水ルポ

mizkichi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 28日

オーシャンズ

見てきました、おととい。

以下、感想を書いていきますが・・・、
前半はまぁ、いいかなと見てたんですが、後半からはなんだか・・・。
NHKの番組であったなら、そういうものとして見てたと思うけど、
お金払って見る映画じゃないなぁ・・・。

映像は確かに秀逸でした。
魚と同じ目線、同じスピードであったり、クジラが真近で撮影されてたり、と。

野生生物を至近距離で撮影する、という行為そのものが難しいと思います。
ただ、それらが当たり前のように撮影されているので、
撮影したことない人は全然わからないと思うけど。

と、ここまでは撮影に関しての感想。

編集、よくないです。
映画は編集でキマル!
まさにそんな言葉が聞こえてきます。

音楽も・・・、よくないです。

宮沢りえのナレーションも・・・、稚拙です。
ないほうがいいです。

以下、内容ですが、海洋ドキュメンタリーかと思ってたらそうじゃないんですよね。

なんか、一種のプロパガンダなんですね。

特に漁のシーンが実はメインだったんでしょうか??
漁をしてる人らはアジア人です。日本人かもしれないけど。
そんで、まぁ、サメの鰭だけを取ってポイッと海に投棄し、泳げないサメの映像が出るのですが、
凄いです。あーゆーのは良くないな、と思いました。ボクはふかひれなんか食わないしね。
だけど、あれは機械らしいです?ほんとか?
マジで?どうみてもホンモノだけど・・・。
ホンモノじゃないの?えぐいけど。
まぁ、映像加工もしてあるようで、別にドキュメンタリー映像ではないんですね。

映画が終了し、テロップが出ました。
撮影において動物は一切傷つけていないと。
もう、どれが作った映像なの??ですよ。

なんだか前半のすごいなぁと思っていた映像が後半で随分ぼやけてしまい残念です。

海底にレールを敷いて撮影?凄いけど、
たぶんレールの下にいた小さな生物は死んでますよ。

映画なんてそれ作ってるだけで膨大なゴミ出るし、環境破壊ですよ。
だから最後にあんな言い訳っぽいテロップ流す必要ないと思いますよ。

映画なんだから!ドキュメンタリーじゃないんだから!
あれ?
あーそうか、映画なんだからな、最初からそう言ってたじゃん、納得(笑)。

ただ、それならそれで、こういう映画なんだよってちゃんと説明したほうがいい。
なんかだまし討ちのようで。

動物保護を訴えるなら、編集もやり直したほうがいいな。
えらそうだけど(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2010-02-28 00:41 | @movie


<< 今日のグルーヴライン      22222 >>