2014年 02月 28日

B型インフルエンザになりました

昨日の朝、ようやく平熱に戻り、1日平熱をキープ
そして今日になっても平熱ということで

回復

ですよね!

今回なったのはB型

A型程高熱にならないとか
なかなか下がらないとか
しつこい分、A型より厄介、なんてことも言われてる

風邪症状に似ているので見過ごされることも多いらしい

おいらの場合は発熱のほかに・・・

・激しい頭痛
→これはホントに辛かった、頭痛で寝れないってありえない
ボルタレンなど強力な頭痛薬を投入したかったが、インフルエンザの場合は危険らしいので
素人判断で飲まないほうがいいと言われた

・激しい鼻水
→2日程度
以前鼻水のかみすぎで後日、しばらく片耳が聞こえなくなる
という事態になってしまったので、今回は積極的にはかまず、出しっぱなしで(笑)

・くしゃみを少々
→そんなに出なかったですが、時々

のどの痛みとかはなかったです

春の気配が感じられるような今位の時期に流行りはじめるらしく
おいらの周りでは聞いた話も入れて他4名の患者がいたことでも
まさに今時期の流行り病なんだと思ったね

というわけで今回、インフルエンザになって初めて薬を投与
よく聞く「タミフル」はではなく「イナビル」というのが処方された
が、果たしてイナビルは効いていたのか?

実は投与する前は熱なかったんだが、
投与後の夜から再発熱でその後、何度も熱は上昇

投与から48時間が経過してもなんだか効いてる感は全然なく、
むしろ最初は熱がなかったこともあり逆に悪化か?
と何度思ったことか!

もう1回病院に行ったほうがいいか?
と思った時もあったが
熱が下がるのは投与から1~3日と幅を持たせてるので
なんとか3日は我慢

で熱が下がったのは投与56時間後

一応72時間以内には回復の兆しを見せてくれたが
3年前になった時、インフルエンザとは当時思ってなくて勝手に治ったのだが、
薬投与なくても3日以内には熱が下がり始めたので
今回のイナビルはホントに効果あったのかなぁ
とは思う

早い段階で効果があれば不安もないだろうが、
おいらのように時間がかかると時間の経過と共に不安感、不信感がじわじわと上昇します

そんな時、励みになったのは効果が遅かった人らの体験ブログ!

なのでおいらのインフル体験記も備忘録として残しておきます
少しでもインフル患者の不安除去になればいいなと思います

1日目
体調悪化の兆しを感じたのはちょうど1週間前の金曜、
その二日前から出入りし始めたオフィスにてデスクワーク中、 
午後になって急に背中の右、ちょうど腎臓の辺りかなぁ、
そこがなんだか痛くなる
どんどん痛みが激しくなっていくことに危機感を感じたので緊急早退
自宅に戻り、とりあえず湿布を張って過ごす

2日目
背中の痛みは朝には引く
とはいえ体が怠いのでとりあえず熱を測ってみると37
唇の上側に乾燥感アリ
鼻水が出るとか、のどが痛いとか風邪の引き始めの症状はなかった
コンコン、と2回位続く軽い咳がたまにあり
やや頭が痛い
夜になりやや熱上昇、眠りにつく直前は37.6

3日目
寝起きに測定38.3
頭痛は続く
のどの痛み、鼻水とかはない
軽い咳がたまに
口の中が乾燥、唾が粘つく
夕方37度台に下がる
夜になり寝汗をかくようになったので、さらなる体温低下を期待するも
期待とは裏腹に38.5へと上昇
午前2時以降は頭痛により満足に睡眠できず

4日目
朝、寝起きの体温測定は37.5
朝一、尿がほとんど出ない
しばらくしてもう1度体温測定、36.7
熱が下がったので医者はいいかと思うも、
頭痛は治っていないので昼前に近所の病院へ

病院に行ってまず最初は熱測定
36.1
・・・、いや!今朝は熱あったんすよ!、今朝までは・・・
とちょっと気まずい空気を漂わせつつも、
一応インフルの検査をということで検査をすると・・・

結果はB型陽性

ついでに検尿、これまた尿はほとんど出ず、思いっきり濃い口の尿が出たことで・・・
結果は予想通り、

潜血、タンパクが陽性

これについては今現在の不具合によるものかもしれないが、
最初に背中の痛みがあったので、結石の疑いもあるということで
後日、インフル治ってから再診せよと

というわけで
インフルエンザと言えばタミフルか?
と思ってたが、イナビルという聞きなれない薬を処方され、薬局ですぐさま吸引

熱は既に下がってしまったが、頭痛があるので一応解熱剤を飲むも
頭痛は治まらず
夕方になると突然水のように鼻水が出始め止まらない
同時にくしゃみも出るようになる
夜になっても熱は上がることはなく36.2
鼻水、頭痛は続く

5日目
鼻水のせいでまともに寝れずで6時には起床
寝汗?なんか熱い?
まずいですねー、37.5に上昇
イナビル飲んだのに逆に発熱?
効果はあんの?

朝飯作るも激しい頭痛のためなかなか食えず

その程度の体温上昇で飲んでいいものか疑問だったが、
頭痛が和らぐような気がして解熱剤を飲むも
頭痛に対する効果はほぼない

やや不安になり、ネットで色々検索
先人のブログ記事の情報がありがたい
イナビル投与から30時間以上経ってから効果が、
という文字を見つけた

そうか、まだ効いてないのか?

激しい頭痛に鼻水という文字にも勇気を与えられたが・・・

夜になって38.5へ上昇
解熱剤で37.2へと沈静化も束の間
1時過ぎには38.8へ上昇
再び解熱剤投与、ものすごく心拍数が上昇。
「アイアムレジェンド」に出てきた「感染者」の脈拍並みの速さでやや不安な気分になりつつも
疲労で眠りにつく。

6日目
朝、もの凄くスッキリした感じで目覚め、ついに回復した
と感じるも体温を測定すると普通に37.5
現実を目の当たりにし再びグッタリ
とはいえ、水のように出ていた鼻水は出なくなってきた
が、代わりに腹が緩くなり始める
頭痛は変わらず
この日は解熱剤は一切飲まず
夜になり、体温は一瞬36度台に回復するもぬか喜びしないように
と思っていたらやっぱりその通りで、
22時過ぎには37.9へと上昇

7日目
2回目の正直ですっきりとした朝
体温は36.8
その後平熱はどんどん下がり、回復と判断

というわけで、その後、2日ほど特に何もせず体力の回復を待つ
[PR]

by mizkichi | 2014-02-28 16:55 | @health | Comments(2)
Commented by とくいゆみこ at 2015-03-14 18:11 x
おつかれさまでした・・
現在、初めて罹ったB型インフルエンザの床につきつつ、先人の闘病記を読ませていただき、ありがたく思います(^o^)
しかし、まあ、よく記録・・覚えてられましたね??そのことに、感服いたします。
Commented by mizkichi at 2015-03-15 22:12
とくいさん
病状はどうでしょうか?
当ブログ記事を読まれて少しは安心されたか思うとお役に立てて良かった!
と思います。
私も去年、初めてかかったので、
薬の効き目とかがよくわからず
本当に効いてるのか?
と不安になり、とりあえずネットで検索した際
先人の闘病記が励みになりました(笑)。
仕事柄、経過の記録というのは様々な場面で
チェックしております。
早く良くなるといいですね!


<< 今月は2週連続で援農      ウルフ・オブ・ウォールストリート >>