2016年 12月 05日

メス鮭の産卵後の行動観察

先週は北関東で仕事をしていましたが
まだ産卵行動をしている鮭を確認することが出来ました。
産卵はあらかた終わっていて
あちこちに産卵床がありましたが
中には産卵床側でまだ泳いでいるメスがいました。

オスは産卵後はすぐに死んでしまうようですが
→実際、産卵後、すぐに死ぬところを見てないので
果たしてどうなのか?
メスは暫く生きていて、
産卵床の側で他の鮭ペアに荒らされないよう
見守っている
ということを聞いたことあります。
まさにそんな感じのメス鮭がいました。

体の後方は産卵床の作成作業のためにボロボロで
そのメス鮭はなんと!

尾びれそのものが折れ、しかも骨がむき出しに…。

なんかそれを見てたら物凄く切ない気分になりました。

カミサンにそのことをメールで報告すると
「その理由で切なくなってる人は今、地球上であなただけでしょうね」
というコメントを頂きましたw
[PR]

by mizkichi | 2016-12-05 22:11 | @animal


<< 河川調査後記      東京都内も紅葉だ >>