2009年 05月 22日

スラムドッグ$ミリオネア

昨日、仕事先から帰還したその夜、レイトショーにて標記映画を。
一応、アカデミー賞獲ってるからな、観とかないと!

スラム出身の野良犬野郎(→スラムドッグ)、
教育も受けていないのに、何故答えを全て当てることが出来たのか?
インチキなのか?
否!それは運命だった!
クイズの問題と答えが彼のこれまでの人生に関わっていたため答えを知っていた・・・。
彼のこれまでの半生が物語の軸となっていくのですね。

とまぁ、簡単に言っちゃうとこんなストーリー。

監督はダニー・ボイルで、「トレイン・スポッティング」、「シャロー・グレイブ」なんかは憶えている。
「普通じゃない」も観たがあんまり憶えてないなぁ。
「28日後・・・」っちゅーのはゾンビものだったが、最後どうだったかなぁ?
「ザ・ビーチ」もそうなんか?小説は読んだが観てないな。

そうそう、本作ですが、出てる人は全然知らない人ばかりでしたが、
物語に引き込まれていく演出はさすがですね。
正直ダルイ映画か思ってたもんで(笑)。
ただ、何回も見るような映画じゃないです。
1回見たらいいですね。
そんな映画ですが、観て損は無いです。面白かったですから。
まぁ、ボクは昔インドに行ったことがあったので、旅行で見た日常風景を思い出していた、
ってのも面白かったなぁって理由の一つでもあるんですが。

それにしても1ルピーは今2円なんですかねぇ。
主人公ジャマールは最終的に2000万ルピーを獲得するんですが、
日本円で4000万ってなってたんですね。
ボクが旅した時代は10円だったなぁ。
路地で売ってるチャイは1杯1ルピー程度でしたが、今はやっぱ5ルピーとかなのかなぁ。

エンドロールでインド映画によくあるストーリーと関係ない踊りシーンが出てきますが、
これは監督のインド映画へのオマージュなんでしょうね。

関係ないですが、ジャマールがどうしても加勢大周に思えて困りました(笑)。
[PR]

by mizkichi | 2009-05-22 11:30 | @movie


<< 発熱しちゃったよ!      グラン・トリノ再び >>