水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 21日

ラッキーナンバー7(原題:LUCKY NUMBER SLEVEN)

ジョシュ・ハートネット主演のクライム・ムービー。上映開始は先月中旬からか?いつの間にか時間が経っていて、気がついたらもうすぐ上映終了。というわけで一昨日急いで観にいった。

内容は当然書かないが、前半でどうしてそうなのかわからなかった部分が後半に紐解かれ、ちょっとガイ・リッチー監督の「ロック・ストック~」の影響を受けてるのかもという印象。まぁ、してやられ感はぜんぜん違うけど。
あえて大画面で見る必要はなく、DVDで土曜の夜なんかに水割りなんかを飲みながら観たらいいかもしれない。

この時期もうひとつ観にいかないとと思っているのは「不都合な真実」。これもうかうかしてると上映終了しそうでやばい。
クリントン政権時代のアル・ゴア元副大統領製作のドキュメンタリーフィルムであるが、地球温暖化の現実を見ろ的な映画。京都議定書から脱退するなど、アメリカの現政権の環境問題軽視を批判する内容ととれ、反ブッシュ映画とも言われている。次期アメリカ大統領選を睨んだプロパガンダたいう意見もあるが、現実問題起こっていることをわかりやすくフィルムにしてくれてるので、そんな彼らの思惑は無視して是非観ておきたい映画だ。

ところで、昨日のニュースでわが国の首相が先日観て、あっちゅー間に感化されているようだが、地球温暖化は今急に始まったり、気がついたわけではないのである。毎年環境省から発行されている「環境白書」にはそれはもう、今後の地球環境に具合の悪いことがいーっぱい書いてあるのである。知ってか知らずか、そんなお方が現日本のトップなんだと思うとだいぶ先行き不安で、温暖化問題同様、急務な問題かもしれない(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2007-02-21 10:53 | @movie | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mizkichi.exblog.jp/tb/5197366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< カモメ食堂      春節 >>