2006年 11月 05日

ブルックトラウト魚っちんぐ参加

連休も今日で最後。自分は連休前に風邪ひいてしまったらしく、現在鼻水出まくりで、なんだか頭がぼーっとしてます。来週、久々の仕事なんだがなぁ。仕事に差し支えないよう、今日は大人しく自宅で静養しながらブログの更新でもしますかねぇ。

e0098223_14525212.jpg連休初日の3日は要さん主催の魚っちんぐに行ってきました。

湯川ではこの時期、イワナの仲間であるブルックトラウトが産卵シーズンを迎え、あちこちで産卵行動をしていて、今回初めて見に行ったオイラにはビックリでした。

イワナやサクラマスの産卵行動は何度か見に行ったことあるのだが、かなりストーキングしながら近づいて行かないとすーぐ逃げてしまいますけん、川沿いにある木道すぐ傍で、人の往来も気にせず産卵行動をしているなんて・・・。


ブルックは非常に綺麗な魚ですが、産卵期のこの時期は殊更綺麗な気がします。メスが尾びれで産卵床を掘る時に横向きになるんですが、鮮やかな体色が水の揺らめき越しにギラッと見え、とても綺麗です。まさに自然界が作り出した芸術品です!
e0098223_14534588.jpg

そんな美しい光景を見ていると自然と楽しい気分になってくるんですが、人間模様、いや魚模様とでもいうんでしょうか?魚の世界にも色々あるようで!といっても人間の勝手な想像ですが、産卵行動を色々想像しながら眺めているとまた一段と楽しさ倍増です。
e0098223_1455517.jpg

たとえば僕が見ていたあるペア。

オスがメスに体を擦りつけて、産卵行動を促し、それに答えるようメスは産卵床を掘っていました。

が、しばらくするとオスがすーっと下流へ下がったかと思ったら、ちゃっかり別のメスとランデブー。茶髪ヤロウ(→オスの体色が黄色っぽかったので僕が勝手に命名してました)はさっきまで一緒だったメスを置き、別のギャルを連れて上流へ。

すると取り残されたメスは

「アイツー何さ!一人だって産卵床掘れますよーだ」

と一人(1匹)で穴を掘っていた。

すると下流からさっきのオスよりも大きくて黒い立派なオス(→黒オスと命名)が近寄って来て、メスにアタックしてきます。

黒オス:「俺と産卵行動しよーぜい」

メス:「そんな、あたい困るわ、一応茶髪の彼がいるしぃ・・・」

と黒オスが擦り寄ってきてもモジモジするだけで、彼女は穴を掘ろうとしません。なんて貞操観念が強いんだ(笑)!あんなヤロウはほっとけよ!とは俺の心の叫び。

するとさっきの茶髪ヤロウが帰ってきました。

黒オス:「なんだ、てめぇ浮気モンが!」

と茶髪ヤロウを追い払おうとします。

茶髪ヤロウ:「僕の彼女なんで、ちょっと困るんですけどぉ・・・」

とでも言いたげに、黒オスの周りをウロウロしてます。

・・・なんて、これらは一部始終勝手なオイラの想像です。

この後、このメスはさらに下流に溜まっていたオス5匹のアタックを受け、かなりモテモテだったんですが、結局は茶髪の浮気な彼と一緒になると産卵床を掘っていました。相性があるんですかねぇ。

そんな勝手な想像はさておき、メスの行動だけを見ているとまるで水中で踊っているかのようでした。
e0098223_1594043.jpg

e0098223_1510022.jpg

e0098223_15101553.jpg

e0098223_15103045.jpg

そんな風にカメラを覗いてニンマリしているといろんな人が声をかけてきます。

バードウオッチングに来たという老夫婦に話しかけられた時、僕は産卵行動を観察していると言い、「メスが産卵床を掘っていてもオスはなーんもしません。まぁ、他のオスが来るのを追っ払ったりはしますが・・・」

と説明すると奥さんはニンマリしながら

「オスは何にもしないのねぇ・・・」とポツリ。

いや!オスは一応他のオスに自分が気に入ったメスを取られないように追っ払ったりしてるんですが・・・、と言っても聞こえない。

一緒にいたお父さんは実にバツが悪そうであったが、魚の話なんで!

それにしても、ファインダーをじぃーっと覗いていると、だんだん何を見てるのかわかんなくなってくるときがありました。ブルックは単品では非常識なくらい鮮やかな色をしてますが、自然の中では普通に溶け込んでしまうんでしょうか?

前日まで、ブログ経由での集まりだから、つまりパソコン通信時代で言うところのオフ会なのか!?オフ会参加経験なんてのはないぞぉ、と全くの初対面の人達と会うのは正直ドキドキだったんですが、楽しい1日を過ごすことが出来て行ってよかったです。有難うございました。
[PR]

by mizkichi | 2006-11-05 15:23 | @water work | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://mizkichi.exblog.jp/tb/4490505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 森のフィッシュ魚ッチング at 2006-11-06 12:12
タイトル : ブルックトラウト魚ッチング会
     ツワモノたちの夢の後・・・リバーランズスルーイット・・・ 3日は湯川でブルックトラウトの産卵行動の魚ッチンが会を開きました、集合したのはkomさん,くろやん,shojiさんとあっちゃん,やすさん親子,水キチさん, 晴れ男の参加で心配していた天候にもめぐまれました・・・肝心のブルックが良い撮影ポイントで産卵行動に入らず、ちょっぴり苦戦いたしましたが、ロッドを持たずに見る多くの魚たちは、どれもみな美しく、時間のたつのも忘れてしまうほどでした・・・私よりも参加された人達の写真のほう...... more
Commented by shoji at 2006-11-05 22:01 x
ブログにコメント頂きありがとうございました。
自己紹介もせずにすいませんでした。ってオフ会って自己紹介の
タイミング難しいですよね。
よもや、エアーウルフにライズするとは思いませんでしたが・・・(^_^;
リンクこちらこそよろしくお願いします。
Commented by mizkichi at 2006-11-07 00:35
>shojiさん
こんばんは。自分はその頃見てた番組で言えば、「俺がハマーだ」なんかにもはまってました。当時、壁に収納されるベッドが欲しくてたまりませんでした(笑)。


<< 深大寺蕎麦      椎名誠トークショー >>