2013年 05月 03日

電源の要らないエアーポンプ

5月というのにものすごく寒い。
寒気が来てるとのことで、札幌では今日、5月としては21年ぶりに降雪があったという。

そんな異例の寒さの中、久々の仕事で昨日、一昨日と東北に行ったが、
普通に残雪があり、時々雪もパラつく寒さであった。

さて、わたくしは先月までは専業主夫として家事及び片付けをしまくっていたわけだが、
1年以上は使ってなかった自作の「お魚運搬セット」、
(自作と言っても小型コマセバケツにエアーポンプ等を入れておいただけのものだが)
久々中身を確認しようと納戸から出してみたら中が黒カビだらけであった。

エアーポンプはAC電源使用のものと、電源不要のものと入れてあったのだが、
幸い電源不要のタイプは無事であった。
しかし、取説等は黒カビに犯されぐしゃぐしゃだったので、
メーカー名もわからないのでポンプの限界回数がわからない。

電源不要で中々便利なエアーポンプだったが・・・
e0098223_1215825.gif


とりあえず黒カビだらけになった一式は電源不要のポンプを残して全部廃棄。
見た目は大丈夫そうだが、少々使用に不安があるポンプを前にしばし考えたところ、
先日、近所のホームセンターで見つけたエアーポンプを思い出し、
それをベースに新たな「お魚運搬セット」を作成することにした。

これが電源不要のエアーポンプ、単体ではなく炭酸用のペットボトルを利用する
e0098223_12172873.gif

簡易移動を考えているので、家に転がってた2リットルの広口ポリビン利用して組んでみた。
e0098223_1219349.gif

空気の持続時間はペットボトルの大きさとエアーの流量によって変えられ、
とりあえず500mlのペットボトルでエアーの流量を最小に絞って時間を計測してみたら
1時間位は空気が出るようで、簡易的な移動だったら十分使用に耐えうるようである。
ちなみにペットボトルは炭酸用のもので1.5リットルまで使用出来るようだ。

そして、これは全てのパーツがポリビン内に入るのである!
e0098223_1223439.gif

うーん、素晴らしい!(笑)

後日談
エアレーションしてる状態で容器を密封すると膨張して危険ということがわかりました。
オープンエアな状態にしてないと急に容器が破裂する場合があるかもしれません。
[PR]

by mizkichi | 2013-05-03 12:38 | @gear


<< 日本産魚類検索 全種の同定 第3版      ドライヤーの中ってマジで汚れて... >>