」はイーストウッド主演です。
楽しみだなぁ。
[PR]

by mizkichi | 2009-03-18 10:26 | @movie


<< 2009初釣行in 伊豆      釣りキチ三平 >>