水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 02日

アーマード & マイレージ・マイライフ

昨日の映画の日はWヘッダー。

「アーマード」、邦題には武装地帯というへんてこなタイトルが追加されている。
まったく物語とは関係ない。
へんてこな邦題というのは今に始まったことじゃないけど、どうしてなんだろう?
考える人が昔から一緒?伝統的に変なタイトルを考える風習?
作品は現金輸送を担ってる人らがその現金を強奪してしまおうとするが・・・的なストーリー。
マット・ディロン、ローレンス・ウィッシュバーン、ジャン・レノ・・・、
そうそうたる顔ぶれの人らが出てるが派手さはない。
むしろマイナーB級路線的な映画。
とはいえ、ストーリーが単純なだけにのめりこみ易かった。
80~90年代に多かった90分程度上映時間というのもよかったのかもしれない。
普通に面白かったと言える映画だった。
まぁ、得るものはなにもないけど(笑)。

「マイレージ・マイライフ」、これ原題か思ったら邦題。
これは結構うまい!と思わせたな。
「アーマード」が単純娯楽作だったので、今度はヒューマンタッチのものを、
というわけで見た。
主演はジョージ・クルーニー。
G・クルーニーを最初に見たのは米テレビドラマのERだった。
オーシャンズ11等でもそうだけど、ちょっとオレってカッコイイだろ?的なとこが人気なのか?
ボクにはよくわからない。
そんなにかっこいいのかなぁ?
見た作品は終わった後、どうもあんまり気分がパッとしないのだが、
なんだろうなぁ、周りの役者が見たかったから、まぁ、いいかとか、どうにも自分に言い訳をしがち。

で、作品ですが、首切り宣告をする仕事をしてるG・クルーニー、
出張で1000万マイルを貯めることに生きがいを見出してるんですが、
新入社員の女の子の教育を任され、そこで生き方を否定され、
妹の結婚とかなんやかんやでジワジワとなんとなく変わっていくのですが、
せっかく変わろうとしてたのに現実は辛かった・・・、
的な感じで最後は虚しい感じで終わっていくのですね・・・。

って、おい!なんなんだ!この虚しさは!
え!おい!

映画を見終わった後は爽快感が欲しいものです。

人生に虚しさを感じてる人は是非!なんて作品紹介にあったりしましたが、
人生に虚しさを感じていない人は見ないほういいです(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2010-04-02 09:07 | @movie


<< プチ・ロスト      2009年度ラスト・ジョブ終了! >>