水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 14日

ピリピリとした痛み

あるいは、ヒリヒリとした痛み?
とにかくこんな症状が体のどちらか半分の皮膚に現れたら・・・

「帯状疱疹」
の疑いがありますよ。

出来ればこのような痛みを生じた方がネットで検索して、このブログ記事にヒットして欲しいものです。

ことの起こりは先週の日曜、
夕方位から背中やお腹の表面に、
ピリピリというか、ヒリヒリした痛みを感じ、

夜になると背中のピリピリ部分には赤い発疹が発生。
e0098223_1834469.gif

毛虫にでも刺されたのかなぁと最初は思ったんですね。
実際、毛虫に刺されたことある人ならわかると思います。
凄く似てます。

お腹のほうは見た目なんともないんだけど、ヒリヒリした痛みがある部分には、
細かい棘が刺さってるんじゃないかというような感じだったんすよね。
Tシャツが肌に触れてるだけでもなんだか不快~、みたいな。
ここ、重要ですよ。
布切れが触れてるだけでも不快に感じます。
どちらかと言えば痛みなんですが、なんしろ不快感があります。
もうそれだけでも直ちに皮膚科に行ってみてもらったほうが安心だと思います。

翌日、背中の発疹は成長し、赤みも拡大。
e0098223_18372967.gif

う~ん、虫刺されかいなぁ?
しかし痒みはなく、どちらかと言えば痛い。
かゆみは全く無いですよ。
かゆそうにみえますけどね。

とりあえず、市販の消毒系塗り薬を塗ってみる。

三日目の火曜、背中のブツブツは水泡に。
e0098223_1844795.gif


お腹のほうはヒリヒリする部分がハッキリ赤みを帯び、赤みの部分はあちこちへ拡大、拡散。
e0098223_18405526.gif


夜になり、症状をカミさんが習い事の場で聞いてみたところ、
「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」ではないか?
という意見があったというので、
スバヤク、ネット検索したところ・・・、

ビンゴです!
最初のピリピリとした痛みだとかの初期症状から見た目も一緒。

調べによると、
犯人は子供の頃にやった水疱瘡ウィルスだというのだ。

水疱瘡ってのはたいての人は子供の頃に患ったと思うが、
実は水疱瘡ウィルスは完治したわけではなく、
神経節で休眠状態だったというのだ。

そんで、ストレスや疲労で免疫力が弱った時、休眠が解けて再起動、というのだ。

ストレスや疲労・・・、

帯状疱疹になる前の週、
冷たい上流域での潜水観察、
しかも装備が面倒だったからドライじゃなくてウェットで。
加えて、仕事の後は知人と会い、深酒。
そして長距離運転。

その後、なんだか風邪引きそうな感じになっていたが、
その翌週も無理して潜水調査と長距離運転。
潜水調査は懲りずにウェットで実施。

そりゃあ疲れるなぁ・・・。
猛省するしかない。

原因はわかった。

続いて症状にまつわる特徴はと言えば、

「神経に沿って広がり、通常は片側に起きるから見分けをつけやすい・・・」、

というが、何しろ、初めての症状なので、そんなことはわからない。
しかも、普通の人は一生に1回しかかからない、というのだから、
まぁ、周りになったことがある人がいなければ普通わからんだろな。

とはいえ、NHKの「ためしてガッテン」でも取り上げられたみたいだからポピュラーな病気なんだろうな。
日本人では6人に1人の割合でなるらしい。

そのままにしておくとどうなるのか?
勢力が弱まると水泡は血豆みたいになって、かさぶたを形成し、終了、
らしいが、やりたい放題にさせておくと、神経痛が後遺症で残る可能性があるというのだ。

そうなのだ、
神経に沿って広がっていくので、神経痛があるのだ。

発熱したとき、体が痛くなるときあるでしょう。
あんな痛みに近い。
まぁ、ウィルスが神経を破壊しまくってんだからな、そりゃあ痛い。

来週もまた出張なので、自分の治癒力ばかりに頼ってはらんない。
で翌日、かかりつけの皮膚科に行ってみるも休診。

で、翌日行ったらば、
やはり診断は
「帯状疱疹」。

しかも結構広がっちゃってるらしく、
発症から二日目位で来てくれないと、というセンセイのお言葉。

「だってねぇ、昨日休診だったし!」
と言うと苦笑いだったが、

なんしろ、早めに治療を開始したほうがいいとのこと。
水泡が出来ちゃうくらい進行させちゃうと治りが遅いというのだ。

ああ、来週も出張なのに・・・。

オレ
「来週、火曜から出張なのですが、どうでしょうか?しかも川とか入っちゃう仕事なんですが・・・」

先生、
「とりあえず一週間は安静に静養することが治療です。」
「川?ダメでしょう、そんなの。」
「簡単に悪化出来ますよ、そうなると完治まで時間がかかし、後が残るかもよ。」
「まぁ、キミは男だからいいけどね。」

オレ
「先生!男でもブツブツの後があるのはイヤっす!」
「でも自営業だから、仕事行かないと、次の仕事が来ないっす。」
「しかも今年は仕事少ないし・・・」

先生、
「う~ん、自営業はツライねぇ、それじゃあ仕事行かないと、だよねぇ・・・」
「そんなに一生懸命やらないで適当に手を抜いてやれば(笑)」

オレ
そんなこと言っちゃうんすか!まぁ、でもそうするしかないかなぁ。
「とりあえず今回、投網はナシで、タモ網調査員として参加出来るか聞いてみます。」

先生、
「基本的には仕事は休んだほうがいいんだからね」

オレ
「わっかりました!幸い、この先天気悪そうなので、延期になる可能性も高いです。」

とりあえず治療開始ということで、
特効薬を処方してもらった。

しかしなぁ、この特効薬、今まで、自分が処方してもらった薬の中では激高でしたよ。
だけど飲むしかないんですなぁ、これを。
これを飲まないと治んないんですよ。
だってもうこんなんなっちゃってますよ。
e0098223_22505310.gif


というわけで、今週火曜、今日ですね、
今日から行くハズだった出張は先週末の豪雨で延期となり、
昨日、早くて金曜から、という連絡があった。

よっしゃー、安静にしてられる時間が長くなったぞー!

というのもぬか喜びで、
本日午後に再び連絡があり、木曜からにと・・・。

あら、意外と早い再設定(泣)。

とりあえず特効薬はあと二日で切れるので、
帯状疱疹のほうもどんどん快方へと向かっているハズなんだが、どうなんだ?

とりあえず、治療を開始してからは拡大は阻止され、水泡は徐々に血豆みたいになってきています。
e0098223_22541159.gif

(後日談)
検索キーワードで結構見ているようなので、その後の話を書きます。
背中はよくわからないですが、半年以上が経過した現在、わき腹の水泡跡は残っています。
ネットで画像を検索したら体のあらゆる部分、勿論顔にも出来るようなので、
特に女性、顔に残ったら嫌ですよね。
だけど、顔にはシャツとかも当たらないから
不快感ってのはわかりにくいかもですね。

とにかく重要なのは症状が進む前に出来るだけ早く病院に行って治療を開始してください
ということに尽きます。
何度も書きますが、
最初は突如、ピリピリとかヒリヒリした感じの痛みが出ます。
見た目はなんともないように見えるので、
何か細かな棘が刺さっているんじゃないかと思うような感じがします。
そのうち患部が赤みを帯びてきて、ボクは毛虫にでも刺されたのかと思いました。
見た目はかゆそうに見えるのですが、
痒みは全くありません。
むちゃくちゃ痛い、ってわけではないので迷うかもしれませんが、
かゆくないのなら疑ったほうがいいです。
体力低下などの免疫力が低下した時に発症するようなので、
過労とかはもってのほかでしょう。
仕事ばかりでなく遊びによる過労もヤバイです。
それ以来、仕事は勿論、遊びも無理な工程は避けるようにしました。
[PR]

by mizkichi | 2011-06-14 19:43 | @health | Trackback
トラックバックURL : http://mizkichi.exblog.jp/tb/14953493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 再び紀伊半島      先週の続きの仕事 >>