2016年 07月 09日

俺は1度だって家を欲しいなんて思ったことはないわけではない

いつの間にか7月に入って早1週間。
今月に入ってからはニイニイゼミの鳴き声が聞こえ始め
昨日は今年初めてアブラゼミの鳴き声を聴いた。

そう、いつの間にか初夏なのだよ!

いや初夏なのか?
一昨日なんかは真夏以上の暑さを記録していたではないか!
そうかと思えばこの前の火曜はヒジョ~に涼しく、
そのせいで翌日の水曜、俺は体調を崩してしまったのだよ。

水曜と言えばプールの日(俺のね)。
一番泳ぎやすい時間帯が発生するのが水曜日のプログラムなのだ。
なので、ここ最近は水曜の夕方はプールで泳ぐようにしていたのだが
それが体調悪しで行けなかったんですよ!
ここ最近の異常な寒暖差のせいで!

というわけで、昨日は世田谷区にあるプールにまで泳ぎに行ったのです。

ところで世田谷区の印象って皆さんどうなんでーしょうか?
自分が持ってるのは・・・

1.杉並区が対抗している
2.高級住宅街がある
3.世田谷耕せ?高級住宅街なのに畑なんかもあったりする
4.道が細いのに車通りが多かったり
5.袋小路が普通にあったり
6.なんなんだ!このクソ道路は!と車で走ると必ず感じる

といった印象じゃあないでしょうかねぇ。

そんな界隈を自転車でゆっくり走っていると
色んな家が目に入ってくる。

高級な家は勿論
いかにも建売な家
同じよ~な家が1区画にまとまって建っている。
経年変化も一緒。
もうちょっとデザイン変えて作ればいいのに
と思うが、その方がコストが安くなるんだろうな。
ま、それをヨシと思って買う人がいるからいいだろうな。

それにしても、
経年劣化というのはなんだか可哀そうな気になってくる。
家を買ったばかりの頃は
ものすごーく色々な事を夢見て
こーしよう、あーしよう
とか色々やってきたんだろう。
だが、月日というのは残酷だ。
劣化と共にやる気は失せ、
一緒に住んでいたであろう子供たちはやがて大人になり家を出て
開かずの間が増え、昼間でも雨戸が閉めっぱなしの部屋ばかりとなっていく・・・。

なんてことは全てオジサンの勝手な妄想なんだが、
そーゆーのを見ちゃうとなんだかうすらさびしぃ気分になるのね。

ただ、そういう事態は高級な家には発生していない
ような気がする。

頑張ってローン組んで買ったような家?
頑張った分、疲れ果てちゃうんでしょうか?

まぁ、そんな哀しみの家はほっといて
俺の好きな家は
まず緑(植物)が多いこと
車を停めるスペースがあること(出来れば車庫だね)
1階は駐車スペースという2階建て

車はまあ東京では不必要な人も多いでしょう。
持家じゃなければ駐車場代だってバカにならない値段だ。
都心なんかだと
それ俺が学生時代に住んでた下宿の家賃より高ぇじゃん
なんてのもあるので
持つことは贅沢な事なのかもしれない。
仕事が忙しけりゃ乗る機会も少ないわけだし。
だけど車を運転出来る期間にも限りがあるわけだし
持ちたいのに我慢する位だったら持った方がいいんじゃねぇの?
ってのが持論。
妥協せず好きな車に乗ってもらいたい。
エコだからって好きでもないデザインのプリ○○とか買わないで。
好きじゃないからいっつも感じの悪い運転をしてるんじゃあないかと
俺は思う。
やたらと飛ばしまくってあおってくる奴多いしな。

で、家なんだけど
本日、なかなかいい家を見つけたので写真撮影。
自分の気に入った感じの家は取りあえず写真撮影することにしている。
そんなことしてると
とーっても怪しいオジサンにしか見えないので
堂々と撮影していますが(笑)。

そのいい感じの家っつーのは
別に高級な家でもなんでもないんだけど
まず車庫があって、その上のスペースにちょこんと
部屋が乗ってるんですね。
たとえて言うなら部屋が船でいうとこのキャビンですね。
そんな外観
って、窓の外にはダイビングで使うフィンなんかを吊るしてあったり
まさにボートを意識してるやん?
これがまた母屋とは別なんで
いったん母屋を出て階段登って部屋へ行くって感じなんですよ。
秘密基地っぽいですねぇ。
いいなぁ。
別に広くなくってもいいんですよ。
その中に自分の好きなもんが放り込まれてれば。

というわけで、他人の家を見て幸せな気分になった俺である。
[PR]

by mizkichi | 2016-07-09 14:59 | @life


<< 北斗百裂拳      チープカシオにはまる >>