2007年 01月 08日

硫黄島からの手紙

わかっちゃいたけど、終始具合の悪くなる話の展開であった。実話というのがよくない。ホントにこんなことしてたんだぁってのが常に頭にあって、見てる最中はなんて馬鹿なことをしてたんだ・・・という思いがずーっと付きまとっていた。あまりにリアルな物語りなので、泣く、というのはなかった。泣けるなぁと思ったのは、劇中で繰り返し流れるテーマ音楽であった(音楽は前作同様、クリントの息子、カイル・イーストウッド)。なんだかやり切れない思いを感じさせるメロディで。まぁ、実際の先頭ではそんな音楽は流れず、戦争当事者には映画のように、敵対戦闘員の背景なんて見えてないだろう。これを見ても戦争をやり続けるのか?世界各地で、やったやられた、の繰り返しで、巻き添えをくらって意味なく人生を終結させられている人々がいるのかと思うと、ホント、やりきれない思いがよぎった。人間というイキモノは、結局常に何かと戦いたいんだろうか?オリンピックとかの競技じゃ満足出来ないんですかねぇ。

映画そのものは、というと2部作公開ということもあり、前作の「父親たちの星条旗」と比べてみると、前作のほうがいい意味での映画っぽさがあって、よかったかもしれない。

「硫黄島からの手紙」は日本が舞台ということもあり、日本国内ではまあまあの評価を得るかもしれないが、世界ではどうだろうか?物語の背景となる話が理解出来ないかもしれない。地名や状況なんかも日本人だからわかるけど、ヨーロッパの人なんかはわからんだろうなあ。背景がよくわからないと、ただの悲惨な日本軍の戦争顛末ってだけになるかもしれない。字幕なんかだとますます意味わかんなくなりそうだから、吹き替え版で公開されたほうがいいかもしれないなぁ。

それにしても、この映画は硫黄島で撮影されたものであるが、撮影に入る前、監督であるクリント・イーストウッドは東京都庁に会いに来日したり、島へ撮影にも来て、ニュースにもなっていたが、一緒に見たツレはそれを知らなかった。う~む、公開直前の来日は結構ニュースになっていたが、撮影前は大々的に取り上げられることもなく、“イーストウッズ”な俺みたいのが注目しただけだろう(笑)。

硫黄島、鹿児島にある同名の島には行ったことあるが、こちらの硫黄島に行くのは難しいだろう。なんて思っていたら、昨年末、小笠原に赴任した知人はなんと!今年行けるらしいのだ!奴は動物調査をしているので、仕事か?と聞いたらそーゆーわけではないらしい。小笠原在中者は行けるらしいのだ。あんた、ついこの前まで普通に○×市民だっただろう!う~ん、なんだかずるいなぁ。

話を映画に戻すが、終始、悲惨な映像、状況のオンパレードであったが、実際、生き残った人もいたわけで、映画の中でもその描写があったのが唯一の救いであった。中村獅童も出演していたのだが、奴は映画の中でもずるい奴であった。イーストウッドは知らなかっただろうが、中々の配役であったと思ったのは俺らだけじゃないハズだ(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2007-01-08 12:39 | @movie | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mizkichi.exblog.jp/tb/4871869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ダイエット      日本平 >>