2013年 10月 25日

ヌカエビ

e0098223_932578.gif

10月に入って連続して日本列島は台風の影響を受けている。

26号の時はさほど仕事に影響することなく回避出来たが、
今週の出張は中止になった。

影響を受けそうだから、
ということだったが、ウェザーニュースなんかで出張予定先だった現地をみると
昨日、今日も大して雨の影響はなく、
なんとなくそんなのを見ると歯がゆい思いになってくる。

というわけで、今週は何となく東京待機となってしまったわけだが、

それならば!

で出張先で取ってきたデータ整理とかの仕事はあるので、

こういう時こそやるべき!

なんてのはわかってはいるんだが、あまりやる気は起きないな(笑)。

そんなやる気の起きない今週ではあるが、
非常にゆっくりと機材のメンテナンスや修理をしたりした。

それから、どんどん寒くなっていくので、
快適に仕事を進めていくための装備の点検とリスト作り。

リスト作りはいつも作ろう作ろうと思いつつも後回しにしてたので、
今週こそは作る!

と言いながらも生物の写真撮影なんかも(笑)。

画像は東北地方で採集したエビ。

ただの普通のヌカエビだが、
実を言うと拡大して詳細に観察したのは初めてである。

東北地方のエビはヌカエビ!ヌマエビだとかはいない!
なんて言ってた人がいたもんだから、
なんとなくそうなのか?
と思いながら採集しておったが、
確かに採集してきた個体はヌカエビであった。
それにしても簡単に沢山採集出来たのだが、
適当に選んで持って帰った個体は額角が折れてたり、
触覚が切れてたり・・・(笑)。

それと、数は少なかったが同じ場所で変わったエビも採集した。
e0098223_9571680.gif

大きさは1センチない位。
まだ成長途中の個体なのでわかりにくいが、
多分ヌカエビなんだろう。
その他のエビの特徴がない。
外国産だったらわからないが・・・。

ついでに10年以上前に採集してきて
ウチで代々繁殖しているエビも撮影してみた。
e0098223_9583760.gif

確か鹿児島県で採集してきたミナミヌマエビと思しき個体。
→と今まで思っていたが、なんか額角がやけに短いな…。

水鉢内で世代交代を繰り返し過ぎてかなり矮小化。
6mm位。

採集してきた個体は2~3センチ位はあったはずだが、
もう何年もそんな大きさに育った個体は見たことなく、
水鉢ワールドでは1センチに満たない状態で成長は止まってしまうようだ。
直径30センチ程の水鉢ワールドには50匹以上のエビがいるが、
これ以上増えることもなければ減ることもない。

この小さい状態で成長が停まることで水鉢ワールドは安定化を保っているようだ。
[PR]

by mizkichi | 2013-10-25 10:17 | @water work


<< 6回目の農作業      東北は鮭遡上 >>