2015年 05月 01日

ランクル70 電磁ハブロックは完全にオワッタ

ナナマルの電磁ハブの不具合
一番簡単なのはディーラーでパーツ取り寄せて交換して貰う
という方法なんですが、
片側5万で両方で10万、プラス工賃。

稼ぎの少ないオイラには結構痛い金額だ。

自分でなんとかならないか?
ということでネットで調べました

で、なんだか出来そうな気もしたが、シロートには肝心なとこがよくわからない
なので、不具合生じてからだいぶ引っ張ってしまいましたが、
いよいよヤバい感じになってきたので
シロート整備でどこまで出来るか
ということで以下に記録していきたいと思います。

最終的にはディーラーお任せになるかもしれませんが・・・(笑)。

・・・14万キロ位走った頃から懸案事項となっていた我がナナマル君の電磁ハブロック

不具合の要因は中に組み込まれている金属ブラシの摩耗
ということは予想されていた。

最近再販されたナナマルと後期型についているオートフリーハブというものは大丈夫そうだが
リーフサスのナナマルに付いていた電磁ハブはいずれ壊れることで有名だった。

新車で購入当時、マニュアルハブの選択肢もあったのだが(しかも安くなったのに)
まぁ、車外に出てやるのも面倒だよなぁ
で普通に電磁ハブを選んでしまったのがそもそもの失敗の始まりだな(笑)。

ハブロックのスイッチを押すと点灯ではなく点滅となり、
それはハブがロックされてない
という事を示していたのだが、少し車を前後させることで点滅は点灯に変わり、
ロックされるという
そんな状態であった。

4年位前の車検でハブを分解点検してもらった際
左に不具合が生じているが
右がロックされることで一応四駆にはなる
という話だったので、
まぁいいかとズルズルそのまま走らせ続けること2015年。

そして18万キロも超えた最近、
いよいよ通常の走行時でハブロックのインジケーターが点滅しっぱなしとなってきたので
右も具合が悪くなってきたんだろうなぁ
いよいよ何とかしないと

不具合が生じてから電磁ハブはネットで調べたところ自分で何とか修理出来そう
という気持ちにはなっていたが、
当時、金属ブラシとして代用する電工ブラシがどういうものかわからず
(最近、電気丸ノコを貰い、やっとどういうものかが判明(笑))
分解しちゃってやっぱ無理となった時はどーすんの?
ということもあって躊躇していた。

しかし、まぁ、とりあえず分解出来る道具は持ってるわけだし
ちょっと分解してみっか
と昨日分解してみました。

分解にはまずトルクスレンチというものがいります。
六角レンチに似てますが、その部分が六角ではなく星形なんですね。
以前、ハードディスクを分解するために購入したのか
ちょうど持っていたのはよかったです。

まず確実に不具合が生じている左側から。
一番前面にあるパーツを固定している6本のネジ(トルクスレンチを使用)を外し、こびりついてるガスケット
(水が入らないように金属パーツとの間に挟んである薄いシートです、用途としてはOリングみたいな)
が破れないよう、マイナスドライバーでソフトにこそぎながら外そうとしますが・・・
e0098223_10425234.jpg

あれ?なんかバネみたいのが?

ネットで見た分解パーツとなんか違います。

それにしても内部はサビサビであることが判明しただけでも驚愕の事実です。

不安になり、右側を分解してみることにします。
e0098223_10463853.jpg

右側は普通に外れ、外した状態もネットの記事で見たとおりです。
e0098223_10473562.jpg

今のこの状態はハブロックされていない状態みたいです。
こいつの真ん中にあるリングを手で回すとその下についているバネに押されて
こんな感じになり
e0098223_11224532.jpg

中のハブとかみ合うことでハブがロックされる
ということが理解出来ました。
e0098223_10495496.jpg

ネットで見た写真のとおりで、4本のナットを外し、ハブについているスナップリングを外せば
電磁ハブ本体が外れるような気がしました。

右側を見たことで左側が今どういう状態なのかが予想出来ました。

ハブロックされたままになっている・・・


ロックされたまま戻ってなかったということです。

おいおい、4年位前だけど、ディーラーで調べた時もそうだったんじゃねぇか?
だから左が動いてなくても右がロックされて四駆になると。
ということはずーっと左はロックされてたままっつーことは
デフも動いて?
なんか最近燃費悪いなぁと思ってたが、これか?

ディーラーの整備は当てにならないことが多いです。

ワイバーゴム交換しときました。
ん?サイズ違うやつじゃ?
あれ、これちゃんとしたサイズじゃなくてゴムを途中でぶった切ったやつじゃね?
おいおい、サイズがないならオートバックスでサイズが合うのを自分で購入しますがな!

フロントガラスのひびの修理
治りましたので取りに来て下さい!
はーい、っと、あれ?どこが治ったって?
てゆーか、前よりひびでかくなってるやん?
ガラスは全とっかえで。もちろん費用はディーラーで。

全てのディーラーがそうだとは思いませんがね。
多いのはフロントと整備との温度差。
フロントで色々質問しても全然答えられず、整備に聞いてきます。
だったら自分で聞くがな。
フロントさん、車好きで入社してるんだからもうちょっと車の勉強してよ。

で話は脱線しましたが、
右側は捻るとバネが伸び縮みしたので、
じゃあ左側も捻れば戻るのか?
で戻す方向に回したら・・・
e0098223_1124113.jpg

あれ?バネ切れちゃったよ!
e0098223_11242913.jpg

左側が正常な状態で右側が異常な状態です(笑)。
左側を見ると・・・
e0098223_119216.jpg

もう電工ブラシを加工して・・・
とかいう問題じゃなく、完全に左側の電磁ハブはオワッテいます。

なんだか歯のかぶせものを外したら中は虫歯が超進行
そんな感じに思えました。

ということでしばらく眺めたあと、再び蓋をすることにしました。

エンジン始動、ハブロックインジケーター点滅!
ハブロックスイッチオン!4WDスイッチオン!
やっぱり一応四駆にはなります。
明らかにハンドル重くなりますもん。
ジャッキアップしてスイッチオンオフで前輪はオンにすると空回りせず、
オフにすると空回りするので、この点からもハブロックのオンオフは効いている
と思います。

しかしなぁ、どうっすか。
電磁ハブは高ぇし、下回りをみると他も色々そろそろきそうな感じ・・・。
一番安く治すのはマニュアルハブにすることだと思うが
それには電磁ハブを留めているスタッドボルトを外さねばなりません。
でもこれってどうやって外すんですかね?
ネジって普通レンチだとかかます頭があるのですが
スタッドボルトにはそれがありませんよ・・・

ということでシロート整備は続く・・・

2017年1月1日追記
最近、この記事が読まれているようなので
やはり電磁ハブロックの不具合が気になる人多いんだろうか?
というわけで現在の状態を追記。

結局この状態のまま走行距離は194500kmを突破しました。
もうすぐ2回目のタイミングベルト交換時期が来ます・・・。

4WDシステムはとりあえず問題ないようで
昨年11月の関東大雪の際にも新雪の河川敷を問題なく走ってくれました。

スタッドボルトは更にナットを入れることでそれが下のナットのロックになるので
下側のボルトをレンチで回すことが出来るということで。
でもやってませんw

問題はグリスですね。
黄色いグリスは特殊なもので電気を通すことが出来るグリスのようです。
買うと高いんですよ、少しでいいし、これにしか使い道ないのに・・・。

というわけで現在、未だこのままです。
[PR]

by mizkichi | 2015-05-01 11:27 | @gear


<< ワイルド・スピード スカイミッション      Nikon D750 使用所感 >>