水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 02日

ULへの道

2010年に購入したTHFのドットシェルジャケット

気に入り過ぎて着まくって洗濯しまくってたら
昨年の初冬には首の襟の部分のコーティングが剥がれてきてしまった。

そのままだとどんどん広がりそうだったので、
とりあえずスーパーXで剥がれた部分をコーティングしてみたが、
完全に乾いているにも関わらず、
肌に触れるとなんとなくベタ付き感がある。

どーしたもんかなぁ、
と思いつつ年明け後もそのまま放置してたのだが、
テントの補修財を思い出して貼ってみた。
e0098223_859483.jpg

補修に使ったのはケニヨンリペアテープ。
比較的色々なカラーがあり、元の素材に一番近い色を選択。

見た目はともかく(どうせ首の後ろで見えないけどね)、
なんとなく具合良く収まった、よーな気がする。
後は何回洗濯したら剥がれてしまうかなぁ、といったところ。

ところで、昨年秋に寺澤英明氏の「ウルトラライトハキングギア」という本を発見し、
e0098223_9291319.jpg

まぁ、こういう世界もあるなぁ、
程度にしか感想は無かったが、
仕事に行く際の読み物として移動の電車で繰り返し読んでいるうちに
最近、なんだかものすごく興味が沸いてきた。

偶然にもウルトラライト(UL)な世界では有名な土屋智哉氏の「ハイカーズデポ」というお店が
近所にあるのも何かの縁か?
と勝手な妄想を膨らませにわかにUL熱が高まってきた今日この頃。

「ハイカーズデポ」の存在自体は出来た当初から知っていたのだが、
お店自体が小さい事もあって、
ちょっと敷居が高そうなイメージもあり、
そこの近所のセレクトショップやコーヒー豆屋さんには良く行くものの
なかなか入れないでいたが、先日成り行きでようやく入店(笑)。
土屋さんはアメリカ出張とかで居なかったが、
一緒にやっているというおにぃさんに色々ULの世界の話を聞いてたら
ますます興味が沸いてきましたねぇ。

というわけで、まずは自分の装備の細かな軽量化にチャレンジ。

と言ってもホント、細かな些細な軽量化。
チリも積もればって、やつです。

例えばバーナー、
アルミの風防はデフォルトサイズは大き過ぎだったので、
最低限必要な面積になるように大胆にカット。
そして取り説。
分解図があるので、ちょっとポイ出来ないんだけど、
世界展開の商品なので同じ説明を色んな言語で説明していますよね。
日本語、もしくは英語の説明しかボクは読みません。
というか読めないんだけど、
これも読める部分だけにすると重さは半分以下。

なんだかすごく楽しくなってきた(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2013-02-02 09:39 | @gear


<< 2013年の恵方は南南東      先週の冬装備を見直しするのだ >>