水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 11日

クリアフォトシステムの代用品

しばらく水中写真を撮影していない。
いや、正確にはハウジングにカメラを入れて水中写真を撮影していない、だ。

数年前に富士フィルムのコンデジXQ-1を購入した際
メーカー純正のハウジングも購入したのだが
まだ1回も使っていないので、デッドストック化しているw。

XQ-1自体は既に製造停止で後継機のXQ-2が出てるので
せめて壊れた時用に後継機でも物色しておくか
とカメラ屋に行ってみたが、見当たらない。

店員に聞くと

なんと!

既に今年3月には製造停止。

XQ-3の発売予定はないという。
もっとも、発売されてたとしても形がXQ-1とだいぶ変わっていたら意味はないけどね。

さて、今はそういう話ではなく
現状のシステムを使えるようにしておかないと
という話である。

自然光のみで勝負するなら今の状態で問題ないが
水中は暗いのでフラッシュは必須であるが
現状、フラッシュ撮影が出来ない状態である。

私のフラッシュは光ファイバーケーブルを利用したシステムで
これはカメラ本体の内蔵フラッシュが発光することで
外部フラッシュがスレーブ発光するというシステムなのである。

そのため、外部フラッシュを光らせるためにカメラ本体の内蔵フラッシュを発光させる必要があるのだが、
本体のフラッシュ光は前面に光るので
水中に浮遊物が沢山あると
それらが反射して、ゴミだらけの写真になる
ということになってしまう。

それを避けるためカメラ本体フラッシュは遮光しつつ
光った、という信号だけを取り入れるために
イノンから発売されている「クリアフォトフィルム」という
特殊な遮光フィルムを貼る必要があるのですね。

というわけで、なら買って貼ったらえーやん
って話ですが、
このフィルムがまあ一枚当たり500円もして高いのですよ。
フィルムサイズはせいぜいカメラ内蔵フラッシュが
隠れる位のサイズなので
ちょっと高過ぎじゃね?と思う。

ネットで安く買えないかとサーフィンしてみたら・・・

代替出来そうなものを発見。
水中撮影の記事ではなかったが
フラッシュを複数使った撮影でフラッシュ光は欲しくないが
光ったという信号だけが欲しいという人が
書いていたレポート。
これは使えるかもなぁ~
で早速実験。

e0098223_1252540.jpg

これは現像済みポジフィルムの最初の部分。
カメラに装填する時に感光する部分にあたり、
現像すると黒くなっている部分である。
フィルム時代後期はナマイキにもポジで撮影していたので
こんな部分はフィルム1本につき必ず1ヶ所ある。

こいつをフラッシュ部分に取り付けられる大きさに切り出して
e0098223_12522236.jpg

フラッシュの前に取り付けます。
e0098223_12523621.jpg

XQ-1ではこんな感じ。
二つ折りにするとクリアフォトフィルムと同等の透過度になります。
e0098223_1252563.jpg

ハウジングに入れるとこんな感じで
ストロボ強制発光でもクリアフォトフィルムと同様に
遮光され、外付けフラッシュもちゃんと発光しました。
e0098223_12531357.jpg


なお、詳しい説明は忘れましたが
白黒フィルムの黒い部分はダメだそうです。

クリアフォトフィルム高いなー
と感じる人は是非お試しあれ。
[PR]

by mizkichi | 2016-09-11 21:12 | @gear


<< Gショック 再起動      8月最後の日は台風一過で天晴れ >>