2014年 04月 01日

許されざる者

e0098223_9345943.jpg

去年、渡辺謙主演でリメイクされたが、私が観たことあるのは
勿論!イーストウッド版だ!
1993年の春に池袋で観た。
いやぁ、もう21年前ですよ。
その頃生まれた人らはもう大学生ですよ、月日が経つのは早いなぁ。

さて、「許されざる者」
物語の主人公、ウィリアム・マニーはかつては列車強盗、殺人で悪名を轟かせていたが
今では銃を捨て子供と農場で密かに暮らしていた。
しかし農場は順調ではなく、妻にも先立たれ苦しい生活だった。
そんなマニーのもとに若いガンマンが金になる話を持ってきて、久々銃を手にする。
が、その腕は既にポンコツで・・・
と物語は進んでいくが・・・

昨年度末、慣れないPC作業をしていたら
ふと、「許されざる者」を思い出した。

今日から新年度が始まったが、
昨年度末はかつて社員だったことがある会社の後輩から
デスクワークを手伝ってくれ
と頼まれ、
こちらも調査仕事が無かったこともあって生活費が困るなぁ
と考えてたこともあり
PCのソフトの使い方のリハビリも兼ねて
と、あまり気のりはしなかったが引き受けた。

それで会社に通い始めたのだが
最初は会社員だった15年前とはスッカリ違う状況に困惑。
そりゃあ状況変わってますよ。
社員も倍以上、支店もバンバン増えてんだから、組織も変わってます。
加えて知らない人多いし、かつて後輩だった人らは部長という役職で会社を牽引しています。

まるで浦島太郎が玉手箱を開けて煙を浴びてるような感覚だったと思う。
(って実際は浴びたことないからわかんねーけど(笑))
ずーっと下を向いてコツコツ自分の作業をしていたが、
フト顔を上げて回りをきょろきょろしてみるとスッカリ世の中が変わっていることに愕然
みたいな感覚ですかねぇ。

半端ないアウェイ感に加え
ソフト自体のバージョンアップもあるが、
会社での報告書作成ならでは使い方というのも
スッカリ忘れていたので、
口にハッキリとは出さないが
「もー、先輩何やってんすか!」
みたいなプレッシャー。

元社員だし、最近でもレポート書いてましたよね?
(と言っても5年位書いてないけど・・・)
と思われての採用だったが、蓋を開けてみると・・・

あれ?なんかこれって「許されざる者」の主人公みたいな?
かなり俺ってポンコツじゃね?

いやぁ、久々の凹み感を味わったねぇ。

加えて通い始めて3日でインフルエンザでその後1週間休み
結構なポンコツ具合を発揮(笑)。
そんなわけで最初の2週間位はスッカリ意気消沈で
会社に通うことがかなり苦痛だったねぇ。

とはいえ、ソフトの使い方も思い出し、
色々な気持ちの整理が整い始めたら調子が出始め
約1ヶ月半、3月30日まで年度末進行のお手伝いをやり遂げました。

桜も満開、今日から新年度。
今年度も頑張りますか!
[PR]

by mizkichi | 2014-04-01 09:43 | @life


<< たそがれヒヨちゃん      笑っていいとも!最終回 >>