2009年 05月 04日

GRAN TORINO グラン・トリノ

予想されていた高速道路の大渋滞、思ったほど大したことないみたいですね。
まぁ、ボクは都内でまったり潜伏です。

e0098223_149261.gif

今日はさっきレイトショーでイーストウッド主演・監督作である「グラン・トリノ」を観てきました。
ネタバレになるのであえてストーリーは書きませんが、
ただ、物語の背景として、以下の点は押えておいてもいいかなーと観終わったあと思いました。

舞台はアメリカの豊田市にあたるデトロイトで、主人公は元フォードの組立工。
映画のタイトルでもある「グラン・トリノ」とはフォード製の昔の車なんですね。
それと、全然思わなかったけど、イーストウッドが俳優として出演するのは、
実は2004年の「ミリオンダラー・ベイビー」以来であること。
もしかしたらこれが俳優引退作かもと本人も匂わせている・・・。
それと、観ればすぐわかりますが、
自身の代表作の一つである「ダーティ・ハリー」にオマージュを捧げている。
あの名セリフが出ますよ(ニヤリ)。

物語は割りと予想がつくシンプルな脚本です。
出演者はイーストウッド以外はあまり知られてない人ばかりですが、
悪役は笑っちゃうくらい中村獅童に似てます(笑)。
「硫黄島からの手紙」で東洋人の悪役といえばあいつみたいな顔だ!になったんでしょうか?

物凄く悲しいストーリーというわけではないけど、見終わった後はなんだか言葉が少なくなります。
イーストウッドのほとんどの作品は見終わった後、こんな気分になりますが、
先日、テレ東で昼間やってる映画劇場で放映していた
「センチメンタル・アドベンチャー(邦題かっこ悪い)」、
これもこんな気分になりますね。
だからカップルで見に行かないほうがいいですね。
観てないけど「おっぱいバレー」のほうがいいと思います(笑)。

編集はやはりジョエル・コックス、音楽はレニー・ニーハウスと息子のカイル・イーストウッド。
エンドロールで流れる曲、1番をイーストウッド歌ってますが、結構良かったです。

観終わってから色々知ったんだけど、イーストウッド全作品の中で興行収入1位なんだそうです。
色々な感慨にふけりながらもう1度劇場で観たいなと思いました。

現在、次回作、“The Human Factor” を南アフリカで撮影中とのことだが、
老いてますます作品の製作スピードが上がっているのではないのか?!

イーストウッドは今月の31日で79歳となりますが、まだまだ頑張って欲しいものです。
[PR]

by mizkichi | 2009-05-04 01:52 | @movie | Trackback
トラックバックURL : http://mizkichi.exblog.jp/tb/10171485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ETC休日割引について      未曾有の渋滞が起こる? >>