2016年 06月 01日

チープカシオにはまる

e0098223_1156553.jpg

きっかけは今年出版された本を見て
e0098223_1201466.jpg

最初は子供の頃、親に買ってもらったデジタル時計を思い出して手に取ってみた。
当時買ってもらった腕時計は載っていなかったが、
エッセンスは感じとることが出来た。

なんかスゲェじゃん!

あの時計はまだ実家にあるな・・・。

最後に見た時は既に電池残量は無くなっていたので
壊れているかどうかは不明だが、
液漏れしてなければ多分大丈夫だろ、この本を読む限り(笑)

デジタル時計が出て、その時間表記には大いに未来的な要素を子供心に感じたものだ。

その後、あらゆるものはデジタル表記されるようになり
車の速度メーターもデジタル表記となった。

その当時はカッコいい~!
と思ったが、

デジタルが量産されるにつれ、価格は急落し、
デジタル、イコール、安っぽい
というイメージに変わっていった。

自分がデジタル時計を最初に持ったのは
セイコーのパタパタ式の目覚まし時計。
e0098223_12144065.jpg

小学5年生の時でした。
なので30年以上のモノですが、まだ現役で動いてます、というか使ってます。
さすがにアラーム機能は怪しくて、設定した時間(5分刻みで設定出来ます)で
鳴ったり、鳴らなかったり、鳴っても音が怪しかったりなので使ってませんが(汗)

そんで、翌年、カシオのデジタル式腕時計を買ってもらいました。
今では当たり前の機能のアラーム
そのアラーム機能付を欲しかったのですが、
うちの親は普通にその希望は無視で
ストップウォッチ、デュアルタイム機能付のものを私に買い与えました。
はたしてデュアルタイム機能使うかね?
小学生が?
当然持て余す機能でしたよ(笑)。

そんなもんでも当時はよく覚えてませんが5000円以上10000円未満ですかね?
アラーム付も値段は変わらなかったんですがねぇ
なぜかアラーム付はダメでした。
アラーム鳴らしまくると思ったんですかね?(笑)。

当時は「デジボーグ」とかいうのが欲しかったですね。
同級生が持ってて垂涎の時計でしたねぇ。
垂涎なんて言葉は大人になってから覚えましたが(笑)。

調べてみたらその当時のモノは勿論中古でしかないですが、
新品のちょっと当時のデザインとは異なるものが
¥45000

たか~い、しかもなんか違~う。

当時は1万円前半だったと思いますがね。
まぁ、物価は変わってますが、そこまで高いイメージはないですね。

デジボーグそのものではないですが、
似たようなものは3000円代で買えるようなので
こちらの方が魅力的。

まぁ、そんなわけで実家に行って取りに行くのももどかしく
急に手元に欲しくなりついつい買ってしまいました、安いし。

最初はメタルバンドモノを購入し、その懐かしさにご満悦だったわけですが
仕事での使い勝手を考えてウレタンベルトものも購入。
さらにバイブレーションアラームという珍しい機能付に惹かれ、同時購入。
3本まとめても5千円しないです(笑)。

元々、時計は好きでしたので
オメガだとかローレックス、ジンとかには興味がありましたが
値段をみると
どうも手が出ない。
20年位前はまあまあ手を出してもいいかな
って値段で売ってましたが
最近はなんか高いですね。
ちょっと買う気にならない値段ですよ。

そんな私はダイバーだったのでダイバーズウオッチをしてました。
セイコー、タグホイヤー

とはいえ、最近では仕事時以外はしなくなりましたね。
なんか時間に縛られてるように感じて。

でも、このチープカシオはなんだか装着したくなりますね。
80年代良かったじゃん!
な気分になります。

買ってまだ半月も経ってないですが、既に3本の時間は異なっています(笑)
いずれも10秒位遅くなっています。
まぁ安いし。

バイブレーションは10気圧防水となってますが
他2本はウォーターレジストと表記こそありますが
日常生活用防水と取説には書いてあります。
ですが、水道でジャーっと洗ってもなんら問題はないようです。
実際試しましたが、大丈夫でした。

なので仕事でも大丈夫ということでガンガンに使っています。
ただ、ガラス?樹脂?
は傷が付きそうなので、そこはちょっと気になるところです。
[PR]

by mizkichi | 2016-06-01 08:00 | @gear


<< 俺は1度だって家を欲しいなんて...      気楽にはけるパンツ >>