水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 14日

胃カメラ と エコー

本日初めてやってきました。

ことの発端は3週間前の飲酒後翌日から。
1週間、昔の知人に会ってたので、なんとなく飲酒頻度は多かったが、
胃もたれ発生で、量は控えてました。
しかし、その後も胃もたれはずーっと治らなくて、
そのうち腹部に圧迫感が出てきたような?

症状は自分の中で必死に否定しました。
大人しく生活をしていれば徐々によくなっていくのだ・・・。

食生活も消化にやさしいもの、刺激物を避ける、
など、気を使いました。

飲酒についてはかなり控えてました。
ただ、この時期、いろんなイベントがあったので、
飲まざるをえない状況では飲みました。

でも、2回ほどです。

だけど、実際飲みたくないわけじゃあないんですよね。
食欲も普通にあるし、腹部膨満感以外は特に症状がない、
ってのがまた不安感をあおるあおる。

あと、今まで特に大きな病気をしていない、
というのも。

大した検査じゃないけど、健康保険の市民検診は毎年受けてました。
特に異常は今までのところなかったです。
もっともそれがあまり当てにはならないというも
最近知ったけど、心のよりどころ、にはなってました。

う~む、昔に比べたらかなり健康的な生活を送っているはずなのに・・・。

1週間前、意を決して病院へ行き、
とりあえず胃薬が処方されました。

が、大して向上しません。
そうなってくると色々と本やネット等であらゆる情報を検索しましたが、
自分でさらに不安をあおるのもどうかと思い、昨日再度病院へ行きました。

そして、それならば、と胃カメラ、エコーとなったわけです。

検査を決めた昨日は、病院出てから既に胃痛と膨満感です。
検査そのものがストレスです。
そうとは思ってたけど。

やらなきゃいいのに再度ネット検索をしてみると恐ろしい病気がいっぱい出ています。
微妙に違うな、と必死で自分を納得させますが、胃痛が許してくれません。
これ以上調べるとそれが原因で更に違う病気になると思ってやめました。

健康を自負するカミサンにはことあるごとになじられます。
そのたび喧嘩です。

日ごろの不摂生、
そうか?そうなのか?

最近あまり喧嘩しなくなったよー、
と先日仕事先で会社員時代の先輩に話した矢先でこれです(笑)。
そして今朝も喧嘩です。
検査行く前に喧嘩、
胃にとっては最悪です。

10時過ぎ、出かけました。
まずはエコー。

診断機の端末を腹部に当てて、色々な角度、場所を押し滑らしていきます。
無言でやられると怖いので、時々コメントをもらいました。

最初は今のところ問題ないですね、と言っていたのですが、
途中からあまりコメントがなくなり不安になります。
自分の中では胆嚢がもうすごいことになってて、それが暴発寸前か?
となっていたので、何か言ってください、と思ってました。

画像はよく見えないので先生の目を見てました。
眉間に皺がよったりしないか、とか。

終了後、
「どうなんでしょうか?」と聞くと、
「特に問題はないようですが、先生から診断結果が出ます」、と。

え?
その弁護士さんが答えますから的な発言は?
なぜあまりこちらを見てくれないんですか?
大丈夫ですよ、の言葉の裏には何かあるんですか?

なんだか青い顔をしている自分を想像して診察室を出る。

待合室で次に行われる胃カメラを待つ。

とりあえずエコーの先生のコメントが本当ならば問題はやはり胃なのか?

しばらくして名前を呼ばれ、まず胃の動きを静めるという薬を注射される。
これが痛いのなんのって。
激痛です。

そしてベットに横たわり、まずは血圧を測ると下が90を超え、上は140を超えてました。
今まで出たことないような数値です。
めちゃくちゃ動揺してます。

そして喉に麻酔薬をかけられ、しばらく安静にしています。
先生が来る間、看護士さんがそばにいたので、
気を静めるために世間話をするも話が思い浮かびません。
そうこうするうちに喉の麻酔が効いて話ずらくなってきます。

そして先生登場、さらに緊張を解く薬を注射され、胃カメラ挿入です。
産まれて初めて自分の胃の中を見ました。
いきなり黒かったり赤かったりしたらどうしようと、かなりドキドキでしたが、
普通に肌色に近く細かく波打った内壁でした。

結果、少々胃が荒れている、といった状況。
新たな薬が処方されました。
これで治ってくれたらいいんですが。

まぁ、もういい年こいてんだから、もうちっと体に気を使おうと思うのであった。
[PR]

by mizkichi | 2010-12-14 15:13 | @health


<< クニマス発見! で 思い出した...      徹夜仕事 >>