2011年 01月 24日

聴力

ういーっしゅ。

相変わらずの聴力低下に少し気分が沈む朝。

とはいえ実際、どのくらい聞こえるのが普通なんだ?

正常な時にやっておくべきだったが、正常な時は気にならないのよねぇ。
モスキート・トーンは既に聞こえないのは確認済みだけどね。

とりあえず3年位前に耳管狭窄になった時に試してみた
可聴周波数域チェッカー
というソフトでどこまで聞こえるのかチェックしてみた。

低い音からチェックが始まる。
あれ?14000Hz辺りでもうダメなの?

ボリュームだよ、音量が小さければそりゃ聞こえない。
いや、人によって最小可聴音量?ってのはあるよな?

とりあえずボリュームを上げて再開。
16000Hzは聞こえない。
さらに細かくチェックが進み、だいたい15300~15400Hz、
この辺りまでは”音”が鳴っている、
と判別が出来ているようだ。
ここまで来ると音というより脳への刺激に感じるけど。

高音域は加齢と共に聞こえにくくなってくるとのことで、
音を感じる繊毛が加齢と共に磨耗、
特に高音を感じる繊毛は内耳にある蝸牛入り口に近いほうにあるため磨耗しやすいから・・・、
という風なことを説明している文章をみたことがあるが、
それが専門書だったか医学書だったかどうか憶えてないのでホントかどうかはわからない。

まぁ、mp3の高音域辺りまで聞こえてるならいいか。
それ以上2万とか聞こえる人ってのは逆に高周波ノイズがすごく耳障り、
というのもあるらしい。
聞こえすぎ、ってのもよくないな。

聞こえすぎで思い出したけど、超低周波ってのも体に悪影響を与えるようだ。
もう普通に聞こえないレベルの音だと思うが、
アメリカのどっかの町の人らが集団で体の不調を訴えたらしいんだけど、
その原因ってのが数十キロだか数百キロだか離れた軍事基地だったらしいのね。
そこでの爆弾による振動が原因だったらしいんだよね。
振動=超低周波、静かなる攻撃です。
恐ろしいですね。

話はそれました。

ただ、これだと片耳だとどうなのかがわかりにくい。

まぁ、ヘッドホンを片方外せばいいだけなんだろうけど、
なんかないかなーで探したところ、
大人には聞こえない音というサイトで左右を比べてみると、
右耳が明らかに聞こえにくいということはわかった。

そうか、とりあえず左右で耳の聞こえが違うから変な感じなんだ。

納得。

まぁ、とりあえず様子をみよう。
[PR]

by mizkichi | 2011-01-24 11:01 | @health


<< 聴力回復への道      自分の免疫力に頼った1週間 >>