2011年 08月 23日

ぐで犬とピーコちゃん

今週予定してた仕事は白紙となったので、
潜水調査で使っている機材のバージョンアップを図ろうと思っている。
というわけで昨日、仕事帰りに色々機材を購入してきました。

昨日は結局たいした労働もしていないこととなったので、ザックを背負ったまま、
駅から自宅へ帰りました。

駅と家を結ぶコースは色々と変えてるんだけど、そのコースのひとつに、
ニワトリを飼ってる家がありました。
子供の頃、縁日で買ったヒヨコを老衰するまで飼ってたこともあって、
その家の前を通る時は時々ちょっと手を出したりちょっかい出したりしてました。

昨日は久しぶりにニワトリコースを通ってきたが、
衝撃的なお知らせがその家に!

「ピーコちゃん死亡」

ピーコちゃんって名前だったのは初めて知ったのだけど、
先月15日にお亡くなりなったようです。
今月15日には4歳になる予定だったようで、まだ若い盛りでした。

猛暑の影響らしいです。
6月後半から7月前半は凄く暑かったですもんねぇ。

僕以外にもちょっかい出してた人が多かったんでしょうねぇ。
かわいがってくれてありがとう、
という飼い主の告示がわざわざありました。

なんまいだー。

そんで思い出したのは、うちのカミサンが勝手に「ぐで犬」と命名していた犬。
しょっちゅうグッタリしていたから「ぐで犬」と勝手に呼ばれていた。

通勤途中で観察していたようで、今日も「ぐで犬」は寝てたとか、
見えなかったとか観察報告を聞いていた。

カミサンが報告するもんだから、僕も気にかけるようになったのだが、
あるとき、飼い主が家の外にいたので、
気にかけてるんですよ~って犬のことを聞いてみた
(もちろん「ぐで犬」と呼んでるとは言わなかったが)。

たしか、10歳以上のおばあちゃんで、もう目もよく見えなくなってる、
という話だった。

だからしょっちゅうぼんやりしていたのか。

その「ぐで」は前の前の冬に見かけなくなり、
寒いから家に入れられてるんじゃないかとか、
色々勝手な想像をしてたのだが、
あんまり見かけないものだから、
しばらくして飼い主だったか隣の人だかに聞いてみたところ、
1月の寒い日の翌日に死んでしまったと聞いた。

この「寒い日」というのが涙を誘いました。
そんな寒い日だったら家に入れてあげれば良かったのに・・・。

うちはマンション住いだし、出張が多いので動物は飼えないので、
近所の他人のペットを勝手に可愛がってます(笑)。

新たな動物を探さないとなー。
[PR]

by mizkichi | 2011-08-23 10:02 | @life


<< 昨日は日本橋界隈にあるお店に行...      「心を整える。」長谷部誠 >>