2015年 06月 29日

急な発熱(備忘録)

何年か前から年に1回発熱する時がある。
たいがい今時期のような暑くなってくる時期に多い。

発熱は昨日。
午前中、近所の公園へ散歩して帰宅し
洗濯している間、ビデオを観ていたら始まった。

なんだかお腹の辺りが小刻みに震え、これは発熱の前兆だと思いつつも必死で否定しつつ
ビデオを見続ける。
が、終了も近い頃、本気で体が震え始め、とりあえずダウンを着るも
全然寒さは収まらない。

完全に発熱した。
恐る恐る体温を測ると38.2

既に歯がガチガチ鳴るほどだ。

洗濯は終わっていたが干す気力はなく
アイスノンと共にすぐさま布団に入る。

1時間後、目が覚め、体温を測ってみると38.8
上昇しとるやん!
確認後はすぐさま再睡眠。

そして1時間、また目が覚め体温測定38.2

おお、下がり始めた!

そしてさらに1時間37.1

さらに1時間静養し36.8になったところで起きる。

発熱時間は約4時間。
こういうのがたまにある。

いったいなんなのだ。

仕事に行ってる時にも1度あったが、
大概休みの時に発生する。

身体の中の何かの調整なんだろうか?

熱は下がった代わりに今は頭痛が残っている。
左のこめかみ辺りが痛む片頭痛だ。

明日からはまた出張だというのに・・・。
しかもウェットでの作業・・・。

ちなみに発熱前は公園でジョギング(といっても15分ね)と腹筋50回
ぶら下がりなんかをやってきた。
これが原因だとしたらヤバいだろ(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2015-06-29 23:54 | @life


<< ミンミンゼミ、アブラゼミの鳴き...      今日は綺麗な夕焼けだった >>