2012年 02月 29日

日本列島 いきものたちの物語

e0098223_842779.jpg

朝、目を覚ましてからも布団の中でぐずぐずしていると、
外を走る車の音が聞こえてくる。

車輪の音は少し湿った感じ、
今日は雨なんだろうなと思いつつ、起き上がってカーテンを開けて見ると、
そこは雪景色。

結構まとまった雪が降っている。

今日は自宅で伝票整理するにはもってこいの1日だな、ついでにブログ更新も。

さて、先日の土曜、かみさんを連れて「日本列島 いきものたちの物語」を観に行った。
意外にも多くの生物が生息している日本列島の沢山の生物のレア映像が観れると、
期待して行ったのだが・・・。

ヒグマ、キタキツネ、ニホンザル、イノシシの4種の生態映像を軸に、
ちょこちょこ他の生物の映像が挟み込まれている、
といった感じで、
最近多い、海外の動物映像の映画に比べるとちょっと寂しい内容だった。

なので!
ライフ(ロードショーで観損ねてしまっているが・・・)だとかの映像を期待してる人には
物足りない内容かもしれない。

映像自体はそれぞれの撮影苦労は感じられ素晴らしかったが、
問題は編集なのかなぁ。

それとナレーション。
ナレーションが入ること自体は別にいいですよ。
だけど、動物目線の一人称のナレーションをしているのはちょっといただけなかった。
しかもあまり上手くない。
子供が見ることを想定しての意図だと思うけど、
それならば4人のナレーター全員がそうしていないって点もなんだか統一感がない。

まぁ、観終わった後はかみさんとそんな感想を言いながら映画館を後にしたのだが・・・、

オレ、
「屋久島のオス猿達の映像は任侠映画みたいだったな!」

カミサン
「・・・」

オレ、
「オオタカとか、やっぱ鳥は動きが素早いから、狩りのシーンなんかはきっと撮影大変だったよな!」

カミサン
「・・・」

少し寝たと自己申告はしていたが、まだまだありそうだな!(笑)
[PR]

by mizkichi | 2012-02-29 09:16 | @movie


<< 関東地方は大雪なのだよ      脱出記 >>