水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 01日

ヒア アフター

今日は映画デー、
というわけで朝一で映画を見に行った。

「ヒア アフター」、e0098223_1819436.gif

旅行に行ってる間に上映終了してたらDVDで見たと思う作品。

旅行はナシに!
なったので映画館へ足を運んだ、
といった程度のテンションだったので、
全く期待はしていなかった。

予告編を見た時、
監督の名前がイーストウッドってのは目を疑いましたから。

イーストウッド作品としては珍しくCGを使ってます。
1982年作品の「ファイヤーフォックス」でVFXを使ってますが、
昔から特殊効果だとかスタントを使うのを嫌う人みたいでしたから、
これは非情に珍しいことです。

ストーリーは、
臨死体験をした女性ジャーナリスト、
双子の兄を亡くしてしまった少年、
かつて、偶然にも得てしまった死者と会話する能力を身につけてしまった青年
(マット・デイモンですが、割と近い年齢なので、あえて青年と標記させてもらいます(笑))
らが中心となって展開されるヒューマンドラマ、

それぞれ悩みを抱える彼らはフランス、イギリス、アメリカ、
と別々の場所に住んでるんですが、
物語の終盤、
みごとに交錯していきます。

特別凄く良かった、
とは思えなかったけど、

見て悪くはなかった

という感じでした。

映画を見ていて思ったことは

現世をしっかり生きよう、

でした。

「ヒア アフター」、死後の世界には誰でもいずれ行きます。

死後の世界に傾倒するあまり、
現世の生活が台無しになるのは勿体無い、

雑誌で読んだイーストウッドのインタビュー記事で
彼はそんなようなことを言ってたような気がします。

まさに的を得ている、と思います。

あと、珍しいといえば、BGMが凄く少ない映画でした。
ちなみに音楽はイーストウッド自身のようでした。
[PR]

by mizkichi | 2011-03-01 18:47 | @movie


<< 2011年初仕事      エーックス! >>