2008年 07月 11日

自転車事故

昨日の出来事。
いつものように近所をフラフラと自転車を走らせていたら、
自転車事故に出くわした。

オバサンチャリとレーシングチャリ。
すぐ目の前だったのだが、丁度反対を向いていた。
どんな感じでぶつかったのかわからなかったが、
オバサンは左方向に曲がろうとしてたところへ
右からもの凄いスピードでオッサンが走ってきた、というのが予想できた。

オバサンは無傷だったが、オッサンは路上にうつ伏せに倒れ、鼻血を出して口も切ってる模様。
オバサンはその状況におろおろしてたので、救急車を呼ぶ手配を済ませ、
オッサンは意識があったので、倒れていた状態から楽な姿勢に建て直し、
大丈夫そうだったので、現場を離れた。

さて、このような場合、どっちに問題があるのか?
最近、歩行者と自転車との事故が多いみたいで、車みたいに保険に入ってないもんだから、
どちらかが怪我したときなんざ、結構問題になるんだそうな。

気をつけないと・・・。

気をつけないとで言えば、抱き起こしたオッサンの体。
ガチガチのレーサールックであったが、
ピチピチのレーシングスーツから伝わる感触はほぼメタボであった・・・。
しかもちょっと汗で湿ってたし。
手荷物にはKFC。
そんなもん食ってちゃいかんでしょう・・・。
あー、オレも気をつけないと。
[PR]

by mizkichi | 2008-07-11 10:31 | @life | Trackback
トラックバックURL : http://mizkichi.exblog.jp/tb/8283816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< アチィので      川漁師 >>